ページの本文へ

ルームエアコン
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. ルームエアコン(大型家電量販店取扱商品)
  4. ダイキン史上最高品"湿"。うるさら7 2018年11月発売
  • うるさら7

ダイキン史上 最高品 "湿"

AI運転で湿度コントロールが進化

※写真、イラストはイメージです。

※1
家庭用エアコンにおいて当社独自の無給水加湿技術を採用。
※2
一般の加湿器とは加湿方法が異なるため加湿量は外気条件により変化します。外気温度-10℃以下でかつ外気相対湿度が20%以下の場合は加湿運転できません。

垂直の暖房気流で、足元からあたたかい

暖かい空気が壁を伝い、床に流れるように広がっていく垂直気流は、足元から快適にお部屋をあたためます。人に直接風が当たらずお肌も乾燥しにくいのが特徴です。

画像は試験のため煙とレーザー光線を用いて気流を可視化したものです。

画像は試験のため煙とレーザー光線を用いて気流を可視化したものです。

気流をまわして、お部屋全体を快適に

天井に沿って気流をまわすサーキュレーション気流。人に直接風があたりにくく、お部屋全体をムラなく空調するので部屋中どこにいても快適です。

画像は試験のため煙とレーザー光線を用いて気流を可視化したものです。

画像は試験のため煙とレーザー光線を用いて気流を可視化したものです。

 

2019年モデル新機能

しつどまで制御。AI快適自動運転。

しつどまで制御。AI快適自動運転。

床・壁温度センシング

回転式の人・床・壁センサーを搭載。前方9m/左右160°のワイドな検知範囲を生かし、床や壁の温度(輻射熱)など、快適性に影響を与える空間の「熱」をセンシングします。

好みの運転を記憶・学習

過去に操作した運転内容の履歴をエアコンが記憶。運転傾向から使う人の好みを学習し、快適運転に役立てます。※停止直前の運転内容(好みの状態)の履歴を記憶します。

センシング&記憶学習で、部屋中を快適に

AI快適自動運転NEW
床・壁の温度(輻射熱)を捉えて、快適な自動運転を行います。

センシングで室内の床・壁の温度(輻射熱)を検知・推測し、エアコンが記憶した過去の運転内容(好みの運転)も参考にしながら自動運転。
さらに、ダイキン独自の加湿/除湿コントロールも含めて、空間全体が肌寒さや暑さを感じにくい快適運転を行います。

これまでの自動運転(暖房時)

床温度センシング(固定センサー)

空間の温度・しつどは快適になっても、床・壁から輻射熱が伝わり、状況によっては肌寒く感じることがありました。

当社環境試験室(14畳)屋外温度7℃、室温7℃時において。 温度設定:適温、風量・風向自動 2018年AN40VTRXP

AI快適自動運転(暖房時)

床・壁温度センシング(可動センサー)

床・壁温度を検知して、輻射熱を推測。内容を判断し、ダイキン独自の加湿コントロールと合わせて、空間全体が快適な自動運転を行います。

当社環境試験室(14畳)屋外温度7℃、室温7℃時において。 温度設定:適温、風量・風向自動 2019年AN40WTRXP

     
外の環境が変化しても快適。

壁温度が変化しても、AI快適自動が判断して快適

降雪などで急激に壁温度が下がる
日差し(太陽熱)などで壁温度が上がる
     
夏も床・壁温度を判断して、涼しく。

床・壁の温度から輻射熱を推測し、除湿運転と合わせて、部屋全体が涼しく感じる自動運転を行います。

床・壁の温度が、快適運転に影響?

エアコンが思い通り快適にならない・・・それは、床・壁の輻射熱が原因かもしれません。輻射熱は太陽熱など風や温度の影響を受けずに直接伝わる熱(熱線)のこと。AI快適自動運転はこの輻射熱も推測して快適な運転を行います。

ダイキンのAI運転は、
「センシング」+「記憶学習」

エアコン内蔵のセンサーが検知した室内環境(温度・しつど・床・壁温度)と運転履歴から、使う人が好む快適性をエアコンが総合的に判断して、自動運転を行います。


しつど・温度コントロールで、涼しく。

しつど・温度コントロールで、涼しく。

プレミアム冷房

設定温度到達後も、蒸し暑さを感じにくい。

しつどをコントロールする「デシクル制御」と温度をコントロールする
「ピット制御」を組み合わせ、エアコンが設定温度に達した後も
蒸し暑さを感じにくい、快適な冷房運転をお届けします。

