空気清浄機

洗練されたシンプルデザインが、上質な空間をつくります。

ツインストリーマ NEW 汚れ、ニオイに2倍の分解力。

有害ガスの分解スピードが2倍※1

試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。

従来機に比べ、2倍のストリーマユニットを搭載し、排ガスなどの有害ガスの分解スピードが2倍に。

脱臭性能が2倍※2

29.4m3(約6畳)の試験空間での30分後の効果です。試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。

脱臭フィルターでニオイを吸着して、ツインストリーマですばやく分解。脱臭フィルターの効果と組み合わせて脱臭量が2倍に。

※1
1m3ボックスに空気清浄機および排ガス由来のVOCとしてアセトアルデヒドを投入し、空気清浄機を運転(ストリーマ最大出力運転時)。アセトアルデヒド濃度変化を測定(フィルター吸着分は差し引いた分解量のみ試算)。(自社評価)アセトアルデヒド濃度の減少傾きが従来の2倍であることを確認。新型機MCK70Uと従来機MCK70Tとの比較。
※2
29.4m3(約6畳)の試験空間でタバコによるアンモニア濃度の変化を測定。臭気強度3相当の濃度からの減衰を比較。(自社評価)試験結果:30分後の室内アンモニア濃度が1/2であることを確認。新型機MCK70Uと従来機MCK70Tとの比較。

ツインストリーマユニット

従来機に比べ、2倍のストリーマユニットを搭載。さらに、フィルターに効率よく照射される構造設計にしています。


TAFU(タフ)フィルター (Tough Ageless Fit Utility) TAFU(タフ)フィルター NEW
10年交換不要※3で集塵能力が持続

撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターを採用。汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいのが特長です。

10年後でも1.4倍のパワフル集塵

汚れが広がりにくく静電力が落ちにくい(イメージ)

※3
日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出。電機工業会基準はタバコを1日5本以上に設定。タバコの有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。使用状況により、寿命が早いことがあります。
※4
フィルターの除去性能です。部屋全体への除去性能とは異なります。

フィルター構造

1高速電子を放出

ツインストリーマユニット NEW 交換不要

*定期的なお手入れが必要です。

2ホコリをキャッチ

プレフィルター 交換不要

*定期的なお手入れが必要です。

3微小な粒子のホコリや花粉を吸着

TAFUフィルター
NEW 10年間交換不要※5

4ニオイをしっかり吸着

脱臭フィルター交換不要

5プラズマイオンを放出

アクティブプラズマイオン発生ユニットお手入れ・交換不要

Aニオイセンサー

Bホコリセンサー

交換不要のものでも、使用環境や使用状況により交換が必要になる場合があります。

※5
日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出。電機工業会基準はタバコを1日5本以上に設定。タバコの有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。使用状況により、寿命が早いことがあります。

空気清浄機本体でPM2.5への対応

0.1μm~2.5μmの粒子を99%除去※6

換気等による屋外からの新たな粒子の侵入は考慮しておりません。

PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。この空気清浄機では0.1μm未満の微小粒子状物質について、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質すべてを除去できるものではありません。32m3(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。試験機:MCK70Uと同等機種(MCK70P)で実施。

※6
試験方法:日本電機工業会規格JEM1467 判定基準:0.1~2.5μmの微小粒子状物質を32m3(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。(32m3(約8畳)の試験空間に換算した値です)

吸引 汚れやニオイをすばやくパワフル吸引

汚れをすばやく見つけて反応

センサーがPM2.5×ホコリ×ニオイをトリプル検知

※7
〈試験条件〉約8畳の部屋で実機から70cmの位置でタバコ1本の粉塵を発生させ、センサー検知スピード(センサーLEDが橙もしくは赤になるまでの時間)を比較。MCK70Uと同等機種MCK70R(約31秒)と当社従来機MCK70P(約50秒)との比較。

