ページの本文へ

ガスヒートポンプエアコン

ハイブリッド革命詳しくはこちら

こんなお客様におすすめです

快適性を落とせない 室温を維持したい
能力不足で悩んでいる 受電容量を下げたい

エネルギーの多様化(ガス+電気)で、リスク分散が可能

ガス駆動式エアコン(GHP)と全電気式のエアコン(EHP)を組合せることで、系統を分けた展開が可能です。

空調システム配置例

ハイブリッド個別空調システムの展開例 同一空間にGHPとEHPを混在させるシステムです。

負荷分離型

  • 特性の異なる室内負荷と外気負荷でシステムを分離。
  • GHPの高い暖房特性を活かして、外気処理による室温変化を抑制。
  • システムが簡単な構成になる。

負荷分離型

交互配置型

  • GHPとEHPを交互に、均等配置したシステム。
  • エネルギーの多様化による危険分散が可能。
  • 万一の故障時も空調の完全停止を回避、1系統によるバックアップ空調が可能。
交互配置型

EHPにGHPを組合せることで、
快適性を損なうことなく空調の大幅節電が図れます

全電気式エアコン(EHP)だけのシステムだと

空調エネルギーのすべてが電気で作られるため、消費電力を抑えるには運転を控えた『我慢の節電』が必要になります。

ガス駆動式エアコン(GHP)を組合せることで

空調エネルギーの一部がガスに変わることで、快適性を損なわずに『快適な節電』が行なえます。

能力を維持した快適な節電 ビル用マルチエアコンのサイトもご覧ください

ガスヒートポンプエアコン 製品情報

製品ラインアップ

商標「エグゼアⅡ」、エグゼアⅡロゴマーク、「エグゼア」、エグゼアロゴマーク、「GHPハイパワープラス」、GHPハイパワープラスロゴマークは、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、東邦ガス株式会社の登録商標です。

2017年4月発行のカタログに準拠して掲載

ページの先頭へ