大型施設・工場用 セントラル空調・産業用プロセス冷却機器

大型施設向け製品 ダイキンだからできることモジュール制御で省エネ空調

熱源機の小型化・モジュールによる複数台化と、それらの連携を制御する独自のモジュール制御で、省エネ・信頼性を向上。

運転効率優先制御とは

最も運転効率の高い部分負荷運転台数をより多くすることで、システム全体での高効率化を行います。

大型熱源機2台システムの場合

冷却能力が50%必要な場合、1台が100%運転を行い、それ以上の負荷になると2台目が運転を開始します。

大型熱源機2台システムの場合

モジュールチラー4台システムの場合

冷却能力が50%必要な場合、運転効率の高くなる部分負荷運転の複数台組み合わせで、システム全体の効率化を図ります。

モジュールチラー4台システムの場合

導入のメリット

メリット1 安心・安全

故障による熱源の完全停止を回避

万一、一部の熱源機が故障しても、熱源機を複数台に分けることで、二次側への冷温水供給が停止することを回避できます。
こうした複数台バックアップを制御することもモジュール制御の機能のひとつです。

※運転状況によっては能力セーブ運転となる場合があります。

熱源機が1台の場合

熱源機が1台だと、熱源機が故障停止した時点で二次側への冷温水供給が停止してしまいます。

熱源機が1台の場合

ダイキンモジュールチラーが複数連結の場合

熱源機が1台故障しても、残りの熱源機で冷温水の供給を続行できるので、空調やプロセス冷却の完全停止が回避できます。

ダイキンモジュールチラーが複数連結の場合

メリット2 長寿命

熱源機の長寿命化

複数台の熱源機の中で運転時間の平準化を図れば、1台ずつの運転負荷が軽減でき、システム全体の長寿命化が図れます。
こうした熱源機のローテーション運転を自動的に行えるのもモジュール制御の機能のひとつです。

通常のチラーで複数台制御の場合

常に主機の熱源機が先に運転し、低不可時は主機のみの運転となるため、従機に比べ主機の機器寿命が極端に短くなり、システム全体の寿命も短くなります。

通常のチラーで複数台制御の場合

モジュールチラーの場合

運転時間と発停回数の少ない熱源機から順に始動させることで、各熱源機の運転負荷が平準化でき、システム全体の長寿命化を図れます。

モジュールチラーの場合

メリット3 省エネ

負荷に合わせた省エネ運転

数台の小型容量熱源機を負荷に応じて順次運転/停止させることで、無駄を抑えた効率運転が行えます。
こうした必要能力に応じて熱源機の台数制御が行えるのもモジュール制御の機能のひとつです。

大容量機1台の場合

一部の二次側空調機が稼働するだけで、大型熱源も運転するため、熱源機に大きなエネルギーロスが生まれます。

大容量機1台の場合

モジュールチラー × 4台システムの場合

二次側空調機の必要能力に応じて、熱源機の運転台数+熱源機の容量制御でキメ細かく容量制御でき、運転のムダを大幅に抑えることができます。

モジュールチラー×4台システムの場合
カタログ
ダウンロード
CAD・シンボル ダウンロード
ページ上部へ戻る

製品に関するお問い合わせ

※アプライド機器・計装システムはご採用の際には事前打合せが必要となりますので、計画段階で担当窓口まで
 問合せください

セントラル空調・産業用プロセス冷却機器サイト

計装システム 
「D-BIPS」シリーズ

空調や照明、換気など、ビルの諸設備をカンタン操作で統合管理する「D-BIPS」シリーズ。BEMSエンジンで省エネ管理を強力サポート。

ダイキンソリューションプラザ
「フーハ」

東京・大阪のフーハでは、法人のお客様に向けた空調・冷凍製品の各種展示やセミナーも行っております。

設計・施工に関する
お問い合わせ
window

株式会社ダイキンアプライドシステムズ

ダイキン工業トップ製品情報会社情報お問い合わせ(総合)サイトマップ