ページの本文へ

お客さま訪問シリーズ
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.462 銀一スタジオショップ 様

No.462 銀一スタジオショップ 様

東京都中央区

換気機器の設置でお客様だけでなく従業員にも安心感を

銀一スタジオショップ
統括店長 山田浩一 様

銀一スタジオショップ様

銀一スタジオショップ様は、撮影機材の販売やレンタルを通して、映像制作に関わるあらゆる人達をサポートされています。 コロナ禍以降、窓開け換気や出入り口でのアルコール消毒励行など、感染症対策を行われており、さらに今回、換気機器『全熱交換器ユニット ベンティエール 天井埋込ダクト形』(2台)をご採用いただきました。(2021年1月)

ご採用の経緯

正面出入り口一箇所の窓開け(自然)換気に不安を感じていた。

1日の来店は何百人という訳ではありませんが、我々の商売ですと、商品がわかっている方はオンラインショップで購入されるのですが、わからない商品を聞きに来られたり、新しいことをやりたくて相談したいということで来店されるお客様も多いです。 そうなると、どうしても説明などで話が長くなってしまうのでお互い不安がありました。 窓開け換気といっても出入り口一箇所しかありませんので。

(コロナになって最初の)昨年の8月は特に暑かったので、エアコンはつけっぱなしで電気代も上がっていたと思います。 カメラという精密機器にとって湿気やカビは大敵である為、商品にも支障をきたすのではないかと不安でした。 そうした職業柄の事情も含めてなんとかしたいなと考えていたところでした。

換気しながらも室温が一定に保たれていることを実感

ベンティエールを設置してからは、私のデスク近くでも、吹出口からの風を感じられ、換気ができているというのがわかります。倉庫を流用した店舗で天井も高い為、空調が効く所、効かない所があったのですが、部屋の温度も一定に保たれるようになり、暑い寒いも感じなくなりました。 機器本体は天井につけてもらいましたので邪魔に全然ならず、換気していることをアピールできるので良かったです。
職場の環境を整えるということで、私含めてスタッフはありがたいなと思っていて、それはお客様にとっても有益なことなので、安心して来店していただける理由にもなると思います。

施工概要

導入機種 : VAM500HS×2台

店舗内の従業員とお客様の合計人数を最大30名とし、1人あたりの必要換気量を30m3/h(最大900m3/h)として計算。 風量500m3/hの機種を2台設置し、1,000m3/hの換気量を確保。

給気ダクトを約9m伸ばして、店内奥で給気。室内排気口に保護網を取り付け。1台はメンテナンススペースを内側に持ってくる為ベンティエール本体を天地逆設置。入り口側ガラス窓を窓パネルに変更し、屋外給排気口を設置。

納入設備概要

お客様

銀一スタジオショップ様

納入設備

高機能換気設備 VAM500HS×2台

マーケット

店舗

全熱交換器ユニット ベンティエール

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(940KB)

ページの先頭へ