ページの本文へ

住まい向け除湿乾燥機 カライエ
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. 住まい向け除湿乾燥機 カライエ

水捨て不要でいつでも住まいをカラッと。住まい向け除湿乾燥機 カライエ

住まい向け除湿乾燥機 カライエ
水捨て不要でいつでも住まいをカラッと。住まい向け除湿乾燥機 カライエ

カライエ コンセプトムービー あなたの大切なものを湿気から守ります。

カライエ コンセプトムービー あなたの大切なものを湿気から守ります。


カライエの特長

デシカント方式を採用し、
水捨て不要の連続除湿を実現

室内の空気中に含まれる水分を、デシカントエレメントに吸着させ、高湿度の空気として気体のまま屋外へ排出。
水捨て作業は必要ありません。

レンジフード等の換気扇との併用は避けてください。逆流防止ダンパーが作動し性能が低下する可能性があります。
設置環境によっては室内温度が上昇する可能性があります。(~約5℃程度)
写真、イラストはイメージです。

ボタン一つで、住まいにやさしい
相対湿度約60%※1を目指す自動運転

湿度が60%を超えると運転し、
下回ると停止する自動制御を搭載。

※1.
カビ繁殖の抑制に効果がある湿度環境を60%と設定。
住まいのカビ繁殖抑制効果(空き家)比較図
試験場所:
1階2室(間取り・方角同一)約6畳
試験期間:
2017年6月5日~8月2日(58日間測定)
一般社団法人カビ予報研究室のカビセンサーを設置した2室でカライエ有無によるカビセンサーの菌糸レベルを比較

使い勝手にあわせて選べる4つの運転モード

自動 おすすめ
湿度目標 約60%
パワフル自動
湿度目標 約50%
ひかえめ自動
お部屋の温度、
湿度に応じて運転
ターボ
最大除湿運転

離れたお部屋、無人の家もスマホで遠隔監視(オプション機能)

離れた場所からお部屋の温湿度、運転状態、タイマー残時間が確認可能。

エラープッシュ通知お知らせ

機器エラー発生タイミングにプッシュ通知でお知らせします。

最新の1メッセージのみ表示
ご利用には別売の無線LAN接続アダプター(BRP087A42)ならびに専用アプリ(無料)のダウンロード、無線LANインターネット環境、スマートフォンなどの通信機器が必要です。
別売の無線LAN接続アダプター(BRP087A42)の設置には工事が必要です。(カライエ1台につき1台必要です)

冬場の除湿にも対応し、年間を通した運転が可能

梅雨の湿気はもちろん、冬場に壁や天井、家具を濡らす厄介な結露の発生も抑えられます。


停電に備えた自動復帰機能で、不在時も安心

停電後、通電と同時にもとの設定で自動的に除湿運転を再開。

その他の機能

お手入れ

約10分間、排湿ホース内を乾燥させます。長期間使用しないときなどに便利な機能です。

切タイマー

6時間、12時間、2週間から選択できます。

リモコン標準付属

ワイヤレスリモコン


湿気のたまりやすい
お部屋や留守宅にも

屋根裏部屋

空き家

ウォークインクローゼット

地下室

別荘

リゾートマンション

こんな場所にも

  • 物置や納戸、倉庫、ガレージ、衣装部屋、押入れ、レンタル倉庫、資料室、書庫など、物を収納する場所に。
  • 住居の北側の部屋や和室、サンルーム、山のふもとや川の近くなど、多湿な地域で湿気のこもりやすい場所に。

こんなシーン・お悩みに

湿気対策
(除湿、部屋干し)

梅雨対策

結露対策

カビ対策


仕様表

品名 住まい向け除湿乾燥機 『カライエ』
品番 JKT10VS-W
除湿方式 デシカント方式
定格排出水分量 10L/day ※1
定格運転音 40dB ※2
定格消費電力 320W
本体寸法 高さ299mm
幅 437mm
奥行190mm
使用温度範囲 -10℃ ~ 40℃
希望小売価格 オープン価格
電源 単相100V 平行プラグ
付属品 ワイヤレスリモコン、逆流防止ダンパーセット、
排湿ホース(径:φ51mm、長:2.5m)等
※1
定格排出水分量は排湿ホース長0.25mの場合に、室内温度27℃、相対湿度60%を維持する室内で運転したときの1日あたりの水分量です。(室内温度20℃、相対湿度60%のときは、7.3L/dayになります) ● 定格排出水分量は環境によって変化します。
※2
運転音はターボ運転時に本体前面、左側面、右側面、吹出口からそれぞれ1mの距離で測定した値を平均し、無響室換算したときの値です。 ● この仕様数値は50Hz・60Hz共通です。 ● 製品改良のため仕様の一部を予告なしに変更することがあります。

このWEBサイトに掲載内容は、改良のため予告なしに変更することがありますので、ご了承願います。
2019年10月現在の情報に準拠して掲載
ページの先頭へ