ページの本文へ

  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.354 大阪府大阪市 あべのハルカス 様

No.354 あべのハルカス 様

大阪府大阪市

業界をリードする、
優れた省エネ性と施工性。

60F展望台フロアに、百貨店フロア、それぞれに最適なカタチで、快適な空間を叶えています。

地上300m日本一の超高層ビルと称される「あべのハルカス」。未来を発信する立体都市として、最先端の技術を集結し、省エネ性をはじめ、環境性、デザイ ン性などに配慮した次世代型の複合ビルです。百貨店、ホテル、オフィス、美術館、展望台と多彩な施設が設けられ、ダイキンは名所の一つである展望フロア 「ハルカス300」の回廊部と、百貨店フロアの売場部分の空調を担当しました。「あべのハルカス」の目指す省エネ性と環境性に適し、また施工の自由度が高 い「ビル用マルチ」と「ファンコイルユニット」を導入し、それぞれの空間において目的に合った快適な空調をお届けしています。

業界トップクラスの省エネ性に、多彩な形態に対応できる機種と施工性。日本一の超高層ビルに相応しい、ハイクオリティーな快適空調を実現しています。

60F ハルカス300(展望台)/天上回廊

空冷ヒートポンプパッケージエアコンである「ビル用マルチVe-up」を導入。

地下の熱源から300m以上離れているため、搬送エネルギーを低減し、多様な負荷に応えられるタイプを採用。

また、360度、足下から天井までガラスを配したフロア設計により、吹き出し口は天井にスリット方式で施し、視界を遮らないような工夫がされています。

56F 室外機室

「ビル用マルチVe-up」の室外機は、地上270mあたりに位置する56Fの屋内スペースに設置。効率よく外気を取り込み、熱を逃せるように開口部の半 分にのみガラス窓が取り入れられています。さらに、室外機の上部から開口部へと専用ダクトを設け、室外機の熱を外へ排出。室外機散水「スカイエネカット」 も導入し、冷却効果を高め、より省エネ運転を図っています。

あべのハルカス近鉄本店

あべのハルカス近鉄本店の売場には、「ファンコイルユニット」を導入。省エネ性はもちろん、フロアの雰囲気を保ちつつ、きめ細かな空調が行えることをポイ ントに選ばれました。また、高性能な大温度差コイルの採用により、循環水量の軽減が図られ、設備の省工事化・小コスト化が行えるのも大きな特長のひとつです。

納入の概要

お客様

あべのハルカス 様

所在地

大阪府大阪市

納入機器

ビル用マルチ Ve-up
ファンコイルユニット

※上記事例及びご採用機種は2014年9月現在のものです。

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(592KB)

ページの先頭へ