ページの本文へ

ビル用マルチエアコン

年間運転効率に優れた省エネ空調にスピーディ更新。VRV QX

システム一覧

22.4kWシステム 28.0kWシステム 33.5kWシステム 40.0kWシステム 22.4kWシステム
28.0kWシステム
33.5kWシステム
40.0kWシステム
45.0kWシステム 50.0kWシステム 56.0kWシステム 61.5kWシステム 67.0kWシステム 73.0kWシステム 45.0kWシステム
50.0kWシステム
56.0kWシステム
61.5kWシステム
67.0kWシステム
73.0kWシステム
77.5kWシステム 85.0kWシステム 90.0kWシステム 95.0kWシステム 100kWシステム 77.5kWシステム
85.0kWシステム
90.0kWシステム
95.0kWシステム
100kWシステム

ビル内の業務や利用者の影響を抑えたスムーズな空調更新が可能

VRV QXによる更新工事 説明図

※1.
圧縮機の故障履歴がある場合は、配管洗浄が必要です。
※2.
7.1kWの室内ユニットを100%接続で、主管50m、ジョイント分岐後10m、最終分岐後20m、配管サイズは’94当社モデルのビル用マルチシステムを想定しています。追加冷媒充填が必要でない配管相当長は、実際の現地の配管長や室内ユニット台数によって変わります。特に液側配管サイズが太い場合には、追加冷媒充填が必要でない配管相当長が短くなることがあります。冷媒追加充填量の算出には、設備・設計資料をご覧ください。

15年前のインバーター機からの更新でも、消費電力を約60%削減

先進の空調システムへの更新で、大幅に消費電力を削減できます。

VRV QXの能力別APF値※1

VRV QXの能力別APF値グラフ

消費電力量比較※2

消費電力量比較グラフ

※1.
APF(2015)の値で、算出条件はJIS B8616に基づきます。
※2.
算出条件:東京・事務所 運転時間(期間:冷房:4月19日~11月11日 暖房:12月3日~3月15日 時間:8:00~20:00 稼動日数:6日/週) 新型機:RQUP280DA(更新用VRV QXシリーズ)と従来機:RQUP280C(更新用個別運転マルチVe-upQ 高効率シリーズ)、および当社15年前の同等機種との比較 すべて天井埋込カセット形4方向室内ユニット P140形×2台接続時

革新的省エネを達成したダイキンの省エネ技術

従来機より消費電力量 最大約20%削減※1

※1.
算出条件:東京・事務所 運転時間(期間:冷房:4月19日~11月11日 暖房:12月3日~3月15日 時間:8:00~20:00 稼動日数:6日/週) 新型機:RQUP280DA(更新用VRV QXシリーズ)と従来機:RQUP280C(更新用個別運転マルチVe-upQ 高効率シリーズ)との比較 すべて天井埋込カセット形4方向室内ユニット P140形×2台接続時

新型スクロール圧縮機搭載

低負荷時+定格能力時の効率アップで年間を通じて運転効率を向上

圧縮機効率イメージ

圧縮機効率イメージ


全自動省エネ冷媒制御

システム全体の必要負荷をリアルタイムに把握し、機器の発停ロスを抑制

協調制御


待機電力削減

圧縮機ヒーターの制御を最適化し、止まっている時も省エネ


冷媒循環量のバランスを最適化

冷媒回路の見直しにより、連絡配管の冷媒量を削減し、圧力損失を抑制。同時に「インジェクション回路」を最大限活かす循環量とし、さらなる高効率化を実現

過冷却熱交換器の効率向上

説明図

タフネス冷房

冷房運転時の室外ユニットへの負担が高まってきています。

1近年、夏場の外気温度は上昇傾向にあります。 2集合設置や狭小地など、熱のこもりやすいスペースでは、吸込温度がさらに上昇。1近年、夏場の外気温度は上昇傾向にあります。 2集合設置や狭小地など、熱のこもりやすいスペースでは、吸込温度がさらに上昇。

↓

VRV QXなら、過酷な設置条件でも冷房運転が可能です!

※3.
性能特性は技術資料をご覧ください。

●配管実長120m以内、総配管実長300m以内、室内ユニット高低差30mの
自由度の高いシステム
●暖房は-20℃、冷房は-5℃の低外気温度でも運転可能

確かな性能と信頼性を誇る、ダイキンのビル用マルチ

節電にも配慮した新「i-デマンド機能」

電力消費量の制限は13段階できめ細かく可能。お客様の使用状況に合わせたピーク消費電力カットが可能です。

※室外ユニット側の基板での設定となります。

70%デマンド設定の場合


業界トップクラスの「高静圧設計」で、高層ビルの各階設置にも対応

各階設置も容易で高層ビルにも対応


運転音を抑える夜間低騒音機能を搭載

夜間低騒音機能

強制的に低能力運転で低騒音化を図る低騒音優先設定と、
外気温度負荷に応じて自動的に最低能力を確保する能力優先設定が選択できます。

低騒音優先設定

外部からのマニュアル操作※1で、強制的に低能力運転を実施。

(10HPシステム、レベル2の場合)

3ステップ制御可能※3

能力優先設定

能力が必要な場合は低騒音運転を自動解除。

(10HPシステムの場合)

※1.
外部マニュアル操作の場合、別売の室外機外部制御アダプターが必要です。
※2.
音圧レベルとなります。
※3.
機器保護のため、保護制御運転を優先する場合があります。各ステップの運転音は音圧レベルでの値となります。

機器寿命の延命を図る「ローテーション機能」

機器を交互に休ませて、機器寿命を延長させます。(室外ユニット2台以上のシステム)

運転の負荷が分散され、システム全体が長寿命化!


万が一のトラブル発生時は緊急対応で空調の完全停止を回避

室外ユニット2台以上のシステムは1台の室外ユニットが故障しても、もう1台の室外ユニットが修理までの間、応急運転を行うバックアップ運転で、空調の完全停止を回避します。

室外ユニットが1台故障しても…

応急運転可能

室外ユニットはシステム組合せが決まっています。詳細はお問い合わせください。

ビル用マルチエアコンの特長

製品ラインアップ

あらゆる建物用途に

更新用途に(既設配管流用可能)

寒冷地に

●パワフル暖房と省エネ運転を両立

ハイグレードな心地よさをプラス

●エアコン+ふく射空調を1系統で展開

2017年9月発行のビル用マルチエアコン総合カタログに準拠して掲載

ページの先頭へ