ページの本文へ

セントラル空調・産業用チリングユニット

天井埋込カセットシリーズ

最適な吹出方向を選択可能。より省エネのECOシリーズもラインアップ。

天井埋込カセットシリーズの製品写真

ファンコイルユニット / 天井埋込カセットシリーズ / FWJC・FWHC

ラウンドフロータイプ:360度全周吹出しで、温度ムラを軽減。ドレンポンプや2方弁をFWJC機には標準搭載、お客様が必要な機能を標準化した、今までとは違うオールインワンタイプのファンコイルユニットです。

  • 空気清浄機能であるストリーマ機能搭載可能
  • DCモーター採用のECOシリーズにて大幅な消費電力削減を実現
  • 省工事&省コストが図れる大温度差空調も対応可能

ECOシリーズ

独自技術と長年のノウハウを持つダイキンが、二次側空調機の省エネ技術を進化させた「ECOシリーズ」をさらに拡充しました。
快適性を高め、省エネ性能も向上させることで、 " あらゆる建物を心地よく、ECOに。
時代が求める空調のカタチに、ダイキンのファンコイルユニットが、また一歩近づきました。

ECOシリーズはDCモーター搭載

全領域で優れた回転効率を発揮するDCモーターをファンモーターに採用。

低風量ほど効率性アップ

中~低速域運転時ではさらに電力節約

省エネルギー設計のDCモーターを採用

モーターは巻線とローターの磁力の相違によって回転します。ACモーターはローターに磁力を発生させるために電力を使用しますが、DCモーターはローターに永久磁石を使用することで、この電力を大きく削減できます。

モーター断面構造とモータの写真

ACモーター搭載の標準シリーズと比べ、消費電力を大幅削減

天井埋込カセット形の製品写真
天井埋込カセット形の場合
[1方向吹出形][2方向吹出形]
消費電力

最大   55%   削減
(5℃差時比較)
268W   ACモーター仕様12形

121W   DCモーター仕様12形

年間電力使用量

265kWh/台削減※1
(5℃差時比較)
385kWh/台   ACモーター仕様12形

120kWh/台   DCモーター仕様12形

※1
FWHC12型(60Hz)において年間運転時間2500時間(H:250時間、M:500時間、L:1750時間)で試算。

ECOシリーズは大温度空調に標準対応

搬送エネルギーを抑える大温度差空調対応機を標準ラインアップ

循環水量の低減で、大幅な省エネ・省工事化が図れます。

3タイプをラインアップ

温度差5℃の標準コイルの他、温度差7℃対応の低水量コイルと温度差10℃対応の大温度差コイルを搭載した専用機を揃え、システム全体の省エネ・省工事に貢献します。

標準コイル※(Φ9.5伝熱管)、低水量コイル(Φ7伝熱管)、大温度差コイル(Φ7伝熱管)
天井埋込カセット形ラウンドフロータイプはφ7.0伝熱管です。

専用設計の大温度差/低水量コイル

  • 水路断面積の半減で1/2水量でも管内水速を維持し高熱伝達を実現
  • 細径管専用高性能ルーバーフィンで空気側熱伝達率を向上
  • 伝熱管の高集積化及びフィン枚数増加により伝熱面積を拡大

循環水量を抑え、省エネ・省工事が図れる大温度差空調

標準システムでは熱源機とファンコイルユニットの間を出入口温度差5℃で水を循環させますが、この温度差を大きくすることで、循環させる水量を抑えることができ、送水ポンプの小型化や省電力化など、搬送動力が低減でき、システム全体の省エネルギー化が図れます。

標準コイルの場合
熱源機からファンコイルユニットとの温度差が5℃
大温度差コイルの場合
熱源機からファンコイルユニットとの温度差が10℃
循環水量が抑えられるから
ポンプ・配管・バルブ類の
小型化
配管工事の
省力化
ポンプ搬送動力を
低減

製品情報

ラウンドフロータイプ

ラウンドフロータイプの設置例写真
マイルドな360°全周吹出しで、室内の隅々まで快適空間を演出。
  • 独自の全周吹き出しで、低風速ながらも死角のない気流分布を実現
  • 高い設置自由度で、設置場所に合わせて吹出しパターンを自在に変更
ラウンドフロータイプの製品写真
●専用化粧パネル
専用化粧パネル(フレッシュホワイト、ホワイト、ベージュ、ブラック)

1方向吹出形 / 2方向吹出形

1方向吹出形 / 2方向吹出形の設置例写真
2種類の吹出パターンで、部屋に合わせた快適を。
省エネ性能が一層高まりました。
  • モーター、出入口温度差、吹出口などの選択肢を広げたラインアップ
  • 対向流式、冷却管の細径化を採用した新型熱交換器により、業界トップクラスの高い冷却能力を発揮。
天井埋込カセット形ラウンドフロータイプの製品写真

その他のファンコイルユニット

ページの先頭へ