ページの本文へ

業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)

ビル用マルチの基礎知識

1982年、ダイキン工業から国産第1号が誕生しました。
常に時代のニーズに応えながら、省エネルギーで快適なビル空調を目指し、いまや省エネ個別空調の代名詞ともいえるダイキンのビル用マルチ(業務用マルチエアコン)。
その基本特長をご紹介いたします。

汗だくの残業をなくした「ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)」(1号機)

ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)とは

1台の室外機で、容量の異なる複数の室内機を個別に運転できる『異容量接続・個別運転マルチ』です。

全室内機の合計機器容量=室外機の機器容量

説明図

業務用エアコンとの違い

同じパッケージエアコンの範疇ですが、
商店舗や戸建事務所を対象とするのが業務用エアコンとするなら、
ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)は主に3000m2以上の中大規模建物を対象とした『省エネ個別空調システム』です。

冷媒配管自由度が高い

広範な建物用途に柔軟に展開できるよう、冷媒配管長の許容範囲が大きくなっています。

業務用エアコン

ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)

異容量の室内機を個別に運転

業務用エアコンにも1台の室外機で複数の室内機を運転するマルチシステムがありますが、『同容量接続・同時運転マルチ』であり、『異容量接続・個別運転マルチ』のビル用マルチ(業務用マルチエアコン)とは、内容も目的も大きく異なってきます。

●ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)
  • 必要な部屋だけを個別に空調できます
  • 同じ空間でも窓際と廊下側で運転状態が変えられます

説明図

●業務用マルチエアコン(同容量接続・同時運転マルチ)
  • 広い空間や変形空間の温度・気流ムラを解消できます
  • 部分的な空調は行えません
  • 部分的な負荷に関係なく、主機の運転状態に全室内機が従います。

説明図

  • 異容量接続:能力(容量)の異なる室内機が混在した接続が可能
  • 同容量接続:能力(容量)が同じ室内機のみ接続が可能
  • 同時運転:接続された各室内機が全て同じ状態に運転制御
  • 個別運転:接続された各室内機を個別に運転制御

室外機と室内機の電源が別々

業務用エアコンは室外機が電源とつながり、室外機から室内機に給電しますが、ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)は室外機と室内機がそれぞれ別の電源となります。ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)は必ずしも全ての室内機が動いているとは限りませんので、室外機と電源を分けています。

業務用エアコン

ビル用マルチ(業務用マルチエアコン)

こんなときにも業務用マルチエアコン(ビル用マルチ)


室内ユニットラインナップ

空間の用途や形状に合わせたベストな1台を。

室外ユニットラインアップ

時代をリードする高性能・高機能シリーズ

高層建築や地下街に<水熱源システム>

パワフル暖房と省エネ運転を両立<高暖房システム>

ピーク電力削減に<氷蓄熱システム>

学校や老健施設などに

小規模店舗や事務所などに

ページの先頭へ