ページの本文へ

空気清浄機

HIGH GRADE

広いリビングにも対応する高機能モデル

加湿ストリーマ空気清浄機

NEW MCK70S-W

スペックはこちら

加湿ストリーマ空気清浄機

NEW MCK70S-W

スペックはこちら

3つのステップで、集塵・分解。※1

PM2.5やホコリ・ニオイをすばやく見つけたら、大風量でぐんぐん吸い込んで、
エレクトロクリーンシステムが有害物質を「しっかりつかまえて分解」します。

1.すばやく見つける
2.ぐんぐん吸い込む
3.しっかりつかまえて分解する
※1
( ガス抑制)試験機関:暮らしの科学研究所株式会社 試験方法:ガソリンエンジンから排出させた汚染粉塵において、エンジン運転開始から10分後(粉塵濃度60mg/m3になった時点)に空気清浄機を80分運転させ、粉塵を吸着。この空気清浄機を200Lの密閉空間で24時間運転し、ガスの分解効果を測定。試験結果:ストリーマを照射していない場合と比較して、9時間後にガス成分を63%低減。 試験番号:LSRL-83023-702 試験機:MCK70Sと同等機種(MCK70N)で実施。

6つのチカラでキレイな空気をつくる

1 高速電子を放出。
ストリーマユニット 交換不要

*定期的なお手入れが必要です。

2 ホコリや花粉をプラスに帯電。
プラズマイオン化部 交換不要

*定期的なお手入れが必要です。

つけ置き洗いが可能

3 ホコリをキャッチ。
プレフィルター 交換不要

*定期的なお手入れが必要です。

4 帯電したフィルターが、微小な粒子のホコリや花粉を吸着。
静電HEPAフィルター(静電フィルター) 10年間交換不要※2
5 ニオイを吸着。
脱臭触媒 交換不要
6 プラズマイオンを放出。
アクティブプラズマイオン発生ユニット お手入れ・交換不要
Aニオイセンサー
Bホコリセンサー
※2
日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出。電機工業会基準はタバコを1日5本以上に設定。タバコの有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。使用状況により、寿命が早いことがあります。

1. すばやく見つける

センサーが「PM2.5」 ×「ホコリ」 ×「 ニオイ」を、トリプル検知。

※3
〈試験条件〉約8畳の部屋で実機から70cmの位置でタバコ1本の粉塵を発生させセンサー検知スピード(センサーLEDが橙もしくは赤になるまでの時間)を比較。 MCK70Sと同等機種MCK70R(約31秒)と当社従来機MCK70P(約50秒)との比較。
反応スピード約1.6倍(当社比)

2. ぐんぐん吸い込む

「7.0m3/分の大風量」× 「3方向吸引」で、
パワフル吸引。

花粉モード搭載/3方向からパワフル吸引!!

パワフル吸引のポイント

7.0m3/分の大風量ですばやくキレイ

7.0m3/分の大風量で、8畳の空間を9分※4でキレイに。
左右と下吸込の3方向から、花粉もハウスダストもぐんぐん吸引。

最大風量

空気清浄単独 7.0㎥/分/加湿+空気清浄 7.0m3/分

適用床面積の目安 ~31畳(~51m2※4

集塵スピードの目安

8畳→9分/10畳→11分/12畳→14分/14畳→16分
集塵スピードの目安一覧をみる
※4
日本電機工業会規格JEM1467に基づく試験方法により算出。
ターボ運転したときの目安。

下吸込でハウスダストもパワフル吸引!

布団上げ下ろし後90分静置した時のハウスダスト数(個)

床上ゾーンにはハウスダストがいっぱい

試験機関:2008年7~10月
試験依頼先:聖徳大学人文学部人間栄養学科
試験室:6畳の部屋3室の平均値

3. しっかりつかまえて分解する

HEPAフィルター×電気集塵×ストリーマの「エレクトロクリーンシステム」を採用。
集塵・分解性能がさらに進化しました。

エレクトロクリーンシステム

静電HEPAフィルター

微細なホコリをキャッチする、高性能フィルターを採用

0.3μmの微小な粒子を99.97%除去※5
※5
フィルターの除去性能です。部屋全体への除去性能とは異なります。

電気集塵方式

電気のチカラで汚れをしっかりキャッチ

プラズマイオン化部:カビやダニ(フン・死骸)、花粉などのアレル物質をプラスに帯電/静電HEPAフィルター:フィルターのマイナス帯電部で吸着

10年経ってもパワフル集塵(当社比)

