ページの本文へ

設備用・工場用エアコン
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. 設備用・工場用エアコン
  4. リモートコンデンサー型 標準タイプ

リモートコンデンサー型標準タイプ

リモートコンデンサー型標準タイプ 省工事・省エネルギーでコスト削減と環境対策に対応。
リモートコンデンサー型標準タイプ 省工事・省エネルギーでコスト削減と環境対策に対応。

空冷/ 冷暖房兼用 【床置形】

リモートコンデンサー型の更新におすすめ!

既設機がリモートコンデンサー型(室内機側圧縮機搭載タイプ)の場合、更新機も同じリモートコンデンサー型にすれば、設置工事が容易です。

リモートコンデンサー型とは、圧縮機を室内機側に搭載したエアコンです。

こんなところにおススメ

  • リモートコンデンサー型エアコンをお使いのところに。
  • 室外機を屋根上に設置されるところに。
    (圧縮機が室内機側に搭載しているため、室外機が軽量です)
  • 設備機器からの発熱が大きい工場現場に。
    (換気を兼ねた外気導入空調方式に改装で対応します)

高い省エネ性で電力消費の削減に貢献

APF値がグリーン購入法調達基準値をクリアし、調達基準適合エネルギーコスト削減に貢献。

グリーン購入法調達基準値クリア : P224・P280 形(JRA4048:2006 に基づく値による。)

快適さを維持して消費電力を抑える「i- デマンド機能」

単に圧縮機の周波数を抑える従来方式と異なり、消費電力を抑える方式で最大限の能力が確保でき、設定も自在に変更できます。

注)
・室内機側の基板での設定となります。
・設定は80 ー30%の6 段階になります。
・デマンドには外部制御アダプターが系統毎に1 つ必要です。

リモートコンデンサー型からの更新なら
既設配管や配線の再利用で更新コストを削減

既設配管の再利用

16・20HP の場合(配管2 系統→1 系統)

電源設備工事の工数軽減

20HP の場合

配管洗浄レスでの流用可能
既設機の圧縮機
交換履歴なし
ポンプダウン可能 : 配管洗浄レスでの流用可能
ポンプダウン不可 : 冷媒回収後、配管洗浄レスでの流用可能
既設機の圧縮機
交換履歴あり
配管洗浄後、流用可能

制約の少ない設置自由度と優れた施工性を発揮

  • 冷媒配管の長尺化で更新用途に対応可能
  • 室外機の機外静圧アップで設置の自由度が向上

メンテナンスの省力化にも対応

  • リモートコンデンサー型は室内機側に圧縮機を搭載しているため、屋内でのメンテナンスが可能。
  • 1 年間1メンテナンス不要のロングライフフィルターを室内機に標準装備。
1 年間(約2,500時間)≒8時間×26日/月×12カ月/年 室内塵あい濃度:0.15mg/m3

周辺環境に気配りする夜間低騒音機能(室外機)

強制的に低能力運転で低騒音化を図る低騒音優先設定と、外気温度負荷に応じて自動的に最低能力を確保する能力優先設定が選択できます。

外気処理方式にも対応

大量の換気を必要とするところには、外気処理モードの設定が可能

(改装対応です。納品までに若干の日数を要します。納期についてはお問い合わせください。)

集中管理システムへの接続展開が可能

  • 高速伝送方式で多彩な集中管理システムが構築できるD-BACSシステムに接続可能。
  • スカイエアやビル用マルチとの併設時、制御システムの一元化が可能。
  • 保守点検が容易なフィルター洗浄時期表示や自己診断機能を搭載の液晶リモコンを標準装備。
ダイキン独自の技術(ダイキンONLY1)

実運転時に多い低負荷効率を向上

耐久性抜群のエアコン

オイルミストが立ち込める工場で約3 ~ 6 倍の耐久性を発揮

洗いやすい機器仕様

熱交換器、ドレンパンの日常メンテナンスがユーザー様で可能

デマンドで契約電力を抑制

快適さを保ちながら消費電力をセーブするi- デマンド機能で対応

特殊仕様への改装

室内機防食仕様や異電圧、指定色塗装など様々な改装に対応

リモートコンデンサー型とは

圧縮機を室内機側に搭載。同じタイプの更新時は工事がスムーズ

この設備用・工場用エアコンサイトは2016年9月現在の情報に準拠して掲載しています。

設備用・工場用エアコン ラインアップ

冷房専用

水冷式の代替冷媒化に

冷暖

油煙発生が多い現場に

冷暖

粉塵発生が多い現場に

冷暖

清浄度クラス1万~10万のクリーン空調に

冷房専用

電算機室(サーバールームー)に

ページの先頭へ