ルームエアコントップ > ダイキンのひみつ

LINEUP大型家電量販店取扱商品ぴちょんくんのお店取扱商品
ダイキンのひみつ
ダイキンのひみつ
「人」と「空気」のあいだに、いつも「ダイキン」
 
 
ダイキンは2004年に創業80周年を迎えました
ダイキンは2004年に創業80周年を迎えました。
1924年に創業し、1951年に日本ではじめてエアコンを開発して以来、今日までたどったダイキンの歴史はそのまま空調技術の発展、すなわち空気ソリューションの歴史といっても過言ではありません。   冷媒開発から空調機器開発までを行う世界唯一の空調メーカーとして、「空調」と「フッ素化学」の技術を幹に新しい豊かさの創造に挑戦しています。
冷媒開発から空調器機開発までを行う世界唯一の空調メーカー
ダイキンはエアコンには欠かせない冷媒となるフルオロカーボンガス(フロンガス)も
一貫して開発・製造しています。地球温暖化や環境の問題へもいち早く取り組んできま
した。 また2000年には、これまであった研究部門を分社化し、ダイキン空調技術研
究所を設立。いっそうの省エネルギー化や快適な空調環境の創造をはじめ、空気質の向
上につながる脱臭・換気・調湿技術など、より先進的な空調システムを生み出すための
研究を行っています。 専業メーカーならではの開発体制、そして、80年に渡り培って
きた技術で、よりよい商品づくりを目指しています。
ぴちょんくん
 
   
「人」と「空気」のあいだに、いつも「ダイキン」
 
 
世界初の無給水加湿機能などを備えた『うるるとさらら』
1999年、世界初の無給水加湿機能などを備えた『うるるとさらら』は、ダイキンなら
ではの技術により登場。画期的なエアコンとして、業界はもとより、お客さまからも注
目を浴びました。 2004年2月には、「高性能を、うすく、うつくしく。」をキーワー
ドに奥行きわずか15cmの薄型スタイリッシュ高性能エアコン『UX』を発売。 そして
2004年11月、ダイキン独自のコンパクト化技術により、幅798mmの『うるるとさ
らら』Rシリーズが誕生しました。専業メーカーだからこそ、洋室はもちろん、和室に
もすっきり、高機能ながら、買い換えにも安心なコンパクトサイズを実現することがで
きました。
うるるとさらら

ダイキンエアコンのあゆみ
1924年   合資会社大阪金属工業所を創立
1933年   フッ素系冷媒の研究に着手
1934年   メチルクロライド式冷凍機の試作に成功。「ミフジレーター」冷凍機と命名し生産開始
1936年   南海鉄道へ我が国初の電車冷房の試験用として「ミフジレーター」冷凍機を納入
1938年   国産初のフルオロカーボン式冷凍機の生産を開始
1951年  
パッケージ形エアコンを生産開始 パッケージ形エアコン
1956年   南極観測船「宗谷」の船室暖房用に暖気缶(熱交換器)を納入
1958年  
わが国初のロータリーコンプレッサーを搭載した家庭用ルームエアコンを発売 わが国初のロータリーコンプレッサーを搭載した家庭用ルームエアコン
1962年   総合技術研究所を開設
1963年   「大阪金属工業株式会社」を「ダイキン工業株式会社」に社名変更
1969年   室外機1台で多室冷房が可能なルームエアコン<マルチ>を発売
1975年   空気清浄機「クリエール」を発売
1982年  
国産初のビル用マルチエアコン開発 国産初のビル用マルチエアコン
1987年  
超高層インテリジェントビル(梅田センタービル)に各階個別制御可能なビル用マルチエアコンを納入 各階個別制御可能なビル用マルチエアコン
1993年   業界初、業務用空調機をオンラインで24時間状態監視する「エアネットサービスシステム」を開発
1994年   業界初、全ての国内空調生産工場で「国際品質保証規格ISO 9001」認証を取得
1995年   業界初、スイングコンプレッサーの採用で省エネ効果を高めた小型ルームエアコンを発売
1998年   オゾン層を破壊しない新冷媒R410Aを採用したルームエアコンの販売を開始
1999年  
世界初、無給水加湿方式で湿度も調整できるルームエアコン「うるるとさらら」を発売 うるるとさらら
2000年   研究部門を分社化し、ダイキン空調技術研究所ほか3社を設立
2003年   世界初の実用化「光触媒チタンアパタイト」フィルター開発
空気中のインフルエンザウイルスを捕捉する鶏卵抗体バイオフィルター技術を開発
2004年   ダイキン工業 創業80周年を迎える
 
[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]