ページの本文へ

セントラル空調・産業用チリングユニット

熱源機器:空冷ウォーターチリングユニット

空冷ウォーターチリングユニット DCインバーターチラー

多様なプロセス冷却用途に応える幅広い設定温度範囲で、
高精度な水温制御を実現。

空冷ウォーターチリングユニット DCインバーターチラー

空冷ウォーターチリングユニット
DCインバーターチラー / UWAXP-B

DCインバーター制御と独自の送水温度制御による細かな容量制御が無駄を抑えた運転を実現。4~25℃の幅広い水温制御範囲での温度設定が可能で、様々な水温ニーズにこの1台で対応できます。

  • ±0.5℃の高精度な温度制御
  • 低負荷での特性に優れ、年間消費電力を大幅に削減。
  • プロセス冷却用途に多い冷水温度15~25℃においてダントツの冷却能力

DCインバーターで高精度・省エネルギー

インバーター制御なら、機械の稼働状態や周囲環境により大きく左右される負荷変動にキメ細かく対応。安定した水温供給と省コスト運営を同時に実現できます。

負荷変動時の圧縮機の動き ※下記は運転イメージです。

ON/OFF制御のチラー、ON時 : 必要以上に運転してしまう、OFF時 : 全く運転しないので、温度が不安定 ON/OFF制御のチラー、ON時 : 必要以上に運転してしまう、OFF時 : 全く運転しないので、温度が不安定

ON/OFFを繰り返すため、送水温度が不安定になり、消費電力のムダも生じていました。

DCインバーターチラー、常に必要な分量だけを運転します。 DCインバーターチラー、常に必要な分量だけを運転します。

負荷に応じて自由に追従できるため、 送水温度が安定し、ムダな電力消費を抑えます。

大幅なコストダウン

格段の省エネ効果で電気代をカット
年間電気代比較(15HP)
約28%削減、10年間で約124万円のコスト削減

試算条件
運転月日:12ヶ月 25日/月 運転時間:1日10時間 冷水出口温度:20℃DB
電気:東京電力 高圧電力A (2014年5月1日現在)

優れた温度管理

±0.5℃の高精度で品質安定に貢献
水温管理の運転イメージ
キメ細かい温度制御
±0.5℃内で水温が安定
対応力の広さも強み
4℃の冷水供給も可能。25℃までの中温ニーズにも対応。−15℃の厳冬期でも安定運転。

中温域で高能力

ニーズの多い中温域・冷水出口温度15~25℃で高い冷却能力を発揮

定格負荷時COP特性(15HP)

※50/60Hzで一定負荷39.9/43.4kWでのCOP(ポンプ消費電力を含む)〈UWAXP375BR〉

中温域で効率アップ
中温域で効率アップ

中温域で高能力だから、1ランク小型化も可能

冷却能力比較 (外気温度35℃・50/60Hz)

冷水出口 温度 機 種 DCインバーターチラー 当社従来標準機 (ノンインバーター/UWAH-A) 冷却能力アップ率
15℃ 5HP 18.1/18.1kW 10.6/11.7kW 171/155%
8HP 28.4/30.8kW 16.0/19.2kW 178/160%
10HP 35.1/36.4kW 21.1/23.3kW 166/156%
20℃ 5HP 19.4/19.4kW 11.9/12.9kW 163/150%
8HP 32.7/35.6kW 18.0/21.0kW 182/170%
10HP 37.9/38.8kW 23.8/25.7kW 159/151%

施工性向上

  • 据付スペースは当社従来機比約40%削減。※1サービススペースも含め、大幅な削減が可能(UWAXP375B)。
  • 更新時にも容易に対応できるコンパクト設計。15HP機種までエレベーター搬入可能。※2
  • タンクの小型化など。周辺設備の簡略化で、設備費の削減も図れます。
DCインバーターチラー、周辺機器の簡略化が図れます
※1
現行機種UWAXP375Bと従来機種UWAJ375Aの比較
※2
13人乗りエレベーター(JIS 4301-1983:間口900・奥行1350・高さ2100mm)。
ページの先頭へ