ページの本文へ

ダイキン床暖房
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. ダイキン床暖房
  4. 床暖房モニターレポート
  5. 第4回 スッキリ感と自然な涼しさが来客の話題の的に

第4回 スッキリ感と自然な涼しさが来客の話題の的に

床暖房 モニターレポート

無垢材の弱点をカバー エアコン連動タイプで快適に

今回のポイント

床暖房が入っているのに段差の全くないバリアフリーな仕上がりは新築ならでは。
冷房もさらりと自然で、新居を訪ねてくれたお客様からも、「これエアコンなの?」と驚かれるほど。
ご夫妻こだわりの自然な空調は、来客にも大好評のようです。

藤田様邸プロフィール

天井埋込形エアコンと温水式床暖房でオール電化の新築住宅を快適にしたい。

こだわり

  • 快適な冷暖房
  • 天井埋込形エアコン
  • 室内の温度ムラの解消
  • 設置:新築
  • 家族:ご夫婦とお子様
  • 広さ:32m2(約20畳)
  • 熱源:電気・ガス・灯油
  • ※新築前のマンション
  •  居住時(新築後は電気)
  • 住所:大阪府堺市
  • 工事:エース電機・城陽ダイキン空調
  • 暖房:Before電気・灯油After電気(ヒートポンプ式)

工事プロセス

現地調査・打ち合わせ(約1日) エアコン設置(約1日)
床暖房パネル敷設・床下配管工事・床張り工事(約1日) 室外ユニット設置工事・完成・引渡し(約1日)

お客様にも大好評のスッキリ感

完成した藤田様邸の1階は、玄関からLDK、和室と全て段差のないバリアフリー。
玄関とLDKの間は吊り戸式の引き戸で、レールさえもありません。
リフォームによる床暖房設置の場合、どうしても多少の段差が発生しがちであることを思えば、このように完全な仕上がりはやはり新築時の設置ならでは。
天井埋込形のエアコンもスッキリと収まり、ご夫妻にとってはまさに「ねらい通り」の仕上がりです。

もともとご近所づきあいの盛んな地域ですが、一戸建てへの転居を機に、お客様もますます増えたとか。
そんなお客様にも、段差もなく、天井もフラットなこのLDKの空間は大好評。
なかでも、主婦の方は必ず「スッキリしていていい」とほめてくださるそうです。

バリアフリーの空間にすっきり収まる天井埋込形エアコン

縦長の広い空間がすみずみまでムラなく冷える!

LDKから和室まで縦長の空間もしっかりカバー

8月半ばと最も暑い時期に入居された藤田様ご一家ですが、冷房の効き具合とダブルフローで気流がしっかり届く点にも大満足。
縦に並んだLDKと和室の間仕切りを開け放った縦長の空間も、「どこにいてもムラなく涼しいですね」(奥様)と好評です。
暑さの厳しかったこの夏、「日中はだいたい27度~28度で運転し、十分冷えたらドライに切り替え」という使い方で十分しのげたのも、空間全体がムラなく冷える効率のよさのおかげでしょう。

気になる電気代ですが、最初の1ヵ月は夏のピーク時にも関わらず、家全体の電気使用分を合わせて約8000円。
オール電化であることや、「引越し作業が終わるまでは、ドアも開けたままエアコンも1日中つけっ放し」(奥様)と贅沢な使い方をしていたことを考えると、これは嬉しい結果です。
「前の家では夜エアコンが欠かせない分、朝は我慢したりしていましたが、今は朝から寝るまで安心して使っています」(ご主人)

早く冷えて、「エアコンなの?」と驚かれるほどの自然な涼しさ

冷房の使い勝手でさらに嬉しいのは、効きが早く、自然であること。
「外出していたところに『今から寄っていい?』と電話が入り、急いで戻ってエアコンを入れた直後に人が来た、ということがありましたが、そのときもサッと冷え、お客様が来たときにはすっかり涼しくなっていました」(奥様)というエピソードも。

しかもこのとき、外出中に締め切っていたことでこもっていた空気も、あっという間に爽やかに。冷えすぎず、でもさらりと心地よい感覚に、お客様も「これエアコンなの?」と尋ねるほどだったとか。

「室内機に存在感がなく、風も強くないので、余計に冷房が入っている気がしないのかも」とはご主人の弁。「エアコンは効きすぎず、できるだけ自然に」という藤田様ご夫妻にとっては、まさに理想といえそうです。

フローリングでも冷たくないと思えば、冬も楽しみ

施工前からエアコンメーカーとしてのダイキンに 信頼を寄せて下さっていた藤田様ご夫妻ですが、冷房についてはひとまずそのご期待に応えることができたよう。
こうなると、冬の床暖房効果にも期待がかかります。

実際の使用感は寒くなってからのお楽しみですが、試運転に立ち会った奥様によれば、「女性の場合、足は夏でも冷えていたりしますが、その足の感触が心地よくて。
『熱く』なるわけではない、柔らかな暖かさのせいでしょうね」とのこと。

今までのお住まいはカーペット敷き。
「冬は温かいけれどホコリがたまっていそうで気になっていた」という環境から、フローリングのお住まいに変わり、「今は家族全員で気がついたときにホコリとりをしています」という生活へ。
以前は「フローリングは掃除がラクだけれど、冷たそう」という印象もありましたが、床暖房があると思えばかえって冬が楽しみだとか。

朝早く起きて一人で書き物をすることが多いという奥様だけに「使い始める時期は早そうですよ」とのこと。
「朝は寒がりの私でも暖まるようにタイマーでスイッチオン。
家族が起きてくる頃には空間も暖まっているはずなので、そこでスイッチオフ、なんていう使い方もよいかも」と、早くも上手な活用法を構想中です。

ご採用の製品

エアコン連動形 床暖房 ホッとく~る

「ホッとく~る」は、エアコンと床暖房がかしこく連動する、まったく新しい冷暖房(床暖房)システムです。

ページの先頭へ