ページの本文へ

業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)

「VRV X」とは?

省エネ、タフネスを極める。
外見も、中身も。そのすべてが新しい。

VRV X

さらに進化した「省エネ」

熱交換器を一新し、業界トップクラスのAPFを実現しました。

マイクロチャネル熱交換器 < 熱交換効率の向上 >

扁平多穴伝熱管の採用で高集積化が可能になり、熱交換効率が向上しました。
さらに、上吹き特有の風速分布に対応したパス構成で、性能ロスを最小限に抑えます。

VRV Xの能力別APF値※1
APF業界トップクラス
※1
APF(2015)の値で、算出条件はJIS B8616に基づきます。
従来の熱交換器
空気の流れ、冷媒の流れ
マイクロチャネル熱交換器の省エネ性の秘訣
空気の流れ、冷媒の流れ

冷媒が流れる伝熱管を扁平にすることで、伝熱管の周りを流れる
空気の流れがよくなり、熱交換効率がアップ。

新プロペラファン < 風量向上・低騒音化 >

バックアーチ翼の採用により、吹出した風の速度ムラを平滑にして、翼外側を流れる風の乱れから生じる音を抑制し、風量向上と低騒音化を図りました。

翼後縁がアーチ形状
従来のファン外側の風速が大きい/バックアーチ翼の内側風速アップで流れを平滑化

新型圧縮機 < 低負荷時の効率性向上 >

  • 最低回転数を拡大し、低負荷時の効率性向上
実省エネがさらに向上/Ve-upIVとの比較 約21% 年間省エネ

常に動き続ける「強さ」

もっと「頼りになるエアコン」に鍛え上げました。

新・タフネス冷房 < 高温時でも安定冷房 >

外気温が高くても安定の冷房能力を発揮
VRV Xシリーズは外気温度41℃まで定格能力をキープ
2013年8月12日、高知県江川崎にて41.0℃を観測(気象庁発表データより)
定格能力をキープする温度帯を大幅に拡大!
過酷な設置条件でも冷房し続ける
VRV Xシリーズは吸込温度 最大50℃まで運転継続

マイクロチャネル熱交換器 < 耐食性の強化 >

耐重塩害相当の耐食性を持つ熱交換器を採用しました。

マイクロチャネル熱交換器

電解コンデンサレス(フィルム)
インバーター < 長寿命設計 >

寿命低下の要因のひとつである電解コンデンサーを使わないことで、長寿命化を図りました。

基板の保全周期は変わりません。
従来機種 電解コンデンサー/新機種 フィルムコンデンサー

こんなときにも業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)


室内ユニットラインナップ

空間の用途や形状に合わせたベストな1台を。

室外ユニットラインアップ

時代をリードする高性能・高機能シリーズ

高層建築や地下街に<水熱源システム>

パワフル暖房と省エネ運転を両立<高暖房システム>

ピーク電力削減に<氷蓄熱システム>

学校や老健施設などに

小規模店舗や事務所などに

2018年8月発行の業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)総合カタログに準拠して掲載

ページの先頭へ