ページの本文へ

店舗・オフィスエアコン

ダイキンの清潔

菌やウイルスが気になる空間にも安心を ダイキンの清潔。

空気清浄も、業務用エアコンで

ストリーマ除菌シリーズ

NEW

“ストリーマ技術”を搭載した「ストリーマ除菌シリーズ」は、微小粒子の有害物質をプリーツフィルターでキャッチしストリーマを照射することで、空調しながら空気清浄を行い、快適で清潔な空気環境を実現します。

空間の浮遊ウイルスを抑制※1

試験空間による20分後の効果であり実使用空間での実証試験ではありません。

 試験空間における浮遊ウイルス数の変化グラフ 吹き出す空気がキレイ
ストリーマ除菌シリーズ ストリーマ除菌ユニット+店舗・オフィスエアコン スカイエア 除菌ユニット単独運転(エアコン送風時)も可能
プリーツフィルターに捕集した菌を除菌※2
※1.
試験機関(一財)北里環境科学センター 試験番号:北生発2021_0105号/試験方法:25m3(約6畳)の密閉した試験空間で浮遊ウイルスの抑制性能を評価。/試験対象:1種類のウイルス/試験結果:自然減衰と比べ20分で99%以上抑制/試験機:ストリーマ除菌ユニット(BAEF55C160)
※2.
試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第20076803001-0101号/試験方法:製品に搭載したフィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25m3(約6畳)の密閉した試験空間で運転。2.5時間後の生菌数を測定。/試験対象:1種類の細菌/試験結果:2.5時間後に99%以上抑制/試験機:ストリーマ除菌ユニット(BAEF55C160)

「浮遊ウイルス抑制」「フィルター除菌」効果は、天井埋込カセット形 S-ラウンドフロー用ストリーマ除菌ユニット(BAEF55C160)での試験結果です。


お店の形状に合わせて選べるラインアップ

 

S-ラウンドフロー用

ストリーマ除菌ユニット組込時の
天井ふところ必要寸法


室内機P40~P71FA、P63・P80FB形 : 361mm以上
室内機P80~P160FA形 : 403mm以上

天井吊形用

適用室内機 P63~P160形

天井埋込ダクト形用

適用室内機P50~P160形

設置上のご注意 次のような場所ではご使用いただけません。

●オイルミストなどの発生する油煙環境。 ●調理場など油の飛沫や蒸気の多いところ。 ●理・美容院など、ヘアスプレーを多く使うところ。 ●喫煙ルームなど、煙の多いところ。

使用する別売品や吹出口パターンによって、組込みできない組合せ条件があります。

エアコン内部(熱交換器)も清潔に

ストリーマ内部クリーン

冷房や除湿運転停止後にエアコン内部を送風乾燥し、さらに熱交換器にストリーマを照射することで、ニオイの原因となるカビの繁殖を抑制。エアコン内部を清潔に保ち、吹き出す風もキレイにします。

冷房や除湿冷房運転停止後に室内機内部を乾燥(送風)運転+室内機内部(熱交換器)にストリーマを照射

内部クリーン運転中、
リモコン画面に表示されます。

同時運転マルチおよびグループ制御運転の場合、全ての室内機に別売品「ストリーマ内部クリーンユニット」の取付けが必要です。
内部クリーンの対象部位は、熱交換器です。
カビの成長を抑制する効果はありますが、カビを発生させない機能ではありません。設置環境や運転時間によって、カビの抑制効果は変わることがあります。
結露水洗浄、送風乾燥、加熱乾燥の各運転時の風向はポジション0(水平吹き)です。
S-ラウンドフローの3方吹き・2方吹き時および風量調整キットとの併用は不可です。
スタイリッシュフローの場合、別売品「ストリーマ内部クリーンユニット取付キット」と、別売品「リフトグリルチャンバー」または「新鮮空気取入キット」の取付けが必要です。
天井吊形の場合、別売品「ストリーマ内部クリーンユニット取付キット」が必要です。

ご存知ですか?!

