ページの本文へ

  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.274 神奈川県川崎市 野川寿司 様

No.274 野川寿司 様

神奈川県川崎市

きめ細かな風で、お客さまも、職人も、そしてネタも快適。センシングフローは寿司店のためのエアコンですね。

有限会社 野川寿司
代表取締役 上岡 伸二 様

ご採用のポイント

いい店づくりに徹底的にこだわりました

昭和42年に父の輝次が創業して以来、初めての新築移転ということもあり、内装から什器までいい物を揃えるようにしました。カウンターも前の店に据え付けていた、天然木の一枚板を移設したくらいです。

4つの小上がり席、12のテーブル席、6つのカウンター席。
どこでも気持ちよく寿司を味わえる

新店一番のこだわりは空調でした

とくに旧店では、空調にいろいろと難点があったので、エアコンにはこだわりました。

  • 冷房時は設定温度以上に冷え過ぎるので、除湿運転にして扇風機を回していた。
    反対に暖房時は暖気が床まで届かず、ストーブの補助暖房が必要だった。
  • 吹出口に面した壁際は冷え過ぎ、真下の通路側は空調が効かない。
  • カウンター席は行灯に当たった冷気がストンと降りて寒い。
  • カウンターの中は風が届かず暑く、風を強めるとすぐにネタが乾き、シャリが冷める。

こうした問題をなくしたいと思っていたところ、中央エアコンの平山社長からEco-ZEAS80を提案いただきました。

1台のエアコンで隅々まで快適に

希望する快適空間をつくるには複数のエアコンが必要かな?とも考えていたのですが、機能性の高いEco-ZEAS80なら1台で十分と言われたのです。もちろん1台ですむなら、そのほうがよい。機械代も工事代も全然違いますからね。

  • 4つの吹出口それぞれの風向をリモコンで簡単に変えられるから、温度のムラが解消できる。暖房時は床面の温度を測って温度を自動調整するから、足元から暖かい。
  • 人がいると風がよけて吹くから、エアコンに近いカウンター席も快適。カウンターの中も風が直接当たらないから、ネタの乾きやシャリの冷めが起こらない。
  • 人を検知して自動で設定温度を調整するから、お客さまが多くても少なくても快適さが維持できる。

味のサービスに専念できます

人がいないと自動的に省エネモードになるから、朝8時の仕込みから夜11時の閉店まで長時間運転していても安心です。以前のように温度調整やオンオフ操作に手がとられないから、美味い寿司を握ることに専念できます。まさに寿司店向けの空調設備ですね。
エアコンは6月8日のオープンから運転していますが、暑いとか冷え過ぎだとかの声はまったく聞きません。夏場がこれだけ快適ですから、冬場もこれまで以上の快適さになると、省コストの効果も含めて大いに期待しています。

すぐれた機能を理解してもらえました

有限会社 中央エアコン
代表取締役 平山 正明 様

相談を受けたとき、まず思いついたのが新製品のEco-ZEAS80でした。センシングフローをはじめ、数々のすぐれた機能がお役に立つと思ったのです。一方、上岡社長もネットで集めた情報を検討しながら、このエアコンの良さを正確に理解されたことが、満足のいく設置につながったと思います。これから他の方に勧めるときも、機能を納得していただくことが大切ですね。

お客様の概要

住所: 神奈川県川崎市

新装開店した当店で、ゆっくりお鮨をお召しあがり下さい。

ご販売店様の概要

販売店名:有限会社 中央エアコン
担当エリア:関東エリア

ご販売店様ウェブサイト

納入の概要

お客様

有限会社 野川寿司 様

所在地

神奈川県川崎市

納入機器

Eco-ZEAS80
天井埋込カセット形
センシングフロータイプ
SZZC140BAG×1

※上記事例及びご採用機種は2010年9月現在のものです。

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(567KB)

ページの先頭へ