ページの本文へ

ダイキン工業株式会社

ダイキン独自の「ストリーマ技術」

ストリーマ技術の紹介です。

●試験用ストリーマ装置による実証結果です。実機・実使用空間によるものではありません。

ストリーマ技術の紹介です。

●試験用ストリーマ装置による実証結果です。実機・実使用空間によるものではありません。

ダイキン独自の「ストリーマ技術」

それは、公的機関で実証された、空気清浄技術です。

※2017年3月現在 ストリーマ放電により酸化分解力を持つ分解素を生成する技術において。

酸化分解力を生み出すメカニズム

※イラストはイメージです。

ストリーマが高速電子を放出

空気中の窒素や酸素と衝突・合体し分解力を持つ4種の分解素を生成

分解素により分解力を生み出す

100,000℃の熱エネルギーに匹敵する酸化分解力を発揮

※実際に高温になるわけではありません。

公的機関で実証されています

試験対象 試験機関
カビ (一財)日本食品分析センター
アレル物質 花粉系アレル物質 和歌山県立医科大学
生物系アレル物質
カビ菌系アレル物質
小麦粉
有害化学物質 アジュバント(DEP) 山形大学
アジュバント(VOC) 東北文化学園大学
アジュバント抑制効果 和歌山県立医科大学・国立環境研究所
ホルムアルデヒド 東北文化学園大学

除去可能なアレル物質 全30種類

花粉系アレル物質
スギ花粉/ハンノキ花粉/シラカンバ花粉/ヒノキ花粉/エンピツビャクシン花粉/ラクウショウ花粉/ヨモギ花粉/カモガヤ花粉/ブタクサ花粉/ハルガヤ花粉/オオアワガエリ花粉/オオバコ花粉/ブナ花粉
カビ菌系アレル物質
ススカビ/コウジカビ/カワキコウジカビ/クロカビ/アカカビ/アオカビ

小麦粉

生物系アレル物質
ヤケヒョウヒダニ(フン・死骸)/コナヒョウヒダニ(フン・死骸)/ワモンゴキブリ(フン)/チャバネゴキブリ(フン)/ノミ(フン)/イヌ上皮(フケ)/ネコ上皮(フケ)/ハムスター上皮(フケ)

除去可能な有害化学物質 全19種類

ディーゼル粉塵(DEP)

排ガス系の有害化学物質
NOx/テトラクロロエチレン/ベンゼン/トリクロロエチレン/ジクロロエタン/ジクロロメタン/クロロホルム
VOC系の有害化学物質
ホルムアルデヒド/iso-ブタノール/ヘキサン/スチレン/ノナン/トリメチルベンゼン/キシレン/ナフタリン/エチルベンゼン/トルエン/酢酸エチル
特許件数105件

一般財団法人 室内環境学会 主催
平成19年度 室内環境学会研究発表会 大会長奨励賞 受賞
家庭用空気清浄機のホルムアルデヒド除去性能に関する研究

一般財団法人 静電気学会主催
2005年度 静電気学会賞・進歩賞 受賞
直流ストリーマ放電を利用した住宅用空気清浄機の開発

一般財団法人 室内環境学会 主催
平成19年度 室内環境学会研究発表会 大会長奨励賞 受賞
家庭用空気清浄機のホルムアルデヒド除去性能に関する研究

一般財団法人 静電気学会主催
2005年度 静電気学会賞・進歩賞 受賞
直流ストリーマ放電を利用した住宅用空気清浄機の開発

特許件数105件
ページの先頭へ