ページの本文へ

ハウジング・マルチエアコン

壁埋込形 シングルフロータイプ お気に入りのリビングで、ゆったりとすごしたい。床置形

マルチエアコン
ハウジングエアコン

NEW

天井が高くても、足元、あったか。

いつでもお気軽にご相談ください

おすすめポイント

足元から快適気流をお届け。冬の底冷えを和らげたい場合に効果的な空調スタイルです。

スリム&コンパクトな設計でキッチンや家具のカウンター下にもすっきり納まり、天井が高い吹き抜け空間にもおすすめ。足元設置なので 手が届きやすく、お手入れも簡単に行えます。

インテリアに合わせて、本体カラーも選べます。

ホワイト

ブラウン

足元に温もりがひろがって、
底冷えが気になりにくい。

床に沿って気流がひろがり、底冷えする寒さを和らげます。

さらに上方からも快適気流を吹き出し、お部屋全体を暖めます。

特長

換気しながら、お部屋の空気を快適に。

給気換気(換気設定)ハウジングエアコンVRシリーズのみ

*屋外の空気と合わせて、室内の空気も吸い込んで運転しています。

屋外から新鮮な空気を取り込み、エアコンの熱交換器で適温に整えて室内にお届け。リモコンで簡単に換気運転が行えます。

リモコンから簡単操作
能力クラスごとの給気換気量(給気風量)※1
給気換気量
(給気風量)
10~14畳程度
(2.8~4.0kW)
16畳程度
(5.0kW)
18畳程度
(5.6kW)
18m3/h 21m3/h 23m3/h
[連続換気]エアコンの運転に関係なく連続で換気できるモードも設定できます。

●「連続換気」設定中は、エアコンが停止中でも通常の運転と同様に室内機のフラップが開き風が吹き出します。リモコン表示、本体のランプ表示はありません。停止したいときは、「切」に設定してください。

※1
JIS B 8330準拠。運転モード:「強」(室内機の風量5) 測定条件:標準ダクト使用、ホース長さ4m、曲げ回数5回(室内接続ダクト含む)、大気開放条件において(室内・屋外の気圧差がない環境)。 設置条件、使用状況によっては給気換気時の給気風量が低下します。ホース長さが2m増えるごとに給気風量は約7%低下します。 ●定期的な窓開け換気なども合わせてご利用ください。 ●エアコン連動換気時は運転音が0.5dB程度上昇します。 ●使用環境によって室温、湿度の変化が大きくなる場合があります。 ●給気換気機能のみで建築基準法に定められる住宅の必要換気量すべてをまかなうものではありません。環境により換気量や室内の空気の入れ替えにかかる時間は変わります。

適度なうるおいで、
乾燥が気になる季節も、すごしやすい。

うるる加湿(無給水加湿)
ハウジングエアコンVRシリーズのみ

給水の
必要なし

外気中の水分をエアコンが取り込み、
無給水でお部屋のうるおいをキープします。

一般の加湿器とは加湿方法が異なるため加湿量は外気条件により変化します。
外気温度-10℃以下かつ外気相対湿度が20%以下の場合は加湿運転できません。
外気相対湿度が20%低下すると加湿量は20%低下します。

さらら除湿(ハイブリッド方式)
ハウジングエアコンVRシリーズのみ

除湿した冷たい風を室内の温まった空気と一緒に送風し、室温に近づけて除湿します。
●条件によっては寒くなる場合があります。

足元から、快適気流をお届け。

上下2方向から快適気流をお届け。
足元はもちろん、上からもワイドに気流を吹き出して、お部屋全体を空調します。

夏は急速冷房時のみ上下から吹き出し。

室温安定後は、上部のみ吹き出します。

NEW水内部クリーン

(結露水洗浄)

冷房運転で発生させた結露水で汚れを洗浄。
さらに乾燥運転を行います。

室内温度が大きく下がるため、外出時などお部屋に人がいないときにご使用ください。約1ヵ月に1回行うことをおすすめします。

付着したホコリやカビをすべて落とせる機能ではありません。
加結露水洗浄運転、内部クリーン運転の最大運転時間、消費電力は機種により異なります。
室内温度23℃未満または外気温度1℃未満の場合、水内部クリーンは運転できません。
外気温度が24℃以上または室内温度が高くなった場合は、加熱運転を行いません。

