ルームエアコントップ > こだわりインタビュー

LINEUP大型家電量販店取扱商品ぴちょんくんのお店取扱商品
こだわりインタビュー
「お手入れ簡単」「省エネ」に絞ったエアコン購入計画インテリアとしてこだわるエアコンはシンプルさ第一
機能性とデザイン性を兼ね備えた空間に配置するエアコン快適空間にエアコンを描くということ
こだわりインタビュー
「お手入れ簡単」「省エネ」に絞ったエアコン購入計画
 
 
イメージ1
32歳の主婦・田口みどりさん。現在はご主人と1歳半になる娘さんの3人暮らし。昨年一戸建てを郊外に購入され、家
事に、子育てに、仕事にと忙しい毎日を過ごされています。そんな大奮闘の毎日で、投資・財テクや節約・省エネなど
お金のやりくりにも関心のあるしっかり者の奥さま。そんな奥さまが昨年エアコンを購入する際にこだわったポイント、
今使っている感想をお伺いしました。
 
   
 
「省エネ」を一番に考えたエアコン購入計画
しっかり者の奥さまが一番にこだわったのは「省エネ」。
引越しを機に考えたポイントは、広くなったリビングをしっかり冷やしつつ省エネタイプのエアコンを探すことでした。
「昨年一戸建てを購入して、その時に新しいエアコンの購入を考えました。
新しいリビングは14畳くらいあって、以前使っていたエアコンが6畳用
だったので、それよりも容量の大きいものを探さないといけなかったんで
す。しかもキッチンも一緒になったリビングなので、食事の支度などの火
を使いながらも、部屋の温度を下げるには、もうワンクラス上のものを買
わないといけないんじゃないか、ということでいろいろ探しましたね。

機能の面でいろいろ欲しい点はあったんですが、一番重視したのは『省
エネ』。ランニングコストは抑えたいですよね。リビングは常に人が集まる
ところだからイイものを買いたいっていうのもありつつ。これからのお金
のことも気になるし、やっぱり子どもが小さいっていうのもありますし。
子どもが今、1歳だから、自分はまだ働かずに家にいればいいんじゃない
かって言われたりもするんだけど、とりあえず動けるうちに動いて。しっ
かりお金を貯めて、運用して、ガッチリ(笑)儲けたいんです」
省エネ
イメージ2
 
   
 
「お手入れの簡単さ」も重要ポイント   これも省エネにつながる!
最近のエアコンは構造が複雑になりつつありますが「お手入れがしやすい」のは重要なポイントですよね。
快適な空気を生み出すためには清潔に保つことが一番です。
「『省エネ』と、もうひとつこだわったのは『手入れがしやすい』こと。
フィルターをちゃんと掃除しないと冷房効率って落ちるんですよね。フィ
ルターがキレイじゃないと、エアコンって効かなくなる。また冷房効率の
面以外にも、清潔さも気になったところ。小さい子どもへの影響もあるけ
ど、それ以前に、実は夫婦ふたりとも花粉症だし、アレルギー体質なんで
すよ。なのでフィルターはなるべくこまめに掃除して清潔にしておきたい。
だから、掃除がしやすいように分解しやすくて戻しやすいものを選びまし
たね。

あと、エアコンって長い間使わないとカビが出来て、カビ臭くなったり
するじゃないですか。それはイヤなので、簡単に掃除したいし、エアコン
自身でキレイになる機能があれば、より良いですよね。それにダイキンの
エアコンは、お掃除時を教えてくれるっていう機能も付いているのが良い
ですね。エアコンの掃除ってマメにしたいと思っていても忘れがちだから」
パワフル給気換気
光触媒チタンアパタイトフィルターでしっかりキャッチ&分解
カビショック運転&カビないスティック
知っトクナビリモコン (お手入れ・電気代)
イメージ3
 
   
 
家族の生活の中で見えてくる快適エアコンライフ
お子さまが小さい間は、家族の生活が子ども中心になりがち。
ダンナさまも不規則な生活をされているそうですが、そんな時もエアコンは役立ちます!
「いま子どもが小さいから洗濯物が多いんですよ。保育園から汚れ物をたくさん持って帰ってきて、これからの梅雨時
は特に干すのが大変だと思うんですよね。でも『ランドリー機能』があれば、湿度をコントロールして、部屋で干しても
短時間で乾燥できるみたいだから、これから使ってみようと思っています。

あと、夫は交代勤務の仕事なので、昼間帰ってきて寝ることが結構あります。昼間の3・4時間でも快適に眠れるとい
いでしょうね。昼間寝すぎて疲れて、その疲れを取るためにまた夜寝る、というパターンになってしまうと、時間がもっ
たいない。昼間の仮眠がしっかりできると、夜また本を読んだり勉強したりできて時間が有効に使えるのでいいですよね」
快眠機能
 
   
 
冷えすぎないあなたに優しい湿度コントロール
部屋が快適な湿度に保たれることが、日々の生活をより快適にしてくれます。
うるるとさららは、これを自動的にやってくれるのです。

「これからは、子どもの体のことも心配です。大人でも、部屋でエアコ
ンを使っていて、下がりすぎた温度のまま体が慣れてしまったら、外に出
た時に温度差がありすぎて体調が悪くなったりすることを考えると、冷え
すぎるエアコンもよくないなぁと思ってしまうんです。子どもは最初の1
年は無理して外に出さない方がいいというのも聞くし、2歳になる今年が
大切というところもあるので、気を使います。だから除湿方法を切り替え
て、快適な室温のまま温度を下げるっていう機能は魅力的です。

私自身は鈍感であんまり気にしないんですが、というか気にしないとい
けない年頃だと思うんですが、この美肌機能って結構注目ですよね。友達 の話でも、乾燥しやすくてすぐカピカピになるとか言ってますし。乾燥し
すぎないというのは嬉しい機能だと思います。

私自身そんなに肌に気を使わないと言いつつも、冬の間は加湿器を使っ
ていました。以前住んでいた家では、壁紙とかふすまの紙がふにゃふにゃ
になったりしてましたね。加湿したいけど効きすぎるのもあんまりだなっ
て。適度にならないのは困りものですよね。それを考えるとこの加湿機能
は嬉しい。

いちいちコントロールしなくても、勝手にコントロールしてくれる機能
が、しかも省エネであれば、主婦としては大満足です(笑)」

いつでもさらら除湿
うるる加湿
美肌運転
イメージ5
田口みどり(たぐち・みどり) 
大学院卒業後、会社勤めを経て、結婚、主婦に。
朝は5時起床で、9時から夕方5時まで働き、
家事も子育てもこなす忙しい毎日を送りながら、
経済関係に興味アリ。TVやセミナーで勉強中。
自己研磨に励むパワフルママ。
 
[an error occurred while processing this directive]