ページの本文へ

ルームエアコン

代表的な機能からエアコンを探す

  • 垂直気流

  • ◎

  • ◎

  • ―

  • ―

  • ―

  • ◎

  • ―

  • サーキュレーション
    気流

  • ◎

  • ◎


  • 天井気流
    (風ないス運転)

  • ―

  • ―

  • ◎

  • ―

  • うるる加湿

  • ◎

  • ―

  • ―

  • ―

  • ―

  • ―

  • ―

  • さらら除湿

  • ◎

  • ◎

  • ◎


  • 9段階セレクトドライ


  • 9段階セレクトドライ

  • ◎


  • 9段階セレクトドライ

  • 高暖房

  • ◎

  • ◎

  • ―

  • ―

  • ―

  • ◎

  • ◎

  • プレミアム冷房

  • ◎

  • ◎

  • ◎

  • ―

  • ―

  • ◎

  • ―

  • 快適
    エコ自動

  • ◎


  • 快適自動運転
    (人感センサー)


  • 快適自動運転

  • ―

  • ―


  • 快適自動運転
    (人感センサー)

  • ―

  • タフネス

  • ◎

  • ◎


  • 冷房のみ


  • 冷房のみ


  • 冷房のみ

  • ◎

  • ◎

  • おそうじ

  • ◎

  • ◎

  • ◎

  • ◎

  • ―

  • ◎

  • ―

  • 音声お知らせ

  • ◎

  • ◎

  • ―

  • ―

  • ―

  • ◎

  • ―

  • スマートフォン対応*

  • ◎

  • ◎

  • ◎

  • ◎


  • ※6

  • ◎


  • ※6

※1
当社試験。当社環境試験室(洋室14畳)で測定。外気温度7℃/設定温度22℃/風量「自動」/風向上下「自動」で暖房運転を開始。設定温度到達後、従来気流と垂直気流(足元風向設定・入)で運転した際、エアコン設置壁面から3m、床面から1mの位置での1秒間の風速を比較。対象機種(垂直気流)2017年AN40URPと同等機種(2016年AN40TRP):0.2m/s、従来機種(従来気流)2015年AN40SRP:1.2m/s ビューフォート風力階級表における風力0(風速0.3m/s以下)に相当。●設置環境や運転条件等により、風速は異なることがあります。●運転開始後、床面が一定温度に達するまでは、空間暖め気流(斜め吹き)、下吹き気流を吹き出します。●屋外気温が低い場合や、床があたたまっていない場合は、垂直気流に移行しない場合があります。また、床温度や室温が下がってきた場合は、垂直気流が解除されます。●カーテンレールなどの上に取付けの際は、運転時のフラップ可動範囲を確保した上で設置してください。
※2
快適エコ自動で設定温度「適温」時、および除湿冷房時。
※3
当社比 当社独自の比較による。暖房運転開始後、設定温度に到達するまでの時間を比較。対象機種 2017年AN40URPと同等機種(2016年AN40TRP)約16分、従来機種 2015年AN40SRP 約32分。スタート時の室温:7℃、設定温度:22℃、設定風量:風量自動、測定ポイント:室内機から6m位置の平均室温、部屋の広さ:当社試験室(14畳)、外気温:7℃、外気湿度:86%、事前運転(余熱運転)なし ●実使用時の立上時間は、条件により異なります。
※4
【比較条件(消費電力量は能力により異なります。)】Rシリーズ(加湿ホース長4m)において、快適エコ自動運転風向上下自動時の場合[(暖房)22℃/50%・6.17kWh、(冷房)28℃/50%・7.78kWh]と冷暖房運転[(暖房)25℃設定・6.71kWh、(冷房)26℃設定・10.79kWh]それぞれ、実測データに基づき室内温度安定時の16時間運転の当社試算値を、日本工業規格(JIS C9612)、日本電機工業会規格(JEM1426)に準拠して比較。 【環境条件】集合住宅(鉄筋)洋室、南向き中間階、換気回数0.5回/h、天井高さ2.4m/部屋容積55.4㎥相当。JISに基づき算出された期間消費電力量とは異なります。(省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議での決定事項より)
※5
サービスのご利用にあたっては、専用アプリのダウンロード(AndroidTMスマートフォンはGooglePlayTM、iPhoneはAppStore)が必要です(アプリは無料です)。
※6
別途遠隔制御P板セットが必要です。
ページの先頭へ