ページの本文へ

業務用換気機器
気流のアイコン気流のアイコン

気流

用途に適した換気を選べば、空気が変わります。

機械で行う換気には3種類の方式があります。

第1種換気

給気、排気ともに機械換気で
コントロールするため、
必要時に安定した風量を換気できます。

たとえば、「オフィスビル」ならの図

第2種換気

給気を機械換気、排気を自然換気で行う方式です。外からの汚れた空気の侵入を防ぎ、広い空間でもクリーンな環境を保てます。

たとえば、「工場」ならの図

第3種換気

給気を自然換気、排気を機械換気で行う方式です。室内で発生するニオイや水蒸気などを、他のエリアに広がる前に排出します。

たとえば、「飲食店」ならの図
ベンティエールはこんなこともできるよ

「第1種換気」の給気と排気の比率を調整すれば、
意図的にバランスを変えるフレッシュアップ運転も可能です。

給気フレッシュアップ運転
たとえば「コンビニエンスストア」ならの図
給気量を多く設定して
室内を正圧に保つ運転です。

入口開閉時に外気の侵入をブロックすることで、ホコリの流入を抑えて、清掃の手間を抑えます。

たとえば「コンビニエンスストア」ならの図
排気フレッシュアップ運転
たとえば「会議室」ならの図
排気量を多く設定して
室内を負圧に保つ運転です。

室内の汚れた空気や湿気を他の部屋に拡散するのを防ぎます。

たとえば「会議室」ならの図

2018年11月発行のカタログに準拠して掲載

ページの先頭へ