ページの本文へ

業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)

VRV W

VRV W
VRV W

22.4kW(8馬力)~112kW(40馬力)/16システム(2.2~28.0kW単位の個別制御)
■ 運転可能温度範囲 [ 冷房 ]入口水温 10℃~45℃ [ 暖房 ]入口水温 10℃~45℃

長尺化が容易な水配管を利用して
高層ビルや地下街、寒冷地での個別空調を実現。

高層・大規模ビルの個別空調ニーズに容易に対応。

50m以上の高層ビルでも個別空調が可能。セントラル空調からの更新も容易。冷暖フリーにも対応可能。機械室に置けるからガラスファサードの高層ビルでも景観を損ないません。

近年増えつつある冷暖同時ニーズにおすすめです。

  • 中間期〜冬期のオフィスビル
  • 個別に冷房/暖房が要求される中間期のホテル
  • 年間冷房要求のあるオフィスや店舗

※空調面積に対して負荷が大きい部屋ではサーモオフ等で室温が急激に上昇す場合があります。

機械室に置けるからガラスファサードの高層ビルでも景観を損ないません。

20馬力まで1ユニット化を行い、設置スペースを削減。

従来機種 20馬力システム

従来機種の設置スペース

新機種 20馬力システム

新機種の設置スペース

1システム30馬力→40馬力までのラインアップ拡充で、
多彩な空調ニーズに対応できます。

  8
馬力
10
馬力
12
馬力
14
馬力
16
馬力
18
馬力
20
馬力
22
馬力
24
馬力
26
馬力
28
馬力
30
馬力
32
馬力
34
馬力
36
馬力
38
馬力
40
馬力
従来機種                
新機種  

メリット

お客様へのメリット

省エネルギー性能を大幅に向上

新型圧縮機および熱交換器の高効率化により、業界トップ※1のCOPを達成。

■冷暖平均COP比較※2
  8
馬力
10
馬力
12
馬力
14
馬力
16
馬力
18
馬力
20
馬力
従来機種 4.94 4.08 4.88 4.45 4.07
新機種 6.25 5.05 5.11 6.02 6.03 5.28 5.17
冷暖平均COPで最大27%向上 従来機より消費電力量22%削減
※1
ダイキン工業調べ(2019年1月現在)水熱源ビル用マルチにおける冷暖平均COPでの比較。
※2
JIS B8616およびJRA4002による条件(冷房時:室内側27℃DB、19℃WB、入口水温30℃ 暖房時:室内側20℃DB、入口水温20℃)で、接続冷媒配管長がP224〜P500形は7.5m、P560形は10m、高低差0m、全てS-ラウンドフロータイプ室内ユニット容量100%接続時での値です。
※3
算出条件:東京・事務所 運転時間(期間:冷房:4月19日~11月11日暖房:12月3日~3月15日 時間:8:00~20:00 稼動日数:6日/週)新型機:RWEYP560F(水熱源VRV Wシリーズ)と従来機:RWEYP560D(水熱源VRV Wシリーズ)との比較。全てS-ラウンドフロータイプ室内ユニット容量100%接続時での値です。
全自動省エネ冷媒制御

システム全体の必要負荷をリアルタイムに把握し、機器の発停ロスを抑制

協調制御解説図
万一に備えた安心機能

万一、1台の圧縮機が故障しても、修理までの間は「バックアップ運転機能」で残りの圧縮機を応急運転。空調の完全停止を回避できます。

(22馬力システム以上)

低負荷時に運転する圧縮機をシステム内で8時間おきに交代させ、運転負荷の偏りを抑えてシステム全体の長寿命化を図る「ローテーション機能」を搭載しています。

(22馬力システム以上)

設計会社様へのメリット

変流量制御に対応(オプション対応)

ポンプ動力を削減し、システム全体で省エネに貢献。負荷に合せて水量を可変※4し、空調システムの省エネ性を向上します。

※4. ポンプは現地手配となります。

解説図

※5. 4~20mAも対応します。詳しくはお問い合わせください。

水温範囲を拡大

下限水温が15℃から10℃まで拡大し、地中熱利用にも対応。上限水温も40℃から45℃まで拡大しました。

●ブライン改装も可能です。詳しくはお問い合わせください。

従来機種15〜40℃ 新機種10〜45℃

室内ユニットの接続容量が拡大

従来機種50〜130% 新機種50~150%
長尺配管対応により、
大規模ビルの空調ニーズにも自在に対応

総配管実長750m(14馬力システムの場合)、配管実長165m、相当長190mの長尺配管が可能。熱源ユニット各階設置による横引き配管にも対応できるため、大規模フロアにもフレキシブルに対応できます。

アクティブフィルター(オプション)の
機内組込みを可能とし、設置スペース削減
別置きのための設置スペースや配線の手間も省力化できます。
冷媒配管1系統で冷暖同時運転が可能

吸入ガス配管とBSユニット(別売品)を追加すれば、冷暖同時運転が1系統で行えます。

標準(冷暖切換運転)システムと冷暖同時運転システムの比較 標準(冷暖切換運転)システムと冷暖同時運転システムの比較

改装対応

温度・湿度個別コントロール空調システム「DESICAシステム」には 高顕熱形ビル用マルチへの改装が必要です。

※詳細は弊社担当営業までお問い合わせください。

ハイブリッド式水配管レス調湿温外気処理機デシカ

施工会社様へのメリット

施工性・メンテナンス性を向上

フランジ接続前板点検口追加

背面のメンテナンスをなくして
省スペース&メンテナンス性向上※6

●サービススペース比較(10馬力システム)

※6. ドレン配管の背面取出しをしない場合。

サービススペースの新旧比較

システム一覧

5・6馬力システムRXYP140・160DB 8・10・12馬力システム
RWEYP224・280・335F
8・10・12馬力システムRXYP224・280・335F 14・16・18・20馬力システム
RWEYP400・450・500・560F
14・16馬力システムRXYP400・450F 22・24馬力システム
RWEYP615・670F
18・20・22馬力システムRXYP500・560・615F 28・30・32・34・36・38・40
馬力システム
RWEYP775・850・900・950・
1000・1060・1120F

こんなときにも業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)


室内ユニットラインナップ

空間の用途や形状に合わせたベストな1台を。

室外ユニットラインアップ

時代をリードする高性能・高機能シリーズ

高層建築や地下街に<水熱源システム>

パワフル暖房と省エネ運転を両立<高暖房システム>

ピーク電力削減に<氷蓄熱システム>

学校や老健施設などに

小規模店舗や事務所などに

2019年4月発行の業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)総合カタログに準拠して掲載

ページの先頭へ