ページの本文へ

店舗・オフィスエアコン

ペアとマルチ

必要台数を決める前に知っておきたいペアとマルチについて

室外機と室内機の組合せ方

室外機と室内機、このような組合せ方があります。
店舗・オフィスエアコンには大別して組合せ方は3つのパターンがあります。

シリーズ ペア 同時運転マルチ 個別運転マルチ
組み合わせ 室外機 1台 1台 1台
室内機 1台 2~4台 2~4台
リモコン 1個 1個 2~4個

ペアシリーズは、こんなところに

空調面積の広いところにペアシリーズを用いると、室外機台数が多くなり設置スペース確保が問題となります。
空調規模が比較的小さなところや、既設のエアコンでは能力不足気味のところに追加設置する場合などに、ペアシリーズをご採用ください。

同時運転マルチシリーズは、こんなところに

間仕切りのない広めのワンフロアーを、室内機1台のみを設置すると温度ムラが生じやすくなります。そのようなところには同時運転マルチシリーズがおすすめ。室内機を分散設置することで快適気流が室内すみずみまで広がります。(分散設置した室内機は同時ON・OFFとなりますので、間仕切りされた所では使用しないでください)
小型のペアシリーズを複数台設置するのに比べ、室外機が1台で済むため、省工事・省スペースのメリットも生まれます。

個別運転マルチシリーズは、こんなところに

飲食店の個室(小部屋)や、パーティションで間仕切りされたオフィスなど、エアコン運転時間の異なる(在室・在席時間が異なる)ところには、個別運転マルチシリーズがぴったり。各室内機ごとにON・OFFできるため経済的な個別空調が可能です。
小型のペアシリーズを個別に複数台設置するのに比べ、室外機が1台で済むため、省工事・省スペースのメリットも生まれます。(個別空調が必要で、空調規模が大きいところは、ビル用マルチVe-upシリーズをおすすめします)

ページの先頭へ