NEW

高外気タフネス冷房(50℃※2対応)ハウジングエアコン専用機能

高い熱交換能力を持つ室外機で、高外気環境で運転できるように設計。外気温50℃※2でも冷房運転し続けます。
冷房能力を保証するものではありません。

※2
室外機の吸い込み温度。暖房能力を保証するものではありません。冬の環境において霜の付着量が多くなる場合は、暖房を止めて霜取り運転を行う場合があります。

手が届きやすいから、お手入れ簡単。

フィルターのお掃除が手元でらくらく。
パネルも水洗いでき、お手入れが簡単です。

お部屋にすっきり収まるコンパクト&スリムな形状。

スリムでコンパクトなフォルムで、足元にすっきり設置。
圧迫感を感じさせない、美しいお部屋づくりを演出します。

露出部を抑えた半埋め込み設置も行えます。

その他の主な機能

スマートフォン用アプリ ダイキン スマートリモート コントロール (オプション機能)
あなたのスマホが、リモコンとして使えます

別売の無線LAN接続アダプターBRP087A42が必要です。
専用アプリならびにお使いの無線 LAN インターネット環境、ダイキン会員サイトのユーザー登録が必要です。

けつろ防止 VRシリーズのみ
お休み前やお出かけ前に「けつろ防止運転」をセットしておけば、 お部屋の除湿を行い、窓や壁のけつろを抑えます。
オートスイング(上下風向制御)
フラップが上下にスイングして冬は温風、夏は冷風を部屋のすみずみまで届けます。
るすばん換気VRシリーズのみ
るすばん換気
熱気のこもりやすい夏場の留守中など、換気運転とタイマーを連動して室内の空気を入れかえます。
ランドリー乾燥 VRシリーズのみ
室内、屋外温度に応じて、除湿、冷房、暖房を自動選択し、洗濯物を乾かすのに適した温度に保つように運転します。

※衣類乾燥に最適な運転をしますので、在室時のご使用は避けてください。

ニオイないス運転
冷房・除湿(ドライ)運転開始時に室内ユニットの中にこもったいやなニオイを抑えてから風を送り出します。(風量「自動」設定時に働きます。)
パワーセレクト
エアコンが消費する電流(値)に上限を設け、それ以上電力を消費しないようにコントロールします。
FF 暖房機からの入替えにも最適
足もと暖房の快適さはそのままに、安心・手間なし暖房へ。
安心: 燃焼のないクリーンな暖房。 手間なし: 給油の手間がありません。
低外気タフネス暖房(−15℃※1対応)

※ハウジングエアコン専用機能

環境負荷の少ない新冷媒R32を採用。
地球温暖化係数がR410Aの約1/3※2

詳細をみる

お使いのエアコンから入替もスムーズ。
既設配管を洗浄なしで再利用できるから、埋込み配管でも工事は簡単です。 うるるとさららの場合は、埋設の既設配管には対応できません。
(加湿ホースが必要なため)
※1
室外機の吸い込み温度。暖房能力を保証するものではありません。冬の環境において霜の付着量が多くなる場合は、暖房を止めて霜取り運転を行う場合があります。
※2
出典「IPCC 第4次評価報告書」温暖化係数(GWP)。温暖化係数(100年値):2090(R410A)と675(R32)の比較。

ラインアップ・製品仕様

ハウジングエアコン

VRシリーズ 加湿機能付きNEW

足元から、快適気流をお届け。
換気しながら加湿・除湿・冷暖房。

Vシリーズ NEW

コンパクト&スリムな形状で
スタイリッシュに快適空調。

床置形 製品仕様

マルチエアコン

システムマルチ室内機 NEW

マルチエアコンの室内機としても
お選びいただけます。

システムマルチ 製品仕様
JIS B 8330準拠。運転モード:「強」(室内機の風量5) 測定条件:標準ダクト使用、ホース長さ4m、曲げ回数5回(室内接続ダクト含む)、大気開放条件において(室内・屋外の気圧差がない環境)。 設置条件、使用状況によっては給気換気時の給気風量が低下します。ホース長さが2m増えるごとに給気風量は約7%低下します。 ●定期的な窓開け換気なども合わせてご利用ください。 ●エアコン連動換気時は運転音が0.5dB程度上昇します。 ●使用環境によって室温、湿度の変化が大きくなる場合があります。 ●給気換気機能のみで建築基準法に定められる住宅の必要換気量すべてをまかなうものではありません。環境により換気量や室内の空気の入れ替えにかかる時間は変わります。

本体カラーは2色から選択

ホワイト

ブラウン

※写真、イラストはイメージです。

製品についての詳細はこちら製品カタログ

いつでもお気軽にご相談ください

見積・買替・空気質の改善・各種補助金

お問い合わせ方法をお選びください

夏季休業のご案内

8月13日~21日はお休みさせていただきます。
休み期間中もメール問合せを受付けておりますが、回答は22日から順次ご連絡いたします。
修理のお申込みはこちらの修理のご相談・お申込みからお願いします。

