大型施設・工場用 セントラル空調・産業用プロセス冷却機器

産業・工場向け製品業界別用途で選ぶ

評価試験装置の温度管理などに。安定した温度に冷却することで試験精度の維持に貢献。

機械・製造業界のトレンド

製造物の冷却や温度管理はもちろんですが、各種加工機器の機器発熱の冷却も生産現場の重要な要素。 機械が可動することで発生する摩擦熱や制御装置からの発熱は加工機器のオーバーヒートをまねき、加工精度や生産効率に大きく影響します。 常に安定した冷却を行うことで加工精度と生産スピードを維持・向上。製品品質と生産効率、さらにエネルギー効率の向上にもつながります。

用途

電子部品評価試験装置冷却

温度管理のポイント

試験精度を維持するために装置を冷却する25℃の安定した冷却水が必要となります。通常のクーリングタワーや冷専チリングユニットでは対応が難しい温度帯です。

導入のポイント

  • ・年間を通して試験精度が安定化
  • ・システムの簡略化で省スペース
  • ・省エネ、省メンテナンスで維持費を軽減

ページ上部へ戻る

カタログ
ダウンロード
CAD・シンボル ダウンロード
ページ上部へ戻る

製品に関するお問い合わせ

※アプライド機器・計装システムはご採用の際には事前打合せが必要となりますので、計画段階で担当窓口まで
 問合せください

セントラル空調・産業用プロセス冷却機器サイト

計装システム 
「D-BIPS」シリーズ

空調や照明、換気など、ビルの諸設備をカンタン操作で統合管理する「D-BIPS」シリーズ。BEMSエンジンで省エネ管理を強力サポート。

ダイキンソリューションプラザ
「フーハ」

東京・大阪のフーハでは、法人のお客様に向けた空調・冷凍製品の各種展示やセミナーも行っております。

設計・施工に関する
お問い合わせ
window

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

ダイキン工業トップ製品情報会社情報お問い合わせ(総合)サイトマップ