ページの本文へ

セントラル空調・産業用チリングユニット

納入事例

ご覧になりたい事例をお選びください

鉄鋼・金属加工

加工工程での摩擦熱などの冷却に。
加工精度の安定化と作業の安全性を確保。

鉄鋼・金属加工業界のトレンド

電子機器の高集積化や精密機器の小型化、高性能化にともない、それら製品の素材となる各種金属製品はもはや顕微鏡レベルの微細な加工精度を要求されます。こうした中、金属加工に使われる切削油の冷却やメッキ加工におけるメッキ槽の温度調節、レーザー加工などの精密工作機の機械冷却などに供給される冷水温度の精度の高さが、加工精度と生産効率に大きく影響します。

用途事例

水溶性切削油冷却

温度管理のポイント

切削、旋盤、研磨工程などでの摩擦熱を抑える潤滑油や切削油、冷却油の循環使用における冷却に活用します。

導入のポイント

  • 仕上がり精度が安定化。
  • 切削油の消費量を低減化。
  • 切削油の蒸散(オイルミスト)を抑制。

採用事例

加工精度に関わる温度制御の精度の高さと優れた耐久性を評価。

山水エレクトロニクス株式会社 様(大阪市平野区)

概要

電子基板のミクロン単位のメッキ加工は安定した溶液温度管理が重要。

ご採用理由

  • 従来機での信頼感。
  • ±0.5℃の高精度温度制御。
  • 水冷による年間を通した安定性。
  • ダイキンのサービス体制。

冷水と温水を1台のチラーで同時供給。
ヒートポンプ+熱回収の効率性で省エネ効果もアップ 。

高硬度鋼製品製造メーカー様(切削刃など)(島根県松江市)

特殊コーティングの工程で活用。

概要

特殊コーティングの工程を行う表面処理設備に、年間を通して冷水(10~15℃)、温水(40~45℃)を同時供給。

ご採用理由

  • 1台のチラーで冷温水が同時に取れる(省設備化)。
  • 熱回収運転で省エネ効果アップ。
  • 現地に合わせた仕様変更への対応力。
  • ダイキンのサービス体制。

皮膜処理工程での薬液の温度上昇を抑え、加工精度の安定化と作業の安全性を確保。

アルミ部材製造メーカー様(富山県)

アルミの曲げ加工の皮膜処理液タンクの冷却に活用。

概要

アルミの曲げ加工に必要な皮膜処理を行う皮膜処理用反応釡の薬液を熱交換器を介して冷却(出口温度7℃) 。

ご採用理由

  • 年間を通して一定の水温を±0.5℃の高精度で得られる。
  • 外気温度-15℃まで安定した運転が可能。
  • ダイキンのサービスコール24時間受付体制。
  • ダイキンのサービスネットワーク体制。
ページの先頭へ