ダイキン工業株式会社

水配管レス調湿外気処理機DESICA デシカ > 採用事例 > テナントビルのリニューアル

テナントビルのリニューアル事例。街ぐるみの環境改善活動の一環として先進システムに着目。次世代ビル空調システムづくりにDESICAは欠かせない設備と考えています。 ビル外観

エコッツェリア 様(東京都・千代田区)

エコッツェリア(新丸の内ビル10階オフィス)
施設面積:422.95m2(輻射空調面積:80m2
採用機種 : DESICA×1台

様々な最新設備を検証し、
いかにオフィスのCO2を削減するかに取り組んでいます。

(社)大丸有環境共生型まちづくり推進協会事務局次長
R&D部門担当
三菱地所(株)都市計画事業室
環境ユニットマネージャー 近江 哲也 様

  • ナントビルを管理運営する立場とともに、この新丸の内ビルを含む大手町・丸の内・有楽町地区のまちづくりにおいて、環境改善活動など、様々な活動を行っています。
  • もちろんその活動では、テナントビルの居住性と環境性の向上も重要なテーマとなっています。
  • その一環として私たちのオフィスは、様々な最新設備を導入し、どれだけ快適で省エネルギーな環境がつくれるかを検証する実験ラボの役割を持っています。
  • 具体的に空調では、風のない輻射空調で冷暖房を行い、湿度コントロールと換気にDESICAを採用しています。
  • 照度センサーと人工知能を連動させ、パーソナルな照度、色温度を全体で最適化するLED照明の知的照明システムと合せ、先進的なオフィス環境システムを構築しています。
  • このように、私たちは常に最新の設備を導入し、最適なオフィス環境づくりを模索しながら、そのノウハウを新たなビジネス創発へと反映させています。
  • もちろん、まちづくりの一員として、地域の環境保全活動も積極的に実施。多様なイベントやセミナー、見学会などの開催を通じて、様々なコミュニティを形成し、情報を発信しています。
「エコッツエリア」設立の目的 環境戦略拠点エコッツェリアにDESICAを設置。

ページ上部へ戻る