休業期間中や休業明けには非常に多くのお問合わせをいただく可能性があり、回答までにお時間をいただく場合があります。
恐れ入りますが、予めご了承をお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-330-565

9:00-17:30
(土日祝及び、当社指定休業日を除く)

戻る

お問い合わせ方法をお選びください

夏季休業のご案内

8月13日~21日はお休みさせていただきます。
休み期間中もメール問合せを受付けておりますが、回答は22日から順次ご連絡いたします。
修理のお申込みはこちらの修理のご相談・お申込みからお願いします。

休業期間中や休業明けには非常に多くのお問合わせをいただく可能性があり、回答までにお時間をいただく場合があります。
恐れ入りますが、予めご了承をお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-085-022

9:30-17:00
(土日祝及び、当社指定休業日を除く)

戻る

お問い合わせ方法をお選びください

夏季休業のご案内

8月13日~21日はお休みさせていただきます。
休み期間中もメール問合せを受付けておりますが、回答は22日から順次ご連絡いたします。
修理のお申込みはこちらの修理のご相談・お申込みからお願いします。

休業期間中や休業明けには非常に多くのお問合わせをいただく可能性があり、回答までにお時間をいただく場合があります。
恐れ入りますが、予めご了承をお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-881-081

弊社へご連絡の際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようにお願い申し上げます。
回線の混雑時には数分で切れる場合がございます。その際には、恐れ入りますが時間をおいてお掛け直しいただくか、Webでの修理依頼・メールでのお問い合わせをご検討ください。

戻る

お問い合わせ内容をお選びください

夏季休業のご案内

8月13日~21日はお休みさせていただきます。
休み期間中も紙カタログ請求を受付けておりますが、発送は22日から順次対応いたします。
WEBカタログは休業中もご覧いただけますので、ご活用ください。

※休業期間中や休業明けには非常に多くのご依頼をいただく可能性があり、発送までにお時間をいただく場合があります。
※夏季休業直前にご依頼いただいた場合、郵送会社との関係により夏季休業後の発送になる可能性があります。
あらかじめご了承をお願いいたします。

紙カタログ請求は、一般のお客様向けのものとなっております。

設計・施工・販売業者様は、弊社営業窓口もしくは
お近くのダイキンHVACソリューション各社までお問い合わせください。

全国のダイキン空調事業グループ会社一覧

戻る

お問い合わせ内容をお選びください

夏季休業のご案内

8月13日~21日はお休みさせていただきます。
休み期間中も紙カタログ請求を受付けておりますが、発送は22日から順次対応いたします。
WEBカタログは休業中もご覧いただけますので、ご活用ください。

※休業期間中や休業明けには非常に多くのご依頼をいただく可能性があり、発送までにお時間をいただく場合があります。
※夏季休業直前にご依頼いただいた場合、郵送会社との関係により夏季休業後の発送になる可能性があります。
あらかじめご了承をお願いいたします。

紙カタログ請求は、一般のお客様向けのものとなっております。

設計・施工・販売業者様は、弊社営業窓口もしくは
お近くのダイキンHVACソリューション各社までお問い合わせください。

全国のダイキン空調事業グループ会社一覧

お問い合わせ内容をお選びください

じっくり相談

(要予約・目安時間60分)

空調のプロが、図面等をもとに
お客様に合った商品や設置場所をご提案します。

来館して相談

WEBで相談

  • ※CLUB DAIKINへの会員登録が必要です。
  • ※事前にご予約が必要です。
  • ※建築会社関係者さま、同業他社さまは本サービスの対応をいたしかねますので、ご遠慮ください。

今すぐ相談

(予約不要・目安時間15分)

アプリやご登録は不要。
ビデオ通話で今すぐ相談できます。

いまから相談をはじめる

  • ※ご利用時間は11:00~17:00(第2、第4水曜日、年末年始定休)です。
  • ※音声のみでもご利用可能です。
  • ※パソコン、スマホ、タブレットからご利用可能です。
  • ※建築会社関係者さま、同業他社さまは本サービスの対応をいたしかねますので、ご遠慮ください。

戻る

空調お客様サポートサイト

空調お客様サポートサイトにて、製品に関するお問い合わせを受け付けています。
エラーコード一覧、取扱説明書、製品カタログや技術資料などを掲載しています。

空調お客様サポートサイト

戻る

ダイキンリースのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

0120-085-022

9:30-17:00
(土日祝及び、当社指定休業日を除く)

ページの先頭へ