ページの本文へ

ダイキン床暖房

仕様


室内機

機種/要目 称呼能力 電源 暖房 冷房 ファン
電動機出力
連絡
電線
質量 ★冷媒配管接続径
(φCut)
相/V 運転音※1 運転音※1 W kg 液管 ガス管
dB dB
C28NCV 2.8kWクラス 単/200 58 56 53 3 13 6.4 9.5
C36NCV 3.6kWクラス 単/200 58 57 53 3 13 6.4 9.5
C40NCV 4.0kWクラス 単/200 60 60 53 3 13 6.4 9.5
C50NCV 5.0kWクラス 単/200 63 63 53 3 13 6.4 9.5
C56NCV 5.6kWクラス 単/200 65 65 53 3 13 6.4 12.7
C40NGV 4.0kWクラス 単/200 60 57 28 3 16 6.4 9.5
C50NGV 5.0kWクラス 単/200 61 60 28 3 16 6.4 9.5
C22NMV 2.2kWクラス 単/200 56 58 28×1 3 10 6.4 9.5
C28NMV 2.8kWクラス 単/200 59 60 28×1 3 10 6.4 9.5
C36NMV 3.6kWクラス 単/200 59 60 28×1 3 10 6.4 9.5
C40NMV 4.0kWクラス 単/200 62 62 28×1 3 10 6.4 9.5
C28NLV 2.8kWクラス 単/200 63 61 92 3 14 6.4 9.5
C36NLV 3.6kWクラス 単/200 63 61 92 3 14 6.4 9.5
C40NLV 4.0kWクラス 単/200 65 66 92 3 14 6.4 9.5
C50NLV 5.0kWクラス 単/200 65 66 92 3 14 6.4 9.5
C22NTCXV 2.2kWクラス 単/200 59 57 19 3 13 6.4 9.5
C28NTCXV 2.8kWクラス 単/200 59 57 19 3 13 6.4 9.5
C36NTCXV 3.6kWクラス 単/200 62 60 25 3 13 6.4 9.5
C40NTCXV 4.0kWクラス 単/200 63 62 29 3 13 6.4 9.5
C50NTCXV 5.0kWクラス 単/200 65 63 34 3 13 6.4 9.5
C56NTCXV 5.6kWクラス 単/200 66 64 39 3 13 6.4 9.5
C22NTV 2.2kWクラス 単/200 60 60 13 3 10 6.4 9.5
C28NTV 2.8kWクラス 単/200 60 60 13 3 10 6.4 9.5
C36NTV 3.6kWクラス 単/200 61 62 16 3 10 6.4 9.5
C40NTV 4.0kWクラス 単/200 62 62 20 3 10 6.4 9.5
C50NTV 5.0kWクラス 単/200 64 64 26 3 10 6.4 9.5
C56NTV 5.6kWクラス 単/200 65 65 29 3 10 6.4 9.5
C28NVV 2.8kWクラス 単/200 57 55 48 3 14 6.4 9.5
C36NVV 3.6kWクラス 単/200 57 56 48 3 14 6.4 9.5
C40NVV 4.0kWクラス 単/200 59 58 48 3 14 6.4 9.5
C50NVV 5.0kWクラス 単/200 60 60 48 3 14 6.4 9.5
※1.
音響パワーレベル(JIS C9612:2013)に準じた値です。

室外ユニット※2

要目/機種 1MUS40RV 1MUS56RV
接続室内機(最大) 4.0kWクラス 5.6kWクラス
電源 相/V 単/200 単/200
暖房
(エアコン)
能力 kW 5.0 6.7
運転電流(最大) A 6.4(14.0) 10.2(18.5)
消費電力 W 1,230 1,960
運転音※3 dB 51 54
冷房
(エアコン)
能力 kW 4.0 5.6
運転電流 A 6.3 12.5
消費電力 W 1,200 2,400
運転音※3 dB 51 54
床暖房・
エアコン
同時運転※4
加熱能力 kW 5.0 6.7
運転電流 A 5.8 8.1
消費電力 W 1,100 1,550
COP 4.50 4.32
運転音※3 dB 51 54
始動電流 A 6.4 12.5
圧縮機出力 W 1,100 1,700
ファン電動機出力 W 70 70
ポンプ電動機出力 W 35 35
電源プラグ 容量 A 15 20
形状 室外直結 室外直結
連絡電線 各室に3本 各室に3本
質量 kg 57 57
★冷媒配管接続径(φCut)※5 液管 6.4 6.4
ガス管 9.5 9.5
床暖房定格流量 L/min 4.8 6.4
※2.
室外機と床暖房ユニットは現地での組み付けが必要です。
※3.
音圧レベル(JIS C9612:2005)に準じた値です。
※4.
当社試験によります。床暖房・エアコン同時運転条件。室内20℃、外気温7℃DB6℃WB,往き水温35℃、戻り水温30℃、定格流量、接続室内機は1MUS40RVの場合、C40NTCXV-Wで風量設定3、1MUS56RVの場合、C56NTCXV-Wで風量設定5における同時運転の値です。
※5.
室外機と床暖房ユニット間の冷媒配管は付属しています。

