ページの本文へ

R22冷媒(HCFC)生産終了のお知らせ
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. R22冷媒(HCFC)生産終了のお知らせ

古いエアコンをお使いではありませんか?R22冷媒(HCFC)生産終了のお知らせ

古いエアコンをお使いの場合、2020年以降 修理が困難になる事が予想されます。
お心当たりのある方は、お問い合わせください。

モントリオール議定書に基づき

R22冷媒(HCFC)は2019年で生産終了となります!

15年以上前のエアコンは、HCFC(R22)冷媒が主流。この冷媒には、オゾン層を破壊する成分が含まれているため、モントリオール議定書により世界的に規制がすすんでおり、2020年には実質全廃となります。 そのため、冷媒の入手困難や価格高騰によりエアコンが故障しても修理が困難になる場合がございます。

※1.
モントリオール議定書では、2020年時点で現存する冷凍空調機器への補充用途のHCFCに限り2029年末まで生産を認める特例が存在します。ただし、通商産業省化学品審査議会オゾン層保護対策部会中間報告(平成8年3月14日)においては、上記の補充用途も含めて、2020年のHCFC生産・消費量の削減・全廃を目標とすることとされています。

R22(HCFC)冷媒生産枠の削減スケジュール

〔基準値(100%)は1989年実績値〕

世界的に温室効果ガス削減への取り組みが急務となっています。

経済産業省では、『2015年にパリで開かれた、温室効果ガス削減に関する国際的取り決めを話し合う「国連気候変動枠組条約締約国会議(通称COP)」で合意されました。この国際的な枠組みの下、主要排出国が排出削減に取り組むよう国際社会を主導し、地球温暖化対策と経済成長の両立を目指していきます。』と発表されています。

冷媒とは?
環境負荷の少ない冷媒を採用した省エネエアコンが求められています。

使い続けた時の困りごと

製品の基本性能を維持するために必要な部品(補修用性能部品)の保有状況によっては整備・修理ができない場合もございます。

R22冷媒の入手や部品供給が困難になるので、
故障修理が困難になります。
省エネ性が悪いので、電気消費量が増えます。

対象製品

店舗・オフィスエアコン
スカイエア

業務用マルチエアコン

セントラル空調・
産業用プロセス冷却機器

中温用エアコン・
冷凍冷蔵ユニット

ガスヒートポンプエアコン

ルームエアコン

イベント・セミナー情報

修理対応が困難になる前に、まずは一度ご連絡ください!

安心のアフターサポート

コンタクトセンター

24時間365日サポート

業界初※2、全国のお客様からのお問い合わせに24時間・365日オペレーターが対応。休日や夜間もダイキン製品に関するお問い合わせや、修理の受付にすばやくお応えできる体制を整えています。

※2.
当社調べ。2001年5月開設

サービスステーション

全国59カ所からサービスをご提供

サービス対応のスローガンは、「速さ・確かさ・親切さ」。ダイキンは全国を網羅する59カ所のサービス拠点からサービスエンジニアが迅速にお伺いし、「均一で高品質なアフターサービス」を常にご提供します。

【ダイキンリースのご案内】まとまった資金が不要で最新のエアコンに入れ替えできます!業務用エアコンはリースで導入がオススメ!ダイキンのリース・クレジットは多彩。製品に応じてご利用ください。※法人・個人事業者対象 (事業者でない方はご利用いただけません)
ページの先頭へ