ページの本文へ

業務用換気機器
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. 業務用換気機器

業務用換気機器

換気からはじまるダイキンの節電ソリューション

ダイキンの換気機器は、効率を追及し続けることで生まれた高い省エネ性能に加えて、空調機器との連動で生まれる独自の省エネ機能も充実。ダイキンだからご提案できる様々な節電対策で、貴社の課題にフレキシブルにお応えします。

ビルに

エアコンとの連動で、さらに高効率な運用を。

ベンティエール
ベンティエール外気処理タイプ
ベンティエール加湿付

店舗に

あらゆる商空間をもっと快適に、もっと経済的に。

ベンティエール天井埋込カセット形
小型ベンティエール
湿度が高い場所には | ベンティエール
耐湿タイプ | ● プール ● 大浴場 ● 空調栽培ハウス など

工場に

大風量ニーズに応える換気・送風機器を用意。

ベンティエール
設備用ベンティエール床置形大風量タイプ
騒音対策が必要な地域に適した
「民家防音対策工事用換気扇」もご用意しています。

全熱交換器は、これからの省エネ空調のスタンダードです。

2017年4月より建築物省エネ法が義務化されました。

2017年4月1日から新築の特定建築物(2,000m2以上の非住宅建築物)の建築主には、エネルギー消費性能基準(省エネ基準、図2参照)への適合が義務となり、建築物を建てる際には省エネ基準への適合性判定が必要になりました(図1参照)。

※対象範囲は中規模・小規模建物へ順次拡大される予定
出典:今後の住宅・建築物の省エネルギー対策の有り方について(第一次答申)(社会資本整備審議会)

図1:新築建築物に関わる省エネ関係法規の変化

出典:建築物省エネ法の概要(国土交通省住宅局住宅生産課)

新築建築物に関わる省エネ関係法規の変化

図2:省エネ基準と一次エネルギー消費量の内訳

省エネ基準と一次エネルギー消費量の内訳 省エネ基準と一次エネルギー消費量の内訳

2017年9月発行のカタログに準拠して掲載

ページの先頭へ