ページの本文へ

業務用ヒートポンプ給湯機

空調機との統合管理も可能

給湯をはじめ、施設内の省エネ・効率管理を推進する
「インテリジェントタッチマネージャー」

DCM601A1(別売品)の接続模式図
※1
給湯システムごとにiTMプラスアダプターが必要です。
※2
オプションソフトによって接続できる機器の台数は異なります。
10.4インチの大画面カラー液晶

大画面・カラー表示だから見やすい

10.4インチの大画面カラー液晶を採用。運転状態を一目で確認できます。

画面に直接触れるタッチパネル方式で操作が簡単

画面に直接触れるタッチパネル方式で操作が簡単

直接画面に触れて操作ができますので、扱いが簡単です。

日常の運転管理はおまかせ(自動化)

日常の運転管理はおまかせ(自動化)

年間を通した詳細な運転スケジュールが設定でき、日常の運転管理をほぼ自動化できます。

自分のパソコンから自在に操作

自分のパソコンから自在に操作

リモコンが遠くにあっても大丈夫。パソコンから任意の機器をリモコンと同等に操作できます。

離れた施設も管理

離れた施設も管理

パソコンにインテリジェントタッチマネージャーの画面が呼び出せるので、遠方の施設も自分のデスクから管理できます。

故障をメールで知らせてくれるから、外出していても安心

故障をメールで知らせてくれるから、外出していても安心

異常の発生と同時に、管理者や修理会社に電子メールで自動通知します。

MEGA・Q以外の設備もカンタン管理

MEGA・Q以外の設備もカンタン管理

MEGA・Qだけでなく、空調機や換気、給湯、照明、キー管理システムなど様々な設備機器が統合管理できます。


MEGA・Qの統合管理が可能となり、よりトータルな設備・省エネ管理が実現

●接続可能MEGA・QはB型(RLYP350B)・BA型(RLYP350BA)と開放型貯湯タンクの組合せシステムのみに適用します。 A型(RLYP350A)は接続できません。

(注)
本機能を使用するためには、オプションの「給湯機制御ソフトウェア(DCM011A1)」が必要です。

最適なMEGA・Qの各種設定・運転管理が可能(オプション)

[ トップ画面 ]
  • トップ画面にて給湯システムの運転・停止・異常の確認ができます。
[ 給湯システムメイン画面 ]
  • 貯湯タンクの現在水位と1日の水位の変化を1時間単位で表示。お湯の使用量と目標水位の状態がわかります。

業種に応じた給湯パターンをワンタッチで設定

7業種の基本的な給湯パターンがあらかじめ設定されており、複雑だった給湯パターンの設定が業種を選択するだけで完了します。

選定業種

・福祉施設 ・ビジネスホテル ・給食センター ・病院 ・ホテル ・スポーツ施設 ・飲食店舗

年間を通した詳細な設定で日常の給湯運転を自動管理

年間スケジュール管理

[ 設定湯量一覧画面 ]
  • 曜日単位で、1時間刻みで湯量の設定ができ、各曜日の設定湯量を一覧で確認できます。
  • 標準以外に、春/夏/秋/冬と季節ごとの切換えなど、5つの給湯パターンが設定可能です。
  • 祝祭日や定休日などの特定日もカレンダー表記で簡単に設定できます。

お手元のパソコンでさらに省エネ給湯管理

省エネナビ機能

USBメモリーでデータ取り込み

エアネットサービスシステムでお客様をサポート(有償契約)

エアネットサービスシステムのシステムイメージ

エアネットサービスシステムのシステムイメージ

1 遠隔監視・故障予知

24時間365日給湯機を遠隔監視。故障の予兆を見つけ出し、故障する前に対応します。

故障予知機能

2 点検・緊急出勤

年1回オフライン点検を行いベストコンディションに。万が一の故障時は緊急対応します。

2時間以内で対応※

一部、2時間以内の到着体制が完備されていない地域がありますので、詳細についてはお問合せください。

エアネットサービスシステムのMEGA・Q対象機種:B型(RLYP350B)、BA型(RLYP350BA)

ご注意
密閉型タンクシステムの場合は給湯システムコントローラーが別途必要です。

メニュー 点 検 遠隔監視 故障予知 緊急対応 オーバーホール
エアネットサービスシステム 1回/年
オフライン点検
別途有償契約
現地点検のみの従来保守メニュー(有償)もご用意しております。

大型業務用ヒートポンプ給湯システム MEGA・Q 特長紹介

業務用ヒートポンプ給湯機 製品情報

製品ラインアップ

大容量ニーズに向けた高効率給湯機。
小~中規模店舗での利便性を追求。
ヒートポンプと燃焼式のメリットを活かした、パワフルな給湯システム。

2018年11月発行の「業務用ヒートポンプ給湯機」総合カタログに準拠して掲載

ページの先頭へ