10年後の集塵効率比較

算出条件:タバコを1日5本で算出。使用状況により異なります。
初期値を100とした場合の、3年後、10年後の数値です。

目詰まりしにくい(イメージ)

フィルター繊維に吸着するので
目詰まりしにくく風が通りやすい。

MCK 55R:静電フィルター方式/MCZ 70S:電気集塵方式

ストリーマ

ストリーマが有害物質を酸化分解

集塵フィルターに捕獲した浮遊物質の付着有害ガスをストリーマが酸化分解。※6

とどめのストリーマ

集塵フィルターを除菌

細菌抑制性能
※6
(ガス抑制)試験機関:暮らしの科学研究所株式会社 試験方法:ガソリンエンジンから排出させた汚染粉塵において、エンジン運転開始から10分後(粉塵濃度60mg/m2になった時点)に空気清浄機を80分運転させ、粉塵を吸着。この空気清浄機を200Lの密閉空間で24時間運転し、ガスの分解効果を測定。 試験結果:ストリーマを照射していない場合と比較して、9時間後にガス成分を63%低減。 試験番号:LSRL-83023-702 試験機:MCZ70Sと同等機種 (MCK70N)で実施。

試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第15044988003-0201号 試験方法:空気清浄機に搭載した集塵フィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25m2(約6畳)の試験空間で運転。5時間後の生菌数を験空間で運転。5時間後の生菌数(集塵フィルター)試験結果:5時間後に99%以上抑制。試験機:MCZ70Sで実施(ターボ運転)

空気清浄機本体でPM2.5への対応

PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。この空気清浄機では0.1μm未満の微小粒子状物質について、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質すべてを除去できるものではありません。32m3(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。試験機: MCK70Sと同等機種(MCK70P)で実施。

0.1μm~2.5μmの粒子を99%除去

換気等による屋外からの新たな粒子の侵入は考慮しておりません。

※試験方法:
日本電機工業会規格JEM1467 判定基準:0.1~2.5μmの微小粒子状物質を32m3(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。(32m3(約8畳)の試験空間に換算した値です)

ダイキンはダブル方式。

飛び出す

アクティブプラズマイオン

気になる空気の汚れに、
飛び出すアクティブプラズマイオン

吸い込んで分解する

ストリーマ

有害物質を吸い込んで分解する、
分解力が自慢のストリーマ

脱臭能力が持続※7

ニオイをフィルターに吸着させて、
ストリーマで分解。しかも、吸着能力
が再生するので脱臭能力が持続します。
(当社比。当社独自の条件による評価)

※7
1m3ボックスに空気清浄機および臭気成分としてアセトアルデヒドを投入し空気清浄機を運転。ストリーマにてアセトアルデヒドを分解したときに発生する生成物(CO2)濃度上昇を確認。(自社評価)試験機:MCK70Sと同等機種(MCK70S)で実施。

