ページの本文へ

ガスヒートポンプエアコン

GHPエグゼアⅡ

GHPエグゼアⅡ
GHPエグゼアⅡ

省エネルギーニーズやピークカットニーズ、
大型機ニーズにお応えします

ひとつの機種で、都市ガスとLPガスの対応が可能になりました。(ガス種:13A、12A、い号プロパン)

超高効率ガスエンジンヒートポンプ GHP XAIR(エグゼア)Ⅱとは

「GHP XAIR」の「X」は、「究極の効率」や「無限の可能性」を、「AIR」は「快適な環境」、「快適な空調」、「AIR conditioner=空調システム」の意味をもちます。そして、「GHP」と「AIR」を合わせること(掛け算のX)によって、お客さまによりよい「空調」と「環境」を提供する次世代の「超高効率ガスエンジンヒートポンプ」であることを表現しています。
●エグゼア及びGHP XAIR(ロゴ)は、東京ガス、大阪ガス、東邦ガスの登録商標です。

■ GHPエグゼアⅡラインアップ※2(ガス種:13A、12A、い号プロパン※1

P450・P560・P710・P850形(16・20・25・30馬力) 単独設置タイプ 連結設置タイプ
標準シリーズ〈寒冷地仕様〉
ハイパワーシリーズ [発電機搭載型]
リニューアルタイプ・標準シリーズ〈寒冷地仕様〉
リニューアルタイプ・ハイパワーシリーズ [発電機搭載型]

■ 連結設置タイプの組合せ※2

  P450形(16馬力) P560形(20馬力) P710形(25馬力) P850形(30馬力)
P450形
(16馬力)

P450形×2台(32馬力)

P450形+P560形(36馬力)
P560形
(20馬力)

P450形+P560形(36馬力)

P560形×2台(40馬力)

P560形+P710形(45馬力)
P710形
(25馬力)

P560形+P710形(45馬力)

P710形+P710形(50馬力)

P710形+P850形(55馬力)
P850形
(30馬力)

P710形+P850形(55馬力)

P850形×2台(60馬力)

特殊仕様もご用意しております

●標準・耐塩害仕様  ●寒冷地仕様※3  ●寒冷地・耐塩害仕様※3

(注)
ガス種12A、寒冷地仕様、寒冷地・耐塩害仕様については弊社担当営業までお問い合わせください。
※1
工場出荷時初期設定のガス種は、都市ガス13A(12A)となります。ガス種がい号プロパンの場合は、現地で本体の設定切換と付属銘板の貼付けが必要です。
※2
GHPエグゼアⅡ同士の組合せのみ可能となります。
※3
寒冷地仕様についてはハイパワーシリーズの設定はございません。

低負荷運転領域の効率をさらに高めて、省エネ性能を向上

実際の建物での空調利用は、フル稼働(定格能力)は少なく、エアコンの能力をシチュエーションに応じてコントロールする部分負荷運転が大半です。そこで、GHPエグゼアⅡでは低負荷運転領域にも着目し、効率アップに向けた開発を行い、より実使用に近づいた値となりました。

APFp全機種1.8以上達成!※1.標準仕様の場合の値です。 APFp(期間成績係数)P450形:1.86 P560形:1.93 P710形:1.93 P850形:1.84 ※6標準仕様・都市ガス13A、い号プロパンの場合の値です。
※4
ハイパワーシリーズ〈発電なし〉の場合の値です。
※5
ハイパワーシリーズ〈発電なし〉・都市ガス13A、い号プロパンの場合の値です。

30馬力でも16〜25馬力(GHPエグゼア)と
同じ設置スペース

GHPエグゼア同様の1面メンテナンスを維持することで30馬力でも同一スペース内での設置を実現しました。

GHPエグゼア(P450~P710形)と同じ設置スペース! 設置面積:約4.39m2

高い設計自由度

第一分岐以降の配管長差、最遠配管長が拡大し、GHPエグゼアより設計自由度が向上しました。

設計自由度が向上イメージ


単相電源仕様も可能

3相200Vの電源がない場所でも単相200Vに変更可能です。

各階のベランダ設置が可能

機外静圧30Paに対応できます。

規定のサービススペースを確保してください。
実際の設置には、室外ユニット上部にダクト接続が必要です。
ガス機器防火性能評定品として定められた可燃物からの離隔距離を確保してください。

ガスヒートポンプエアコン 製品情報

製品ラインアップ

エグゼア及びGHP XAIR(ロゴ)は、東京ガス、大阪ガス、東邦ガスの登録商標です。
※1
ハイブリッド空調 スマートマルチは東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社、アイシン精機株式会社とダイキン工業株式会社の共同開発商品です。商標「スマートマルチ」は東京ガス株式会社の商標登録です。

2020年4月発行のカタログに準拠して掲載

ページの先頭へ