ページの本文へ

ビル統合監視盤 D-BIPS
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. ビル統合監視盤 D-BIPS
  • エネルギーを見える化 ビル統合監視盤 D-BIPS 管理点数3072点 室内機最大2048台 設備最大2048点

    エネルギーを見える化 ビル統合監視盤 D-BIPS 管理点数3072点 室内機最大2048台 設備最大2048点
    エネルギーを見える化 ビル統合監視盤 D-BIPS 管理点数3072点 室内機最大2048台 設備最大2048点

VRV・全熱交換器・チラー・ファンコイルユニット・ エアハンドリングユニットなどのダイキン製品はもちろん、他設備も取り込み一元管理が可能です。

D-BIPSはシンプルなシステム構成と運用しやすさを実現しました。

空調機をダイレクトで取り込み、データをビル運用に最大限活かします。
空調メーカならではのきめ細やかな空調制御を実現します。

※1
監視用パソコン(サブ)は3台まで設置可能です。
※2
BACnet対応規格は電気設備学会仕様IEIEJ-G-0006:2006となります。
※3
オプションの按分機能による計算の場合は、D-BIPステーション(サブ1~8)にメータを最大16台接続できます。
本データによる料金計算は計量法によるものではありませんので、公的取引には適用できません。

空調のプロだからできる充実のシステム

簡易なシステム構成

空調メーカー独自の
導入メリット

●省工事・省メンテナンス

空調機とダイレクトに接続。
機器のもつセンサー情報を活用し
設置工事を削減。

      

高度な空調機能

機能を追求し実現した
快適性と使いやすさ

●デマンド制御

8段階の遮断レベルと穏やかな電力制御
の組み合わせで、快適性を維持して
電力ピークをカット。

      
●料金管理

室内機ごとの空調負荷を監視、
運用実態に即した課金が可能。

      

空調機運用の見える化

空調機を知りつくした
省エネ設計

●空調Navi

空調機が持つ各種運転情報を
ダイレクトに取り込めるから室内機単位で分析、
対策までアドバイス。

      

2018年2月発行のビル統合監視盤カタログに準拠して掲載

ページの先頭へ