脱臭のメカニズム

吸着→分解→再生 再生するから脱臭能力が持続
ストリーマ 光触媒&脱臭触媒はお手入れ・交換不要

ダイキンの加湿は、
たっぷり&清潔

大風量でお部屋をうるおして、たっぷり加湿。
ストリーマが、加湿する水まわりを清潔に保って、
キレイな空気とうるおいをお部屋に届けます。

大風量でお部屋をうるおすたっぷり加湿

加湿しても風量が落ちない「たっぷり加湿」で、
部屋全体をうるおいで満たします。

加湿量630ml/時
※8
JEM 1426(電気加湿器)による室温20℃湿度30%でターボ運転した時の加湿能力。

加湿しても風量が落ちない

高め・標準・ひかえめから「選べる3段階加湿」

吹き出し温度の 低下が少ない「ダブルパスミキシング方式」

加湿しても風量が落ちない

空気清浄単独:風量7.0㎥/分/加湿+空気清浄:風量7.0㎥/分

吹き出し温度の低下が少ない
「ダブルパスミキシング」

加湿された空気は温度が下がります。「ダブルパスミキシング」方式なら加湿された空気と加湿されない空気を混ぜて吹き出すので、吹き出し温度の低下を和らげます。

加湿運転を「切」で水タンクに水が入っている場合は、
水タンクの水が減りわずかに加湿します。

選べる湿度設定

3段階で目標湿度が選べます。

加湿量が「高め(約60%)」「標準(約50%)」
「ひかえめ(約40%)」の3段階で調節可能です。

高め 60%
標準 50%
ひかえめ 40%

目標湿度は目安です。

のどやお肌にうれしい、
高めの湿度のど・はだモード

のど・はだモードなら、お部屋を高めの湿度に自動でキープ。
お肌に水分をしっかり補給して、のどの乾燥も防ぎます。

加湿フィルターを除菌※9&加湿する水の雑菌をストリーマで抑制※10

ストリーマを加湿フィルターだけでなく水トレーにも照射し、水に含まれる雑菌を抑制。水まわりの清潔さを保つことで、キレイな空気とうるおいをお部屋に届けます。

水トレーは定期的なお手入れが必要です。(約1ヵ月に1回)また実使用環境での結果ではありません。

タンクの水は水道水を使い、毎日新しい水に入れ替えてください。井戸水や浄水器などの水を使用すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

加湿フィルターを除菌※9

加湿フィルターを直接水につけない水車式

加湿水の細菌をストリーマで抑制※10

水トレーに銀イオン剤を搭載

ストリーマ技術について詳しくみる

※9
(加湿フィルターの除菌)加湿フィルターで捕獲したものに効果を発揮します。試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第1504489002-0101号 試験方法:空気清浄機に搭載した集塵フィルター上流側に菌液を接種した試験片を貼付し、25m2(約6畳)の試験空間で運転。5時間後の生菌数を測定。 対象部分:加湿フィルター 試験結果:約5時間で99%以上抑制 試験機:MCK70Sで実施(ターボ運転)。
※10
(水トレーの菌抑制)測定方式:除菌効果試験 試験機関:(一財)日本食品分析センター 試験番号:第12048582001-01号 試験方法:日本電機工業会自主基(HD-133)の性能評価試験にて実施。試験対象:加湿用水内の1種類の細菌。試験結果:24時間で99%以上抑制。試験機:MCK70Sと同等機種(MCK70N)で実施(ターボ運転)。

ムダを省いて節電する※11

「eco節電」で、定期的に空気の状態をチェックして、
自動的にモードに切り替え。

※11
eco節電モード(7.1Wh)と自動運転モード(12.4Wh)の比較。試験条件:6畳で1時間運転 運転開始直後にタバコを1本喫煙した場合。

ムダを省いて節電する※11 eco節電

空気がキレイになると、主な機能を停止して「みはり運転モード」に。
定期的に空気の状態をチェックして、ヨゴレを感知したら「通常モード」に戻ります。

※11
eco節電モード(7.1Wh)と自動運転モード(12.4Wh)の比較。試験条件:6畳で1時間運転 運転開始直後にタバコを1本喫煙した場合。
※12
湿度が目標設定に到達していない時は、みはり運転モードに切換わりません。
※13
湿度が目標設定以下になった場合も、通常モードに切換わります。
※14
加湿ランプ、プラズマイオンランプは点灯したままです。

「入タイマー」「切タイマー」搭載

起床時や帰宅時に便利な入タイマーと、
退室時や外出時に便利な切タイマーを搭載。

かんたん・便利

機能はもちろん、お掃除やメンテナンスのしやすさにもこだわりました。

エアコンとの併用で快適さをアップするきれい
サーキュレーター(当社比。当社独自の条件による評価。)

温度センサーが室内の温度変化を検知し、空気を効率よく
循環させるので、エアコンの設定温度にすばやく到達※15
設定温度が控えめでも快適です。
また加湿時は、すばやくうるおいをひろげます。

※15
きれいサーキュレーターありなしで比較。 試験機:エアコン AN40PCP(風量設定3:5段階中) 空気清浄機MCK70Sと同等機種(MCK70P)で実施(きれいサーキュレーター運転) 試験条件:設定温度20℃ 運転開始時の室温7℃ 外気温7℃ エアコンから約5m先が20℃になるまでの時間。試験室大きさ:14畳 試験結果:きれいサーキュレーターあり23分 なし33分

給水・お手入れがかんたん
「給水タンク」

風向きを変えられる
「かえルーバー」

フラップは3段階に調節可能

移動に便利な「キャスター」(別売)

品番:KKS029A4
希望小売価格:2,600円(税抜き)

【空気清浄機の集塵能力・脱臭能力について】
・たばこの有害物質(一酸化炭素など)は、除去できません。・常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭など)はすべて除去できるわけではありません。
ページの先頭へ