ページの本文へ

お客さま訪問シリーズ

No.463 純喫茶 デア 様

東京都北区

お客様一人一人が、これからも居心地よく過ごせるように

純喫茶デア様は、東京・赤羽で30年以上続く老舗の喫茶店。地元の方々の憩いの場として、毎日休まずお店を開けられています。
また、感染症対策としてアルコール除菌やアクリル板の設置などを実施。お客様に安心していただける環境作りにも努めておられます。
そして今回、新たに換気機器『全熱交換器ユニット ベンティエール 露出設置形』をご採用いただきました。

純喫茶 デア
店主 本橋八重子 様

ご採用の経緯

窓開け換気だけでは空気が動かない

窓を開けていれば換気できていると思って暖かい時期は過ごしてきましたが、秋から冬にかけては窓を開けっ放しにしての営業はやはり寒いですね。 それに、窓を開けているだけだと空気の流れが悪いようにも感じます。 うちのお店は喫煙できるので、タバコを吸われるお客様がたくさん来られたときには、タバコの煙が漂って空気が動いてないのがよくわかります。 換気扇も長年手入れができていなくて、汚れが溜まった状態で使い続けたせいか、故障してしまいました。

感染症対策はもちろんですが、このままではタバコを吸われないお客様にも、安心してお過ごしいただけないと思い、換気扇の交換を考えていました。 そこで、お店の設備で色々とお世話になっている(販売店の)ホシザキさんに相談したところ、「換気のことでしたらダイキンさんに話を伺いましょう」ということで紹介され、ベンティエールをご提案いただきました。

エアコンの設定温度が控えめで、電気代にも期待

ベンティエール設置後の冬場は、エアコンの設定温度が低め(1~2度下げて)でも対応できるようになりました。設置する前は、換気するたびに暖かい空気が外へ出て行くせいで設定温度を高めにしていたので、助かっています。
特に夏場は、風通しが悪くて湿気で蒸れることが多いので、冷房はかかせないです。 1年を通しても冷房を使う期間の方が長いので、日々の電気代にも期待できそうです。

お店の雰囲気に馴染むデザイン

露出設置形ということで、お店の雰囲気に合うのか心配していましたが、設置工事中にその不安は払拭されました。ダクトを天井の梁に沿って這わせたり、色を茶色にするなど、さまざまな工夫をしていただいて、お店の雰囲気を損なわずに設置することができ、とても満足しています。
お店を経営されているオーナーさんの中には、店の雰囲気を大事にされる方もたくさんいらっしゃると思います。 換気設備を設置することで、店の雰囲気が崩れてしまうのでは?と不安になる方も多いと思いますが、ベンティエールならそんな心配はないですよと、お勧めしたいくらいですね。

ご販売店様の声

ホシザキ関東株式会社 伊能呈 様

デア様が入られているビルは天井裏の懐が狭いため、天井埋込形ではなく露出設置形をご提案させていただきました。 また、お店の上階は小さいお子様がおられるご家庭とのことで、大きな音が出る工事は日中の早い時間に行うなど、工事段取りを工夫してスムーズな施工を心がけました。 さらに、機器の導入費用に関しては月々一定額のお支払いができるリースをご提案。 少しでも導入費用を抑えられるよう努めました。

イラストは図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。

IAQセンサー Beside(ビサイド)を使って換気診断を実施

ベンティエール設置前後で、CO2濃度を1週間ずつ計測

納入の概要

お客様

純喫茶 デア 様


納入設備概要

高効率換気設備 全熱交換器ユニット ベンティエール 露出設置形


マーケット

店舗

全熱交換器ユニット ベンティエール 露出設置形

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(680KB)

ページの先頭へ