改正フロン排出抑制法2020年4月1日施行

機器をお使いのみなさま

業務用エアコンを廃棄する際には、フロン類の回収が必要です。

フロン類を充填回収業者に引き渡さず機器を廃棄すると、直接罰(50万円以下の罰金)が適用されます。
機器を廃棄する際には、必ず充填回収業者にフロン類の回収を依頼してください。

フロン類の回収依頼書または委託確認書の交付が必要です。

回収依頼書もしくは委託確認書を交付しない、もしくは虚偽記載して交付すると、直接罰(30万円以下の罰金)が適用されます。
必要な書面は記載事項が正しいことを確認してから交付してください。

回収依頼書または委託確認書と引取証明書の保存が必要です。

交付した回収依頼書または委託確認書と、引取証明書は3年間の保存が必要です。
交付した回収依頼書または委託確認書と、受け取った引取証明書は確実に保存してください。

ご販売店・施工会社さま

フロン類の回収が確認できない場合、業務用エアコンを引き取ることはできません。

引取証明書(写し)がない、もしくはフロン類が充填されていないことを確認せずに機器を引き取ると、直接罰(50万円以下の罰金)が適用されます。
機器の引き取りにはフロン類の充填がされていないことを必ず確認してください。

回収依頼書(写し)または委託確認書(写し)と引取証明書(写し)の保存が必要です。

回収依頼書(写し)または委託確認書(写し)と、引取証明書(写し)の保存が必要です。交付した回収依頼書(写し)または委託確認書(写し)は確実に保存してください。

充填回収業者さま

引取証明書(写し)の保存、および引取証明書の交付・回付・保存が必要です。

引取証明書の保存、引取証明書(写し)を交付・回付・保存が必要です。引取証明書(写し)が交付・回付されない場合、機器の引き取りはできませんので、必ず機器と一緒に引取証明書を交付・回付してください。

業務用エアコンを廃棄する際は、フロン類の回収と書類管理が必要なんだ!

機器廃棄時の行程管理の流れ

業務用エアコンの廃棄などを行う場合に、行程管理制度を使用します。
機器をお使いのみなさま(第一種特定製品の所有者)から、フロン類の引渡しを受託した者及び第一種フロン類充填回収業者さま等の間でフロン類が引き渡される場合には、回収依頼書を発行することにより、第一種特定製品の廃棄等を行う際にフロン類の回収が確実に行われるようにするのが行程管理制度です。
行程管理制度で使用する書面はフロン類回収に関わるみなさまでの管理・保存が必要です。

行程管理制度

回収依頼書 または 委託確認書。記入者:機器をお使いのみなさま(廃棄等実施者)

業務用エアコンなどの廃棄などを行う場合(処理などをご販売店・施工会社さまに委託する場合も含む)に記入し、写しを3年間保存する必要があります。

委託確認書。記入者:販売店・施工会社さま(取次者)

フロン類の引き渡しを充填回収業者さまに依頼する場合に委託確認書として記入し、写しを3年間保存する必要があります。

引取証明書、引取証明書(写し) または 確認証明書。提出者:充填回収業者さま

回収を依頼された充填回収業者さまが、フロン類回収後の引取証明書として使用します。
充填回収業者さまはこの書面を「機器をお使いのみなさま」と「ご販売店・施工会社さま(最終の取次者)」に交付し、3年間保存する必要があります。
フロン類の有無の確認を求められ、確認の結果、全ての機器が充填ゼロであった場合は、確認証明書を発行します。
充填回収業者さまは再生・破壊等の業者さまから再生証明書・破壊証明書の交付を受け、3年間保存する必要があります。

機器をお使いのみなさま(廃棄等実施者)がフロン類を販売店・施工会社さまに依頼する場合の流れ

機器をお使いのみなさまからご販売店・施工会社さま、ご販売店・施工会社さまから充填回収業者さまへの流れ

機器をお使いのみなさま(廃棄等実施者)が直接充填回収業者さまに引き渡す場合の流れ

機器をお使いのみなさまから充填回収業者さまへの流れ
機器点検の記録は、設置時から廃棄後も3年間保存が必要です。
フロン法対応も簡単!便利!な無料アプリ Dfct(デー ファクト)

「無料!」ダイキンフロン点検ツール Dfct(デー ファクト)なら管理・点検・保存をしっかりサポート!

[Point1]法令に必要な書類のデータ保存

機器廃棄(フロン回収)時の書類や
点検記録簿等をデータ化して保存することで、
必要な時に簡単に確認できます。

書類の保管場所にも困らないね

[Point2]らくらく機器管理

フロン点検に必要な機器データを
簡単に登録できます。

ダイキン製品ならスマホのカメラでラクラク入力

[Point2]かんたん簡易点検

3ヵ月ごとの簡易点検
結果は電子データとして
保存されるので管理も
スムーズです。

スマホでもOK!

法令に必要なフロン回収書類や
機器リスト、点検・整備記録簿等、
必要な時にいつでも印刷できます。

プリンタに簡単出力

動画

フロン点検ツールDfctのメリットと操作方法について、
わかりやすいムービーでご紹介しています。

Dfct(デー ファクト)動画ガイド
Dfct(デー ファクト)の詳細はこちら!
先進のIoT技術で、フロン法に対応した遠隔管理サービスもご用意 アシスネットサービス メーカー品質の定期点検 ダイキンのサービスエンジニアが訪問して点検。 アシスネットサービスの詳細はコチラ