しつどコントロールのイメージ
シーンを選ばない しつどコントロールで、快適に

寒くなりにくい快適除湿

さらら除湿(新・ハイブリット方式)NEW(9.0kWクラスは除く)
シーンに合わせて、快適に。

温度を下げる除湿と寒くなりにくい除湿、室温を下げない除湿、3つのモードを使い、運転はじめから室温が安定した後まで、シーンを選ばず、快適除湿を行います。

  • 一般社団法人 日本冷凍空調工業会による再熱除湿方式ではありませんので室温の低下があります。(使用環境により異なります。)

(当社条件)室内温度28℃、室内湿度60%、外気温度28℃の恒温室で連続運転。吹き出し温度26℃、除湿量590cc/h、消費電力130W(AN40WTRXP)。条件や設定によっては設定温度や設定湿度に到達しない場合があります。
(一般社団法人日本冷凍空調工業会基準)室内温度24℃室内湿度60%、外気温度24℃外気湿度80%の恒温室で連続運転。吹き出し温度22℃、除湿量420㏄/h消費電力120W(AN40WTRXP)


ダイキンは、放電・洗浄で、内部をキレイに。

放電 ストリーマの酸化分解力で、キレイに

ストリーマ内部クリーンDTHPロゴ

…エアコン内部のカビを抑制。
…エアコンのイヤなニオイも抑える。

熱交換器や気流の通路に、ストリーマを照射。
さらに送風運転で乾燥させて、内部のカビやニオイを抑えます。

内部クリーンの対象部位は、熱交換器および気流通路です。

    
    
 
カビ菌の繁殖抑制比較
 

冷房運転4日目の
カビの菌糸長

    

測定条件:試験室6畳 試験機AN22WTRXS 一般社団法人カビ予報研究室のカビセンサーを設置した室内機で内部クリーン運転の有無によるカビセンサーの菌糸レベルを比較。 環境条件:室温27℃ 湿度70% 冷房運転時間8時間/日で14日間測定。 試験機関:一般社団法人カビ予報研究室 試験報告書No180901

清浄 汚れにくい熱交換器で、キレイに

セルフウォッシュ熱交換器
3層コーティングで、汚れにくく、腐食に強い。

台所等の油汚れが多い場所や美容院など、薬品の付着が激しい場所でお使いの場合、別途熱交換器の洗浄が必要になる場合があります。


無線LAN接続アダプター内蔵NEW
R、A、DXシリーズ

スマホなどとつなげて、もっと便利な暮らしに。

しつどみはり運転NEW

不在時など、しつどの「増えすぎ」を見張って自動除湿。


2018年度グッドデザイン賞を受賞。新フォルムの室内機

2018年度グッドデザイン賞を受賞した
新形状の室内機

      

フラップ周囲にラウンドパーツを設け、フラップが開いた状態でも美しい佇まいを維持。
センサーや表示部をラウンドパーツの内側に配置し、煩雑さを軽減。
無線LAN接続アダプターを標準で内蔵し、機器の別設置が不要。

GOOD DESING

公益財団法人
日本デザイン振興会
2018年度グッドデザイン賞受賞
(住宅設備機器部門)
受賞対象機種:R・A・DXシリーズ(2019年モデル)


室外機の「強さ」も、ダイキンの魅力です。

室外機の「強さ」も、ダイキンの魅力です。

300以上の厳しいテストをクリア!

雨、風、暑さ、寒さ、そして揺れ。すべてをクリアした製品をお客様にお届け。
ダイキンエアコンの信頼性は、鍛え抜かれた性能に裏付けられています。

※3
東北地方太平洋沖地震・新潟県中越地震・阪神大震災の波形データをもとに、震度7を想定して測定。
掲載内容は弊社耐候試験のものであり、実際の使用とは異なります。
実際の台風や豪雪、地震時での性能を保証するものではありません。

詳しい製品情報はこちらへ

Rシリーズ
ページの先頭へ