加湿 ダイキンの加湿はたっぷり&清潔

大風量でお部屋をうるおす「たっぷり加湿」

使いやすい加湿モード

のど・はだモード

お部屋を高めの湿度に自動でキープ。

選べる3段階加湿

高め・標準・ひかえめの3段階から選べる便利な加湿設定。

吹き出し温度の低下が少ない「ダブルパスミキシング方式」

高め60%
標準50%
ひかえめ40%

目標湿度は目安です。

ストリーマで清潔加湿

ストリーマで清潔加湿

加湿フィルターをストリーマで除菌※9

約25m3(約6畳)の試験空間での5時間後の効果です。試験空間での効果であり、実使用空間での試験結果ではありません。

加湿する水の細菌をストリーマで抑制※10

水トレーは定期的なお手入れが必要です。(約1ヵ月に1回)また実使用空間での試験結果ではありません。

ストリーマを加湿フィルターだけでなく水トレーにも照射し、水に含まれる細菌を抑制。

タンクの水は必ず水道水を使い、毎日新しい水に入れ替えてください。井戸水や浄水器などの水を使用すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

水トレーに銀イオン剤を搭載

※8
JEM 1426(電気加湿器)による室温20℃湿度30%でターボ運転した時の加湿能力。
※9
(加湿フィルターの除菌)加湿フィルターで捕獲したものに効果を発揮します。試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第1504489002-0101号 試験方法:空気清浄機に搭載した加湿フィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25m3(約6畳)の試験空間で運転。5時間後の生菌数を測定。対象部分:加湿フィルター 試験結果:約5時間で99%以上抑制。試験機:MCK70Uと同等機種(MCK70S)で実施(ターボ運転)。
※10
(水トレーの菌抑制)測定方式:除菌効果試験 試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第12048582001-01号 試験方法:日本電機工業会 自主基準(HD-133)の性能評価試験にて実施。試験対象:加湿用水内のカビ・細菌。試験結果:24時間で99%以上抑制。試験機:MCK70Uと同等機種(MCK70N)で実施(ターボ運転)。

連携 スマートフォンとつながる ダイキンルームエアコンと同じアプリで操作が可能です。

お部屋の空気を見える化

PM2.5、ホコリ、ニオイの3種類の汚れを6段階のレベルで見える化。お部屋の空気状況が一目で分かります。

機能一覧

  • お部屋の空気を見える化
  • 積算グラフ表示
  • プッシュ通知

離れた場所から遠隔操作

離れた場所や外出先から専用アプリで遠隔操作が可能。ON/OFFや風量設定はもちろん、ウィークリータイマー設定など、便利な機能も使えます。

機能一覧

  • 運転設定:
    ON/OFF設定/コース設定/風量設定/加湿設定
  • ウィークリータイマー
  • エラーコード表示
  • 英語表示対応
ご利用には、インターネットと無線LAN環境が必要です。
専用アプリのダウンロードならびにサービスのご利用にあたっては、別途通信費がかかります。
災害時や機器障害など通信環境が悪い場合には、ご利用いただけません。
対応のスマートフォンの詳細はホームページをご覧ください。
「Android」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。iPhoneはAppleInc.の商標です。
仕様は改良のため予告なしに変更する場合があります。
サービスのご利用にあたっては、専用アプリのダウンロード(AndroidTMスマートフォンはGooglePlayTM、iPhoneはAppStore)が必要です(アプリは無料です)。

便利 かんたん・便利な機能が充実

運転を自動でコントロール

おまかせ運転

ボタンひとつでお部屋の空気の状態に合わせて運転を自動でコントロール。空気がきれいになると「みはり運転モード」に自動で切り替わるので、ムダなく快適です。

エアコンとの併用でかしこく運転

きれいサーキュレーターコース

(当社比。当社独自の条件による評価。)

温度センサーが室内の温度変化を検知し、空気を効率よく循環させるので、エアコンの設定温度にすばやく到達※11。設定温度が控えめでも快適です。

給水・お手入れがかんたん

給水タンク

風向きを変えられる

かえルーバー

移動に便利な

キャスター(別売)

品番:KKS029A4
希望小売価格:2,600円(税抜き)

安心&安全設計

吹出口には5mm角の格子を配置して、お子さまの指が直接ファンに触れない安全構造になっています。

※11
きれいサーキュレーターありなしで比較。 試験機:エアコン AN40PCP(風量設定3:5段階中) 空気清浄機MCK70Uと同等機種(MCK70P)で実施(きれいサーキュレーター運転) 試験条件:設定温度20℃ 運転開始時の室温7℃ 外気温7℃ エアコンから約5m先が20℃になるまでの時間。試験室大きさ:14畳 試験結果:きれいサーキュレーターあり23分 なし33分。
【空気清浄機の集塵能力・脱臭能力について】
・たばこの有害物質(一酸化炭素など)は、除去できません。・常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭など)はすべて除去できるわけではありません。
ページの先頭へ