冷・暖房(エアコン)の運転特性、適用面積

室外ユニット 1MUS40RV / 1MUS56RV 1MUS56RV
室内ユニット 2.2kwクラス 2.8kwクラス 3.6kwクラス 4.0kwクラス 5.0kwクラス 5.6kwクラス
暖房
(エアコン)
能力 kW 2.8
(1.55~4.14)
3.6
(1.55~4.61)
4.2
(1.58~5.80)
5.0
(1.60~7.18)
6.3
(1.63~7.71)
6.7
(1.64~7.87)
運転
電流
A 3.1 4.4 5.5 6.4 9.8 10.2
消費
電力
W 590
(290~1,010)
840
(290~1,200)
1,060
(300~1,630)
1,230
(300~2,340)
1,890
(300~2,420)
1,960
(300~2,460)
適用
面積
10.2~12.7 13.1~16.4 15.3~19.1 18.2~22.7 22.9~28.6 24.4~30.5
冷房 能力 kW 2.2
(2.04~2.79)
2.8
(2.04~3.36)
3.6
(2.04~3.98)
4.0
(2.05~4.43)
5.0
(2.06~5.10)
5.6
(2.06~5.70)
運転
電流
A 2.3 3.1 5.1 6.3 9.7 12.5
消費
電力
W 450
(440~590)
590
(440~880)
970
(450~1,160)
1,200
(450~1,450)
1,870
(460~1,910)
2,400
(460~2,440)
適用
面積
10.0~15.2 12.7~19.3 16.4~24.8 18.2~27.6 22.7~34.5 25.5~38.6
  • 適用面積の小さい方は、木造南向き和室の場合の目安、数値の大きい方は、鉄筋アパート南向き洋室の場合の目安を示します。
    (日本工業規格(JIS C9612)に準じた数値です。)
  • *★印の冷媒配管には断熱が必要です。
  • *改良のため、仕様などを予告なしに変更することがありますので、ご了承願います。
  • *仕様値は、50Hz・60Hz共通です。
  • *エアコンに関する注意点や、仕様の詳細は、ルームエアコン住宅設備用カタログに記載していますので合わせてご覧ください。
  • *運転音は、外気温や室温など温度条件によって変化します。
  • *電源プラグ容量の「室外直結」は、室外機の電源端子盤容量を表示しています。ブレーカー容量については、電気設備技術基準および内線規定に従い選定してください。また、単相200Vは専用回路としてください。
  • *冷房・暖房運転特性は、日本工業規格(JIS C9612)に準じた値です。
  • *消耗部品の交換の目安/循環ポンプ、熱動弁 約5~8年 指定不凍液 約10年(2~3年おきに点検)

不凍液使用時について

  • 年最低気温が−10℃を下回る地域や、昼間も0℃以下の気温が数日続く地域、凍結が頻繁に起こるような地域では、指定の不凍液を使用してください。
  • 不凍液を使用時は、水道水の使用時より、能力は約6%低下し、消費電力は約3%上昇します。

運転範囲

室外温度 室内温度 室内湿度
冷房運転 約21℃~43℃ 約21℃~32℃ 約80%以下
除湿運転 約18℃~43℃ 約18℃~32℃ 約80%以下
暖房運転 約–20℃~24℃ 約27℃以下 ―――
床暖房運転
床暖房+エアコン運転

冷媒

機種/項目 種類 封入量(Kg) 地球温暖化係数 (GWP)
1MUS40RV R410A 1.4 2090
1MUS56RV 1.4

冷媒配管長さ

機種名 1室当り最大長さ 全室合計最大長さ 高低差 追加充填量
1MUS40RV、1MUS56RV 20m以下 7.5m以下 なし

空調機器の据付工事・移設工事・サービス時等において地球環境保護の観点より、
必ず、真空ポンプを使用して大気中へのフロン放出は避けてください。

ホッとく~るスタンダードの機能紹介 NEXT

室内機機能一覧
ページの先頭へ