ページの本文へ

店舗・オフィスエアコン

特長・機能

省エネ基準値クリア※1
軽量・コンパクト化を実現!

アルミを素材としたダブルマイクロチャネル熱交換器の採用で軽量化と高効率化を図り、省エネ基準値クリア※1で軽量・コンパクト化を実現しました。

※1.
天井埋込ダクト形(標準タイプ、高静圧タイプ)、マルチフロー(ショーカセ)、大規模店舗用、床置形、厨房用エアコンを除く。

設定温度が控えめでも、心地いい。

しっかり除湿で心地いい
「除湿冷房」運転

NEW

蒸し暑さを感じにくい快適空間をお届け。

これまでの冷房運転は設定温度に達した場合、サーモオフ(送風)運転に入るため、十分な除湿ができずに蒸し暑さを感じることがありました。
新搭載の「除湿冷房」は、ダイキンの新たなしつど制御技術により、設定温度に到達後も、お部屋のしつどが高い場合は除湿運転を継続します。


しつどコントロールで「快適ゾーン」をキープ

設定温度控えめでも快適。

「除湿冷房」では、温度としつどを両方見て、快適ゾーンを維持するようにしつどを優先して制御します。
同じ室温でも、しつどを下げることで体感温度も下がるので、設定温度を控えめにすることができます。


「温度」と「除湿レベル」を同時に設定可能

好みに合わせて除湿ができる。

これまでのドライ運転では温度もしつども設定できなかったため、梅雨時などに肌寒く感じても 調整することができませんでした。
新搭載の除湿冷房運転では、温度設定に加えて3段階の「除湿レベル」も設定できます。

●冷房運転
温度は設定できるが、しつどはなりゆき。

●ドライ運転
温度も除湿レベルも設定できない。

除湿レベル弱

冷えすぎを抑えたい場合にお使いください。

除湿レベル中

おすすめの設定です。

除湿レベル強

しつどをとにかく取りたい場合にお使いください。

※.
除湿冷房運転時は、除湿を優先するため、設定温度よりも室温が下がる場合があります。
〔除湿冷房運転について〕
●室内外条件により除湿レベル変更による除湿量に差異がでないことがあります。 ●再熱除湿方式ではありませんので室温の低下があります。 ●除湿冷房を選択時、風量は自動となります。 ●ワイヤレスリモコンを使用の場合、本機能は無効となります。 ●SSRC80BCV/Tにおいて、室内温度24℃、室内湿度60%、外気温度24℃の恒温室で連続運転したとき、除湿量4100cc/h、顕熱能力4.0kW。

部屋の形状や条件に応じて快適な空調を実現

風向個別設定

S-ラウンドフローの場合、
4つの吹出口ごとに風向を個別に設定することができます。

個別設定一覧
  • 個別なし(風向自動)
  • ポジション0(一番上目)
  • ポジション1
  • ポジション2
  • ポジション3
  • ポジション4(一番下目)
  • スイング

上記のうちから個別に設定可能

風向個別設定を使えば、場所によって風向きを調整できます。

ダイキンオンリーワン快適さを損なわずに節電を実現

スマート学習節電

毎日の運転を学習して当日のピーク消費電力を予測し、実使用に即したピークカット運転を自動で行います。
使うたびに最適な節電運転に進化する、かしこい制御です。

※1.
店舗・オフィス用エアコン。過去の運転データから予測されたピーク消費電力を100%としてピークカットを行う機能において
詳しくは業務用リモコンサイトをご覧ください

待機電力低減

運転停止中にシステムの待機電力を低減することができます。
停止後に無操作の状態が約10分続くと自動的に「待機電力低減モード」に入ります。

メニューリストで「有効・無効」が選択できます。
(注)
「待機電力低減の設定について」は、 WEBカタログをご参照ください。
ページの先頭へ