ページの本文へ

業務用換気機器

NEW PRODUCTS 2019/2019年1月発売予定 全熱交換器ユニット ベンティエール新商品のご紹介

NEW PRODUCTS 2019/2019年1月発売予定 全熱交換器ユニット ベンティエール新商品のご紹介
NEW PRODUCTS 2019/2019年1月発売予定 全熱交換器ユニット ベンティエール新商品のご紹介
新JIS準拠品のアイコン

新JIS規格(JIS B8628:2017)に対応

全熱交換器の国際規格(ISO 16494)の制定に伴い(2014年)、JIS規格も改正されました(2017年12月20日)。

全熱交換器の国際規格が2014年に制定(ISO 16494)
  • 各国の規格が国際規格をベースに見直し
  • 日本でもJIS規格が国際規格に準拠するよう見直し
JIS規格の改正

(JIS B8628 : 2017)

JIS規格 新旧比較(一部抜粋)
項 目 旧JIS(JIS B8628:2003) 新JIS(JIS B8628:2017)
測定方法 ①風量 静圧条件は任意 静圧条件に規定あり
②全熱交換効率
 測定時の温湿度条件
乾球温度:基準値±1℃
湿球温度:基準値±2℃
乾球温度:基準値±0.3℃
湿球温度:基準値±0.2℃
③有効換気量率 製品の〈内部漏れ〉のみ測定対象 製品の〈内部漏れ外部漏れ〉が測定対象
仕様書への表記 なし あり(仕様書表示値以上)
規格が厳格化したことにより、現行製品に新JISを適用すると、全熱交換効率や有効換気量率が表記上低い値となることがあります。

エアコンとの省エネ連動制御がさらに高まりました。

全熱交換器ユニット・天井埋込ダクト形は、2シリーズのラインアップに。

NEW

標準 VAM150~1000H(S)、
VAM1500・2000H
加湿付 VAM15~100HM(S)
新JIS準拠品、公共仕様、省エネ法計算適合のアイコン
天井埋込ダクト形[標準]
天井埋込ダクト形の画像/風 量 150〜2000m3/h

高い省エネ性能と、設置しやすい
コンパクト性を両立。新JIS規格に適合する
高品質な換気が行えます。

天井埋込ダクト形[加湿付]
天井埋込ダクト形[加湿付]/風 量 150〜1000m3/h

屋外の空気を加湿で補ってから給気。
静電気や空気の乾燥を抑えます。

省エネ換気が進化

エアコンの不在時省停止モード制御※1と連動。

エアコン室内ユニットに搭載の人感センサーが人の不在を検知して、空調+全熱交換器が運転停止※2※3します。

※1
エアコングループ制御時に、不在時省エネ制御はご使用になれません。対象室内ユニットは業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)総合カタログをご確認ください。
※2
24時間換気設定時は、通常の運転モードから24時間換気モードに切換わります。
※3
一旦不在を検知して停止になると自動では再び運転は行いません。
エアコンの不在時省エネ制御と連動のイメージ図/人を検知、不在を検知

外気冷房効果アップ。

普通換気時の風量アップや換気モード判定の高度化で、従来より効率良く外気を取入れて、省エネを図ります。

湿度センサー取付けのメリット

  • 換気モード自動切換による省エネ性の向上
  • 高湿度外気導入の抑制による快適空間の維持
  • 低外気時の保護運転制御
外気冷房効果アップのイメージ図/換気モード自動制御の高度化 湿度センサー(別売品)の追加により、室内外の温湿度情報をもとにしたエンタルビーで換気モードを判定します。/普通換気時の風量アップ

集中ゾーン連動時の単独ナイトパージ機能が可能に。

ナイトパージ運転の幅が広がり、さらに多様な換気ニーズに対応できます。

集中ゾーン連動時に単独ナイトパージが可能のイメージ図

施工性アップ

ダクトや配線でスペースが限られる天井内に配慮して、さらにコンパクト化。※4

高さ49mmカット※4/幅137mmカット※4
給気ダクト、換気ダクトの画像
給気ダクト(OA)・排気ダクト(EA)のダクト高さをそろえることで、本体~屋外ダクト間のダクト施工を改善。
従来品と新機種のイメージイラスト
ナット脱落防止構造により、天地逆取付時でも吊金具の付け替え作業が不要。防振吊金具の機器本体への干渉も防止※5しました。
  • アダプターP板(別売品)不要で各種遠方制御に対応。

      従来機種 新機種
    外部接点入力端子 運転/停止
    換気量変更 ×
    換気モード変更 ×
    外部接点出力端子 異常 ※6
    フィルターサイン ×
    外部ダンパー切替 ※7
  • 電源電圧検知機能により、電源工事時の誤配線による機器故障を防止。
  • エアコンとベンティエールの電源共有可能。(単相200V機種)
  • 電源速結端子付でスピーディーな取付けをサポート。
※4
従来機種との650m3/hでの比較。
※5
吊ピッチ変更を伴います。
※6
アダプターP板(別売品)が必要。
※7
付属のハーネスを使用した電線工事が必要。

メンテナンス性向上

リモコンの表示画面にファン故障、フィルター洗浄サインをお知らせ。

ファン故障サイン

ファン故障をリモコンでお知らせします。
(エラーコードが表示されます)

フィルター洗浄サイン

フィルターお手入れ時期をリモコンでお知らせします。


リモコンにCO2センサー情報や
湿度センサー情報を表示できます。※8※9※10

リモコン(BRC1G2)の画像
※8
表示/非表示が選択できます。
※9
CO2センサー(別売品)、
湿度センサー(別売品)組込時。
※10
本CO2センサー、湿度センサーは、計測器としては使用できません。製品の設置状況によっては実際の室内のCO2濃度や湿度とは異なる場合があります。

センサー1台で
複数台制御が可能です。

ベンティエールを複数台制御しているイメージ図

2019年7月発行のカタログに準拠して掲載

ページの先頭へ