ページの本文へ

セントラル空調・産業用チリングユニット

熱源機器:空冷ヒートポンプチラー

冷温水同時取出形 空冷ヒートポンプチラー【チェスバック】

冷却排熱を有効活用した熱回収技術で、
冷暖房負荷に応じた冷温水を省エネルギーに同時取出できる冷温水同時取出形。

冷温水同時取出形 空冷ヒートポンプチラー【チェスバック】

冷温水同時取出形
空冷ヒートポンプチラー【チェスバック】 / UWRYP-G

中間期に冷暖房ニーズが混在する建物や年間冷房ゾーンが混在する建物に適した空調熱源機です。
冷却排熱を加熱エネルギーとして再利用する省エネシステム。大温度差空調にも対応できる出入口温度差10℃の大温度差取り出しも可能です。

  • 総合エネルギー効率に優れた熱回収方式。排熱を熱源として再利用し必要な冷温水を効率良く同時供給
  • 大口径化した電動三方弁により、循環冷媒の抵抗を大幅軽減
  • 冷却と加熱を1システムで行え省設備

省エネを実現する5つのモード

モード 冷媒系統 解説 圧縮機 三方弁(PID制御)
吸入側 吐出側
冷房
主体
モード
冷房
専用
運転
冷房のみ
冷房のみの図
吐出側三方弁が全閉、吸入側三方弁が全開状態となり、通常のヒートポンプチラーの冷却運転と同じ冷媒サイクルで冷水だけを供給します。 冷水出口温度を検知して連続容量制御 全開 全開
冷房
主体
熱回収
運転
冷房>暖房
冷房>暖房の図
吐出側三方弁が開度制御(PID制御)され、吸入側三方弁が全開状態。空気側熱交換器が凝縮器となり冷媒サイクルのバランスを取りながら、冷温水を同時に供給します。 全開 温水出口温度を検知して開度制御
完全熱回収
運転
冷房=暖房
冷房=暖房の図
吐出、吸入双方の三方弁とも全開状態となり、冷却と加熱の負荷が完全に釣り合っている状態では空気側熱交換器は不要。水冷方式の冷却運転の冷媒サイクルで冷温水を同時に供給します。 冷・温水の 出口温度を 検知して 連続容量制御 全開 (冷・温水の出口温度を検知してモード移行を決定)
暖房
主体
モード
暖房
主体
熱回収
運転
冷房<暖房
冷房<暖房の図
吐出側三方弁が全開、吸入側三方弁が開度制御(PID制御)されます。空気側熱交換器が蒸発器となり冷媒サイクルのバランスを取りながら、冷温水を同時に供給します。 温水出口温度を検知して連続容量制御 冷水出口温度を検知して開度制御 全開
暖房
専用
運転
暖房のみ
暖房のみの図
吐出側三方弁が全開、吸入側三方弁が全閉状態となり、通常のヒートポンプチラーの加熱運転と同じ冷媒サイクルで温水だけを供給します。 全開 全開
ページの先頭へ