空調(総合) 空調(総合) ご家庭 店舗・オフィス 空調製品一覧 お客様サポート

「ふたりの老人ホームをつくろう」何気ない主人の言葉にびっくり。

兵庫県姫路市 H様邸

お子様たちの独立をきっかけに、ご夫婦だけの「暮らしやすい家」を新築されたH様ご夫婦。おふたりが選ばれたのは平家建で、床も温度もバリアフリーのオール電化住宅でした。

納入設備 エアコン+温水床暖房ホッとく〜る
家族構成 ご夫婦おふたり
購入前の課題 ファンヒータを使用しても冬が寒いこと
安心と快適性を考慮したい

住みなれた愛着のある我が家。でも、私たちには寒すぎました。

 新築される前のお住まいは、昭和42年に建てられた木造家屋。断熱性や気密性が低く、石油ファンヒーターを使っても冬は寒かったそうです。

 そこで、将来を考え、ご夫婦が快適に安心して暮らせる家“老人ホーム”をつくろうと、ご主人が提案されたのが「オール電化住宅」でした。

床も温度もバリアのない家。特に、床暖房にはこだわりました。

 新居では、床も温度もバリアフリーという考えから、火を使わない安全性の高い床暖房にこだわられました。ご夫婦にちょうどいい広さの今の家で、暖かさと安心を手に入れられました。

体にやさしい温水床暖房。息子が勧めてくれました。

 新築に合わせて、エアコンと一体になったダイキンの「ホッとく〜る」を勧められたのが、設備工事会社に勤務されている義理の息子さん。「火を使わず、空気を汚さない温水床暖房は、安全で体にやさしい」との提案に、ご夫婦が納得し、採用されました。

小さな孫にもわかるのですね、心地よい暖かさ。

 「暖房というのは暖かさはもちろん、何よりも心地よさが大切なのですね」と言われる奥様。小さいお孫さんが訪ねて来られるたびに、フロアの上で素足になり遊んでおられるそうです。

リビングに掘りごたつ。暖かさと楽しさがこみあげてきます。

 冬のくつろぎは、ご夫婦にとってこれが何より。コタツに入って、おふたりで暖かな冬の暮らしを楽しんでおられます。

キッチンも足元からポカポカ。

 床の冷え込みもなく、快適な調理タイムに奥様もご満足のご様子。しかも、キッチンの床スペースもスッキリして、バリアフリーに役立っています。

ページの上部へ戻る

次のストーリーへ

広島県福山市 S様邸

床座は日本人の古くからの生活習慣
下から温もる床暖はピッタリですね。

広島県福山市 S様邸