ページの本文へ

お客さま訪問シリーズ
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.461 ほり皮フ科クリニック 様

No.461 ほり皮フ科クリニック 様

埼玉県川口市

患者様だけでなく、
スタッフにとっても安心で快適な空間づくりを目指しました。

お子様をお連れの方も安心して来院いただけます

~換気(給気)しながら加湿できる うるるユニット をご採用~

当院は埼玉県川口市の医療モール内に立地しています。開業以来、患者さんの目線に立つ事、質の高い医療を提供する事、そして地域に根差したクリニックになる事をこだわりとしています。

院長 堀 和彦 様

ご採用の経緯

換気対策だけでなく、冬場の乾燥も気になっていました。

●コロナ禍でもスタッフの健康管理や消毒、窓開け換気といった基本的な感染対策を行いつつクリニックを開いていました。混みあう時間帯は待合室が密になっていると感じており、患者さんが自主的に外に出て待つこともありました。

●また業務上リモートができないためスタッフの感染に対する不安感やストレスを何とか和らげるためにも、換気を強くしたいと考えていました。

●ちょうど空調機が更新時期になっていたこともあり、空調と換気に強いダイキンに相談したいと思い、ダイキンのホームページより最寄りのプロショップである明邦空調さんへ連絡をしました。

●メールでのやりとりは返信が早く、現場調査・工事日程についてもすぐに決める事ができました。休診日だけで工事ができるようにしていただき、とても助かりました。

●また冬場の乾燥で、肌は刺激に弱くなってしまうため、換気だけでなく加湿もできる「うるるユニット」を薦めていただきました。換気や加湿の仕組みについても丁寧に説明をいただけたので、ぜひ一番素晴らしいプランを採用したいと感じ、「うるるユニット」の導入を決めました。

今後の使用が非常に楽しみです。

患者様へのPRとしてご活用いただいています

スタンド型POP

●加湿については、現在4台運転している加湿器の水交換とメンテナンス作業がなくなりスタッフの負担が減ることを期待しています。換気については今後の医療機関の絶対条件になると考えています。設置場所の問題で今回は1台の取付だけでしたが、バックヤード向けの換気を従業員のために増設したいので、また明邦空調さんに相談をしたいと思います。

ご提案のポイント

お客様にご満足いただける安心・丁寧な仕事を心掛けております。

●ほり皮フ科クリニック様では、換気口から入ってくる外気が冷たいというお悩みを抱えていたため、既存の設備を活用しつつ、お客様のお困りごとを解決できるよう心掛けました。

●昨今、加湿の重要性が言われている中、クリニックへの最適なご提案として換気(給気)しつつ加湿ができる「うるるユニット」をお薦めいたしました。

●「うるるユニット」の新設にあたり、既存の換気口と既存ダクトを一部再利用し建物に負担をかけない施工をご提案させていただきました。

株式会社明邦空調 様

明邦空調様ご紹介

昭和56年有限会社明邦空調として設計・施工・保守を業務に取り入れ、都内・都内近郊を主に空調設備・電気設備の設計施工、アフターメンテナンス等に従事し、一般家庭用から業務用まで空調に関する全ての工事及びサービスを行っております。長い歴史と経験によるお客様にご満足いただけるプランをご提案させて頂きます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

納入の概要

お客様

ほり皮フ科クリニック 様


納入設備概要

  • うるるユニット(無給水加湿ユニット) HKCV11AV 1台
  • 天井埋込カセット形 ビルトインHiタイプ
    Eco-ZEAS (ツイン同時マルチ)SZRB280AD (10馬力相当)
    室外機:1台 室内機:2台

マーケット

病院・福祉施設

店舗・オフィスエアコン うるるユニット

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(1.6MB)

ページの先頭へ