ページの本文へ

セントラル空調・産業用チリングユニット

納入事例

ご覧になりたい事例をお選びください

食品関連

食品加工生産ライン、水産・食肉一次処理工場の各工程に。
品質・生産効率向上に貢献。

食品関連業界のトレンド

衛生管理、鮮度維持が重視される食品業界において、温度管理は重要なポイント。材料や製品を保管する冷凍・冷蔵設備はもちろん、製造過程における冷・温水の温度制御の精度の高さは製品品質に直結します。 また、加熱殺菌や殺菌後の急速冷却やフリーズドライなど、衛生管理にもプロセス冷却・加熱は欠かせない要素となっています。

用途事例

真空冷却(フリーズドライ)システム

温度管理のポイント

調理食品を衛生的に素早く冷却するフリーズドライ(真空冷却)方式。低圧での低温沸騰を利用したもので、装置内の空気を抜くことで、食品を低温沸騰させ、水分(水蒸気)と潜熱を取り除き冷却する方法です。
この方式において、放出された水蒸気を冷却結露させ除去(除湿と同じ原理)するために冷却熱源が必要です。

導入のポイント

  • 年間を通して安定した冷却。
  • 設定温度の変更で多品種生産に対応。

日本酒冷却システム

温度管理のポイント

寒冷期(11月~3月)が主流だった清酒の醸造を、酒蔵の室温管理とともに、醸造タンクや仕込水の冷却管理によって通年化。四季醸造蔵として品質の安定向上、生産量のアップ、労働の安定化を図っています。
発酵温度を夏場も15℃に保つためには5~10℃の冷水が必要です。

導入のポイント

  • 年間を通して安定した冷却。
  • 1システムで多くの工程の冷却ニーズに対応。

チョコレートテンパリング装置の保温

温度管理のポイント

クッキーにコーティングするチョコレートを溶かすテンパリングマシーンの保温調整(30℃)と、チョコレートを固める冷却に冷水が必要です。
30℃より低いと固まりやすく加工できず、高過ぎると艶がでないので高精度な保温が重要となります。

導入のポイント

  • 年間を通して安定品質。
  • 急速冷却による生産性向上。

採用事例

中華まんの生地をこねる際の発熱を抑制。
高精度水温制御で、品質の安定化と低コスト化を実現。

中華まん製造:生地こね機の容器冷却
埼玉県久喜市 株式会社 中村屋 埼玉工場 様(埼玉県久喜市)

中華まんの生地の品質維持に活用。

ポンプ内蔵の屋外設置型でメンテナンス解消。

概要

中華まんの生地をこねる際に発生する熱を生地こね機の容器を冷却することで抑え、生地の品質維持を図る。

ご採用理由

  • 年間を通して一定の水温を±0.5℃の高精度で得られる。
  • ポンプ内蔵の屋外設置型なので、工場内に舞う小麦粉の粉によるポンプなどのメンテナンスが解消される。

効果

  • 水道水での冷却からチラーによる冷却に変更することで、温度が安定し品質アップ。
  • かけ流しから循環水に変わることで、上下水道代も節約。
  • 上水道コスト年間約90%節約(当社試算)。

清酒造りに欠かせない温度管理。
省エネとともに、バックアップの安心感で採用。

清酒製造:醸造タンクや宮水の冷却
株式会社 神戸酒心館 様(兵庫県神戸市)

安定した温度管理で清酒の品質向上に活用。

バックアップ機能で安心して操業が可能。

ご採用機種

ヘキサゴンモジュールチラー
(ブライン仕様)/40馬力×2台
Ve-upモジュールチラー/30馬力×2台

・ヘキサゴンモジュールチラーおよびVe-upモジュールチラーの生産は終了しております。

概要

ヘキサゴンモジュールチラーで4℃の冷水を供給。仕込タンクの冷却および発酵熱の抑制。洗米水および仕込水(宮水)の冷却。酒母、蒸し米の冷却に使用。
Ve-upモジュールチラーで10℃の冷水を供給。アルコール、醸造酒、貯酒の冷却、および低温資材倉庫の冷却に使用。

ご採用理由

  • 年間を通して一定の水温を±0.5℃の高精度で得られる。
  • 万一の故障時に対するバックアップ機能。
  • ダイキンのサービス体制。

効果

  • 安定した温度管理で品質が向上。
  • 通年生産が可能になった。

安心のアフターサービスとこれまでの信頼感により採用。

和菓子製造:あんの冷却と加熱殺菌後の容器の冷却
食品メーカー 様(鳥取県米子市)

あんの冷却工程にて活用。

安心のアフターサービスが採用の決め手。

概要

完成したあんの冷却と加熱殺菌したカップ容器の冷却に使用。

ご採用理由

  • 系列工場での実績を評価。
  • 近くにサービスステーションがある。
  • 24時間体制のサービスコール受付。

効果

  • 安定した温度管理で品質も安定。
ページの先頭へ