ページの本文へ

ダイキン工業株式会社

サーキュレーション気流と垂直気流の組み合わせで、
冬も夏もお部屋全体の快適性がさらに進化。

冬 風があたりにくい垂直気流で足元からあったか暖房 天井付近の暖気をかくはんするサーキュレーション気流 風がからだにあたりにくく床暖房のように足元からあたたかい垂直気流
夏 サーキュレーション気流×垂直気流でお部屋全体をすばやく※冷房 気流をまわしてお部屋全体を快適にサーキュレーション気流 2つの気流のコンビネーションですばやく※温度ムラを抑える NEW 窓からの熱でできた温度ムラを少なくする垂直気流
当社環境試験室(14畳)にて測定。試験機:AN40URP 設定温度26℃ 外気温35℃サーキュレーション気流(風向自動)+垂直気流と 風向上向き気流でそれぞれ冷房運転を行い、室内の温度分布が1℃未満になるまでの時間を比較。サーキュレーション気流+垂直気流 :17分 風向上向き気流:約55分

搭載機種

ページの先頭へ