カビやニオイの原因菌は、エアコン内部の湿気で繁殖し、エアコンを運転したときにイヤなニオイを発生させます。

設置初期の熱交換器(フィン拡大)→長年使用している熱交換器(フィン拡大)

【カビ菌の繁殖抑制(ストリーマ内部クリーン)】

冷房運転4日目のカビの菌糸長

〔試験方法〕
一般社団法人カビ予報研究室のカビセンサーを設置した室内機(FHCP140EG)で、ストリーマ内部クリーン有無の条件において冷房運転(冷房運転8時間、運転停止16時間と想定)を4日間行った後のカビセンサーの菌糸長レベルを比較。
環境条件:
温度27℃、湿度70%
試験機関:
一般社団法人カビ予報研究室
試験報告書番号:
170706、171004

適用室内機

S-ラウンドフロー、スタイリッシュフロー、エコ・ダブルフロー、天井吊形

ワイヤレスリモコンとの併用はできません。

酸化分解テクノロジー ストリーマ技術の紹介です。

ダイキン独自※3
「ストリーマ技術」

それは、公的機関で実証された、空気清浄技術です。

試験用ストリーマ装置による実証結果です。 実機・実使用空間によるものではありません。
ストリーマによる分解のしくみ

プラズマ放電の一種であるストリーマが、有害化学物質を分解。その分解力は、約100,000℃の熱エネルギーに匹敵します。

酸化分解力による比較。実際に高温になるわけではありません。
イラストはイメージです。
※3.
2021年8月現在。ストリーマ放電により酸化分解力を持つ分解素を生成する技術において。

エアコン内部のニオイを抑制(熱交換器の清潔)

清潔アルミフィン(標準装備)NEW

室内機の熱交換器(アルミフィン)に、耐食性や親水性の高い3層コーティングを標準採用※1

■ 熱交換器(フィン)3層コーティング

  • 親水被膜

    低含水化処理を施すことで、従来の親水性能を維持しながら、ニオイ成分の付着を抑え、生乾き臭を抑制※2

  • 耐食被膜

    アルミフィンをサビ腐食から守り、性能低下を抑制するだけでなく、サビによる腐食臭を抑制。

  • クロム酸被膜
  • アルミフィン(断面図)
ニオイが表面に残りにくい処理を施した親水被膜

■ 親水被膜の臭気成分付着の流れ

清潔アルミフィンの親水被膜 ニオイ成分が表面に残りにくい
清潔アルミフィンの親水被膜 ニオイ成分が表面に残りにくい
ニオイが残りにくいことを実証

■ 臭気成分の暴露実験による臭気強度評価

親水性臭気成分を含んだ水溶液にアルミフィンを浸漬させ官能評価を実施。(臭気判定士監修のもと10名のパネラーにて実施)
実機評価の結果ではありません。

運転設定によるニオイ抑制

ニオイ抑制設定

冷房、除湿冷房中の設定温度到達後、風量・風向を自動調整し、冷房サーモOFF時に発生しやすい生乾き臭を低減※2します。

適用室内機

S-ラウンドフロー、スタイリッシュフロー、エコ・ダブルフロー、ワンダ風流、シングルフロー、壁掛形、天井吊形(P40~P160形)、床置形(P50~P160形)

※1.
スタイリッシュフローを除く。また壁掛形、床置形は2層コーティング(親水被膜+耐食被膜で1層)を採用
※2.
臭い成分は使用空間に浮遊している成分のため、使用環境によって効果が変わります。

エアコン内部(熱交換器)の汚れを洗浄

水内部クリーン

エアコン運転終了後に、発生させた結露水を利用して、エアコン内部(熱交換器)の汚れを洗浄します。

適用室内機

S-ラウンドフロー、エコ・ダブルフロー、ワンダ風流、シングルフロー、スタイリッシュフロー、天井吊形(P40~P160形)

