ページの本文へ

  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.422 日本エフ・ティ・ビー株式会社 様

No.422 日本エフ・ティ・ビー株式会社 様

埼玉県 川口市

工場の省エネ計画の中で、 熱源機の効率・信頼性アップを図るために
モジュールチラーを採用しました。

高い精度と品質が求められるOA機器用精密部品や各種電子部品などの樹脂製品を製造・販売。50年に渡るノウハウと最新技術を駆使して、金型設計からトータルに展開。剛性・強靭性を兼ね備えた樹脂素材「エフライト」の自社開発など、可逆性、硬化性の両樹脂成形の分野で多様なニーズに対応され、特に鉄道信号用端子盤やOA機器用精密部品の分野においては国内外のお客様から高い信頼を集めていらっしゃいます。

日本エフ・ティ・ビー株式会社 様

日本エフ・ティ・ビー(株) 生産管理部
部長代理 川崎 勝利 様

ご採用の経緯

安定した冷却が、製品品質に直結。
だからこそ信頼性の高い熱源機が必要。

●樹脂製品の高い精度・品質を維持させるには射出成形を安定した水温(14℃)で冷却する熱源設備が必要不可欠です。

●また、弊社は土日を除いて24時間操業のため、熱源設備の耐久性・信頼性も重要な要素と言えます。

●今回、工場の省エネ計画を進める上で、老朽化した熱源設備を更新しました。

●既設設備は屋外設置型の水冷チラー2台とクーリングタワーだったのですが、効率性とともに維持管理の容易さから、空冷チラーへ方式を変更。

●長年、私ども工場設備の省エネ化をお手伝いいただいている正栄空調設備さんからのご提案もあって、ダイキン・ヘキサゴンフォースを採用いたしました。

●採用のポイントは1番に省エネ性。低負荷時の運転効率に優れている点ですね。操業中の大半は中~低負荷、現実的な省エネ性が気に入りました。

●第2のポイントは信頼性。熱源機が故障しては操業が滞ってしまいます。
その点ヘキサゴンフォースはユニット内が4つの回路で独立し、相互でバックアップ運転ができるので、一部に不具合が生じても運転を継続してくれる、この安心感が良いですね。

省エネ効果だけでなく、製造品質もアップし、満足しています。

●実際に稼働させてみて更新前に比べ電気代が下がったことが一番ありがたかったです。

●水冷から空冷に変わり、クーリングタワーの水質管理などもなくなり管理の手間も軽減。

●熱源機の更新と一緒に冷水配管内の清掃も行い流量も上がったのもあるのでしょうが、樹脂製品の仕上がりが以前に比べて良くなったと聞いています。

●省エネ効果が上がり、手間が軽減。その上で、生産現場からの評判も上々。おおいに満足しています。

ご提案のポイント

信頼に応えられる設備づくりと、万全のサービス体制が大切です。

(有)正栄空調設備
代表取締役 依田 雅毅 様

●日本エフ・ティ・ビー様とは長いお付き合いをさせていただき、ここ数年は工場の省エネ計画にも参加させていただいております。

●省エネ化はもちろん重要ですが、当社としては同時に製造品質の向上も図るといった付加価値提案が必要です。

●その点、ヘキサゴンフォースは低負荷に強いだけでなくインバーター制御による負荷追従性にも優れ、±0.5の高精度な水温管理で製造品質の向上にも貢献できたと思います。

●バックアップ運転機能で機器としての信頼性を確保する一方で、24時間対応のダイキンさんのサービス体制も重要なセールスポイントだったと思います。

●機器、体制の両面でお客様の信頼性に応えてくれるからこそ、私どもも自信を持ってダイキン製品をご提案できるのです。

●おかげさまで、今回のヘキサゴンフォースにとどまらず、工場空調用に耐久性・効率性に優れた工場用ZEASもご採用いただいております。

2台の水冷チラーとクーリングタワーが撤去され機器スペースは大幅に縮小。

ヘキサゴンフォースを遮音壁で囲い近隣への騒音対策に配慮。

(有)正栄空調設備様ご紹介

高い信頼性のもと十数年の実績を持つダイキン特約店。空調設備にとどまらずエアーコンプレッサーや電気工事など、工場設備の設計・施工を手掛ける一方で、補助金を活用した省エネ提案も得意とする提案力も兼ね備えた工場設備の専門家集団です。

(有)正栄空調設備様

納入の概要

  • ヘキサゴンフォース モジュールチラー

お客様

日本エフ・ティ・ビー株式会社 様

設備概要

熱源機

ヘキサゴンフォース(冷専仕様) :WXA1500FL(50馬力)×1台

用途

射出成形機への冷水供給(14℃)

更新時期

2018年7月

マーケット

工場

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(769KB)

ページの先頭へ