ページの本文へ

業務用換気機器

特長紹介

基本性能をさらに高め、バリエーションも豊富になりました

常時(24 時間)換気推奨タイプや、パネルを選べるタイプもラインアップしました。

お手入れカンタン︓羽根まで容易に外せて、お掃除ラクラク

パネル、オリフィス、羽根は、カンタンに本体から取外せます

外せて、洗えて、取付けもラクラク

ワンタッチオリフィス
ワンタッチオリフィス

パネルを外し、サイレントオリフィスのつまみをつまんで引き下げると外れます。

ワンタッチ羽根
ワンタッチ羽根

羽根の軸固定部のフタ部を開き、つまみを引き下げるとワンタッチで外せます。

ブラシ洗浄

羽根は台所用中性洗剤に浸け置きし、柔らかいブラシで洗います。

取り外し可

ケーシングなど本体内部まで掃除することができます。
(機種によっては外れる構造が異なります。)


静音性アップ︓耳ざわりな音域をカットした低騒音設計

実使用時に耳ざわりな音対策として G・C シロッコファン※1とサイレントオリフィスを採用。
実使用時で最大 3~4dB 低減しました。

3dB 低減とは音のエネルギーが 1/2※2 になったということです。

実使用時の周波数特性

実使用時の周波数特性

※1
G・C シロッコファン(Gradual Cascade Sirocco Fan)
翼間の空気の流れが滑らかになるように最適化したファン。
※2
デシベル(dB)と音エネルギー
騒音値を合成する場合、デシベル(dB)を音エネルギーに換算して計算をします。そうすると、同じ騒音値の換気扇を 2 台運転する場合の騒音値は、1 台分の騒音値+3dB となるのです。従って、3dB 低減ということは 2 台運転していた換気扇を 1台にした場合と同等の静かさとなり、音エネルギーが 1/2 になったということになるわけです。

滑らかな翼間流れをつくる新設計の G・C シロッコファン

従来のシロッコファン

従来のシロッコファン

G・C シロッコファン

G・C シロッコファン

音を打ち消し合い、吸収するサイレントオリフィス

サイレントオリフィスは、スリット状の開口と内部空洞を設けることにより、音を打ち消し合って騒音を低減します。

音の流れ

音の流れ

施工性アップ︓一連の取付け作業による現地施工の手間に配慮した設計

本体取付け

アンカーボルトの取付けが容易な吊金具

U 字型溝付吊金具(別売品)により、アンカーボルトの取付が容易になっています。メンテナンスを行う際、下から取り外すこともできます。
※一部機種を除く

吊金具
折り曲げ加工

フレームフランジを折曲げ加工したことにより、取扱いやすくなっています。

固定位置の決定に便利な刻印付

フレームセンターに位置決めを容易にする印と、フレームに軽量鉄骨取付位置を刻印。固定位置決めが容易になっています。

固定位置の決定に便利な刻印付
+印を目安にねじ止めします。

木枠や軽量鉄骨に直接フレーム内側よりねじ(ビス)で固定する際は、フレーム内側の刻印を目印に取り付けます。

電気配線工事

外部速結端子とスライドファンユニットで配線工事が簡単です

AC コードターミナルは、そのまま本体上部で直接結線できる「電源速結端子」方式。工事・メンテとも、容易になっています。
(但し、コードはこれまでより40cm 程余裕をとってください。)

電源速結端子

ねじ 4 本をはずすだけで、本体とファンユニットが分離する「スライドファンユニット」を採用。外部速結端子と相まって配線工事やメンテナンスが簡単に行えます。

スライドファンユニット

ダクト接続時

省施工ジャストフィットアダプターがさらに進化※本体鋼板製

ダクトテープ貼り代が 5mm 広がり、またネジ止め位置表示を大きく視認性をよくすることでダクト接続の作業性が向上しました。

従来機種→新機種

ネジ止め位置表示

取付作業がラクにできる本体取付用ツメ

アダプターに本体取付用ツメを用意、取付作業が容易に行えます。また、カセットアダプターと本体とが正しく取付られているかを確認可能。仮固定ができ本体固定も容易になります。
(ツメの箇所はタイプにより異なります。)

ツメ・ツメ用穴

本体を上(天井面)に押し上げて固定する時、アダプター側の側面ガイドに本体側のツメが入りスムーズに誘導され、確実に取付作業ができます。

側面ガイド

2016年3月発行のカタログに準拠して掲載

ページの先頭へ