〈実験条件〉試験機:S-ラウンドフロー(FHCP40EM)
室内温度:28℃ 室内湿度:80%
※ 目視しやすいように赤色状の粉末で実験しています。

「水内部クリーン」運転は、冷房運転または除湿冷房運転終了後に自動で実施します。暖房運転または送風運転終了後には実施しません。
付着したホコリやカビをすべて落とせる機能ではありません。 
室内温度、室内湿度の条件によっては結露水洗浄、加熱乾燥運転は中止される場合があります。
快適性確保の為、室内温度・室外温度の条件によっては加熱乾燥せず、送風乾燥を継続する場合があります。(外気温24℃以上で室温25℃以上の場合、最大7時間) 
居室内の温湿度によっては、「水内部クリーン」運転が中止されることがあります。 
同時運転マルチの場合、接続されている機種が全て「水内部クリーン」運転に対応している場合、動作できます。
グループ制御運転の場合、接続されている機種が全て「水内部クリーン」運転に対応している場合、動作できます。 
「水内部クリーン」運転中は室温が低下、または上昇する場合があります。
「水内部クリーン」運転後も最大60分間は、「内部クリーン運転中」のリモコン表示が継続する場合があります。
「水内部クリーン」運転には1回あたり約0.95kWhの電力を消費します。(結露水洗浄運転:室内外温度26℃、10分運転、送風乾燥運転:100分運転、加熱乾燥運転:室内外温度24℃、15分運転、SZRC160BJの場合)
天井吊形室内機P224・280形には対応していません。
S-ラウンドフローの3方吹き・2方吹き時および風量調整キットとの併用は不可です。
「水内部クリーン」運転は、工場出荷時の設定は「無効」です。使用する場合はリモコンのメニュー画面から「内部クリーン運転」を「有効」に設定ください。

フィルターで吸い込む空気をキレイに

抗菌・防カビフィルター(標準装備)

抗菌※3・防カビ※4作用のあるプレフィルターを標準採用※5
※3.
試験機関:財団法人 日本紡績検査協会
試験番号:026368-1,026368-2
試験方法:JIS L 1902 菌液吸収法
試験対象:2種類の細菌
試験結果:抗菌活性値2.0以上
※4.
試験機関:財団法人 日本紡績検査協会
試験番号:026368-3
試験方法:JIS Z 2911 かび抵抗性試験
試験対象:4種のカビ菌
試験結果:カビ抵抗性表示 0(ゼロ)

フィルターの試験結果であり、実機での試験結果ではありません。

※5.
天井埋込ダクト形のみ、抗菌・防カビフィルターは別売品です。

菌・ウイルス対策に

チタンアパタイトフィルター(別売品)

吸い込んだ菌やウイルスを吸着して抑制※6※7
抗菌・防カビフィルターとあわせて使用することで、室内空気の清潔性を高めます。

試験空間での24時間後のフィルターに付着した菌・ウイルスへの効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。
※6.
試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号 第203030567-001号 試験方法:フィルム密着法
試験対象:フィルターに付着した1種類の菌で実施 試験結果:24時間で99%以上抑制
※7.
試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号 第203052102号 中国科学院 生物物理研究所
試験方法:フィルム密着法 試験対象:フィルターに付着した2種類のウイルスで実施 試験結果:24時間で99%以上抑制
アパタイトとは

歯や骨を構成する成分で、タンパク質などの有機物を吸着する能力に優れ、吸着剤や触媒など幅広い分野で応用されている素材です。

室内空気環境のお悩みに

ダイキンの清潔
ダイキンの換気
ダイキンの空気質

人材不足や環境問題などの社会課題に

ダイキンの高品質施工
ダイキンの環境対応

見積・購入のご相談は
ダイキン認定販売施工店
「ダイキンプロショップ」へ

見積・購入相談をする(ダイキンプロショップサイト) 見積・購入相談をする(ダイキンプロショップサイト)
ページの先頭へ