ページの本文へ

お客さま訪問シリーズ
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.436 上高地あずさ珈琲 宝塚店 様

No.436 上高地あずさ珈琲 宝塚店 様

兵庫県 宝塚市

日常を感じさせないことも大事なんです。

上高地あずさ珈琲 宝塚店 様

上高地あずさ珈琲は、数多くのブランドで外食事業を展開する株式会社KRホールディングスが手掛けるカフェ&レストラン。2019年6月にオープンした宝塚店は、ゆったりとしたレイアウトながら客席は約130と比較的フロア面積の広い店舗となっており、ここをまかなう空調設備のひとつとして『スタイリッシュフロー』をご採用いただいています。

株式会社KRホールディングス
開発本部 店舗設計部
マネージャー
平松健治 様

“贅沢なひととき”を提供するために

上高地あずさ珈琲は山小屋風リゾートをイメージテーマとしており、来店されるお客様には“ちょっと贅沢なひととき”を過ごしていただきたいと考えています。そのため、内装や設備にもできるかぎり趣向を凝らして“非日常な空間”づくりを目指しています。

宝塚店はチェーンの中でも数少ない、居抜き物件を改装した店舗になります。他店と比べても天井が高く天窓も設けられているのですが、そんな条件下でも十分な空調を行って快適さを保てるように、黒の『スタイリッシュフロー』と『S-ラウンドフロー』も各2台ずつ、工夫しながら露出設置しています。

壁面から設置できるのも利点

『スタイリッシュフロー』を初めて見たのは、2019年2月に開催された展示会「国際ホテル・レストラン・ショー」ですね。これならご家庭に多い白の壁掛形と違って視界に入っても日常を感じさせることはありませんし、もともと天井から吊るタイプのようですが、工夫次第で壁面から設置することも可能とのことでしたので、この宝塚店で採用しました。

内観をできるだけ損なわないように、という点は実現できたと思っています。店づくりをする立場から言えば、黒のほかにもダークブラウンやライトブラウンといったカラーバリエーションがあればより選択肢が広がるなと思いますね。

株式会社KRフードサービス
上高地あずさ珈琲 宝塚店 店長
川岸瑞樹 様

ホコリが目立たないところもいい

『スタイリッシュフロー』は、この形状で黒のものが珍しいということもあり、一見してエアコンと判らないのがいいなと思います。また、露出していても吸込口・フィルターが下の面についていないため、ホコリが溜まって目立つということがないところも非常に助かりますね。

納入の概要

お客様

上高地あずさ珈琲 宝塚店 様

ご採用機器

スタイリッシュフロー 納入:FHUP80DG× 2台(2019年5月)


マーケット

店舗

店舗・オフィスエアコン スタイリッシュフロー

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(1.65MB)

ページの先頭へ